猫の「アログルーミング」って何?

猫の「アログルーミング」って何?

グルーミングという言葉は聞いたことがあっても、アログルーミングはあまり馴染みがないかもしれません。一体どんなものなのでしょうか?今回は、グルーミングとアログルーミングについてご紹介いたします。

691view

グルーミングとは?どんな役割があるの?

毛繕いをする猫

動物病院を受診すると「グルーミングはしていますか?」と聞かれることがあるでしょう。何となく察しがつくと思いますが、グルーミングとは毛繕いのことです。

猫にとってグルーミングは大切な日課のひとつです。獣医さんがこの質問をする理由は、グルーミングの有無や頻度が健康のバロメーターになるからです。ほとんどしない場合は体調不良が疑われ、過剰な場合はストレスが疑われます。

グルーミングの中でも、自分自身の被毛を整える毛繕いを「セルフグルーミング」といいます。猫の一日をざっくり捉えると、寝ているか毛繕いをしているか、食べているかというサイクルになります。その合間にトイレや遊びが加わっています。グルーミングには次のような役割があります。

  • 身なりを整える(自身のにおいを消す)
  • 体温調節(体に汗腺がないので気化熱を利用)
  • 気分転換(良くも悪くもリフレッシュしたい)

アログルーミングはどんな毛繕いのこと?

アログルーミング

アログルーミングという言葉は聞き慣れない方もいらっしゃるでしょう。一体どのようなグルーミングなのでしょうか?

ほとんどの猫が一度は経験している

猫の親子

アログルーミングとは他の猫に毛繕いをしてもらったり、逆に自分が他の猫の毛繕いをしてあげる行為です。

このアログルーミングは、ほとんどの猫が成猫に成長する過程で受けています。そう、生まれて初めて受けるアログルーミングはお母さんです。母猫は子猫の被毛を舐めて身なりを整えるだけでなく、排泄を促します。

少し成長すると、きょうだい同士でもアログルーミングをするようになります。このように、自らも誰かのお世話ができるようになっていくのです。

猫の社会化期(生後2~3ヶ月までの時期)と呼ばれる期間にアログルーミングをはじめ、猫らしい生活を母猫やきょうだい猫との関わりの中で学んでいきます。早期に引き離すことが好ましくない理由は、ここに秘密があります。

オス同士は基本的にアログルーミングをしない

喧嘩する猫

成猫のオス同士は、基本的にアログルーミングをすることはありません。これは、オス猫がとりわけ縄張り意識が強いということが関係しています。

アログルーミングをするのはメス同士、若しくは異性の猫が一般的です。ただしオス猫同士でも、去勢手術を受けている場合はアログルーミングが見られることもあります。

これは、多頭飼育における相性においても同様です。オス同士という組み合わせは縄張り争いに発展する可能性が高く、先住猫の去勢手術の有無が仲良くなるための鍵を握っています。

信頼関係が大切

仲良しの猫たち

猫は独り立ちをすると、単独で生きていきます。オス同士に限らず、多かれ少なかれ縄張り意識を持っており、無駄な争いを回避するためには適度な距離感が重要です。

きょうだいではない他人の猫同士がアログルーミングをするというシチュエーションは、何よりも信頼関係がしっかりと築けていなければなりません。

アログルーミングでは、顔・耳の後ろ・背中など自分では舐められない部位を舐めることで協力し合っています。そしてこの行動によって、愛情を伝えあっているのです。

アログルーミングは種を越える

仲良しの猫と犬

アログルーミングは猫同士だけに見られる行動ではありません。仲間意識を持った他の動物、人間に対しても見られます。

猫が飼い主さんの顔や手を舐める行為は、まさにアログルーミングです。信頼と愛情を伝えてくれています。

事の真相を知ると嬉しくなるものです。とはいえ、さすがに被毛を舐めてお礼をすることはできません。こちらが愛猫に対してできるアログルーミングはあるのでしょうか?

愛猫には優しく撫でてお返しをしてあげてください。その際、猫同士のグルーミングと同様に、顔や耳の後ろなどを撫でてあげると喜んでくれます。

まとめ

虎(トラ)と景(カゲ、サバトラ)

アログルーミングは、心温まる行動です。今や、人間同士は距離を取らなければならない不自然な生活を強いられています。猫のアログルーミングを見るとほっとするような気分が味わえるかもしれません。

スポンサーリンク