猫に『みかん』は危険!食べてしまったらどうしたらいい?

猫に『みかん』は危険!食べてしまったらどうしたらいい?

冬場の代表的な果物といえば「みかん」です。ところが、みかんは猫に危険を及ぼす可能性があります。ここではその理由や、食べてしまった際の対処法についてご紹介いたします。

1515view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫にみかんは危険!その理由とは?

猫とみかん

みかんが美味しい季節になりました。冬になると何気なく食べているみかんですが、猫とみかんの相性はどうなのでしょうか?

実は、あまり相性の良い食べ物ではありません。果肉を少々口にする程度であれば大丈夫という意見もありますが、食べないに越したことはありません。

中でも、皮に含まれる成分が猫を危険に晒す可能性があります。その成分と危険性を挙げてみます。

リモネン

柑橘系のアロマ

みかんやその他の柑橘系の果物には、「リモネン」という香り成分が含まれています。肉食動物である猫の肝臓では、リモネンを分解することができません。

リモネンが及ぼす危険性は、以下のような中毒症状です。

  • 嘔吐
  • かぶれ
  • 運動失調
  • 手足の震え

ソラレン

みかんの香りを嗅ぐ猫

ソラレンは、リモネンに比べると耳馴染みがないかもしれません。柑橘系のフルーツの皮に含まれる成分です。

このソラレンは、猫や馬、犬などの動物には悪影響を及ぼす可能性があります。報告例が多いわけではないものの、以下のような不調を来す恐れがあります。

  • 下痢や嘔吐
  • 皮膚炎

猫はみかんを好んで食べる?

みかんを見つめる猫

猫は、あまりみかんを好んで食べることはありません。私たちにとっては爽やかな香りでも、柑橘系特有の酸っぱい香りが「腐臭」に似ていると判断するからです。

とはいえ、飼い主さんが食べるものは安全だと思い込んでしまう猫もいます。知らぬ間にみかんに興味を持つ可能性もゼロではありません。

みかんを食べてしまったら?

リラックスする猫

もしも愛猫がみかんを食べてしまったら、どのような対応をすれば良いのでしょうか?まずは冷静になり、次のようなことを見極めましょう。

果肉か皮か

みかん

食べたのが果肉か、それとも皮なのかによって危険性は異なります。少量の果肉を口にしただけであれば、それほど問題はありません。いつもより注意深く様子を見てあげましょう。

皮の場合も、先ほど紹介したような症状がなければ様子見で大丈夫です。

異変があれば病院へ

診察を受ける猫

みかんを食べた後に不調が現れたら、病院へ連れていきましょう。その際も、食べた部位を獣医さんに説明することが重要です。

水を飲ませるという応急処置がありますが、無理に飲ませることは逆に危険です。病院からの指示がない限りは、応急処置はせずに診察を受けましょう。

みかんを乗せて遊ぶのは大丈夫?

みかんを乗せる猫

いわゆる「のせ猫」のように、前足や頭にみかんを乗せて遊ぶことがあります。これは大丈夫なのかと心配になるかもしれません。

舐めるわけでもなく、食べるわけでもないこの行動自体に危険性はありません。愛猫が嫌がらなければ、乗せて遊ぶ程度ならば楽しんでも大丈夫です。

まとめ

みかんが気になる子猫

猫にみかんは、あまり相性が良くない食べ物です。みかんのみならず、柑橘系のフルーツ全般に注意が必要です。万が一食べてしまい、異変があれば獣医さんの診察を受けてください。

また、これらの果物の皮を使用した日用品(ハンドクリームやスタイリング剤など)の扱いにも注意してください。

スポンサーリンク