猫にしたほうが良い『寒さ対策』5つ

猫にしたほうが良い『寒さ対策』5つ

猫は全身が被毛で覆われているとはいえ、冬は寒いと感じるものです。今回は、愛猫のためにしてほしい寒さ対策をご紹介いたします。

7169view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

快適に過ごすための寒さ対策

暖を取る猫

猫は人間よりも体が小さく、地面に近い位置で生活しています。底冷えする寒さは体に堪え、エネルギーが奪われてしまいます。

今回は、冬場も愛猫が元気に過ごせるような防寒対策を5つご紹介いたします。

1.じゅうたんを敷く

見つめる猫

フローリングは冷えやすく、足元から全身へと寒さが伝わってしまいます。快適にくつろぐために、じゅうたんを敷いたり、部分的にラグを敷くと良いでしょう。

ただし引っかけて怪我をしないように、爪切りはこまめに行ってください。

2.冬の定番!こたつを活用する

布から顔を出す

冬といえばこたつです。程よく温まったこたつでうたた寝をする幸せは、猫も人も同じです。寒さ対策としては定番のアイテムになりますね。

ただし低温やけどや熱中症、酸欠などのリスクがあります。温度を低く設定して密閉せず、必ず様子を見るように気をつけながら使用してください。

3.トイレを暖かい部屋に置く

トイレを使う猫

寒いとトイレに行くのが億劫になりますよね。これは猫も同じで、冬場はトイレを我慢してしまうことがあります。トイレの我慢は、膀胱炎や尿路結石の原因にもなるので気をつけてください。

冬場は暖かい部屋にトイレを置くと良いでしょう。こだわりが強くトイレの位置を変えられない場合は、暖房器具を活用してトイレ周辺が寒くならないように気遣ってあげましょう。

4.飲み水をぬるま湯にする

水を飲む猫

猫は元々、積極的に水を飲む習慣がありません。冬場はさらに飲まなくなります。水分不足はトイレの我慢と同様に、膀胱炎や尿路結石の原因になり、腎臓病のきっかけにもなります。

飲み水は温度を変化させることで飲みやすくなります。新鮮なぬるま湯を、暖房器具の熱気の直撃を避け、冷えにくい場所に置きましょう。それでもあまり飲まないのであれば、奥の手としてマタタビを微量に混ぜるという方法もあります。

5.ダンボールを置く

ダンボールに入る猫

ダンボールには保温性があり、冬場の寝床として大いに活躍します。愛猫が猫用の寝具を好まない場合、ダンボールでも十分に暖を取ることができます。

猫は必ず寒さに弱いとは限らない

雪を被る猫

猫は寒さに弱いという印象が強いでしょう。だから冬場はとにかく室温を上げなければと考えてしまいます。

ところが、寒さが苦手というのは全ての猫に共通するものではありません。そもそも、猫が快適に過ごせる室温は20~28度で人間の感覚と似ています。

飼い主さんが暑いと感じる室温では、猫にとっても少々高い可能性があります。若い成猫であれば、私たちが快適に過ごせる室温を維持すれば大丈夫です。

まとめ

ストーブを見つめる猫

猫は寒がりというイメージから、寒さ対策も大掛かりなものになる印象があるかもしれません。実際には、日常の些細な面で気を配ってあげればいいのです。

短毛種の中には寒さに弱い猫もいます。愛猫が寒さに弱い場合は、こまめに暖房をつけて調節するようにしてください。

スポンサーリンク