猫だけで遊ぶの厳禁!危険なおもちゃとその理由4つ

猫だけで遊ぶの厳禁!危険なおもちゃとその理由4つ

ねこじゃらしや猫用ボール、手作りのおもちゃなど、猫にとっておもちゃになる物はたくさんあります。飼い主さんの目が届く範囲で遊ばせるのであれば問題ありませんが、なかには「飼い主さんが見張っている状態で遊ばせたほうがよいおもちゃ」もあるのです。本記事では、猫だけで遊ばせると危険なおもちゃについて詳しく解説していきます!

1464view

どんなおもちゃが危険?

猫とぬいぐるみ

おもちゃを使って猫とコミュニケーションをとる飼い主さんは多いと思います。しかし、注意して取り扱わないと思わぬ事故を招くおもちゃもあることをご存じでしょうか。猫だけで遊ばせるべきではない「危険なおもちゃ」とは一体どんな物なのか。理由付きでさっそく解説していきましょう。

1. サイズが小さいおもちゃ

猫とねずみのぬいぐるみ

猫が丸飲みできるくらい小さいボールやねずみのおもちゃは誤飲率が高いため、飼い主さんの目が届いている範囲で遊ばせるのが好ましいです。

「遊んでいる最中に、ねずみのおもちゃを飲み込んでしまった」「ある日突然食欲がなくなってしまい、病院に行ったらおもちゃを丸飲みしていることが判明した」といった事例は珍しいことではありません。

なので、誤飲事故を事前に防ぐためにも、飼い主さんがしっかりと見張っておきましょう。

2. 持ち手のついた袋

紙袋を持つ人

持ち手のついてビニール袋や紙袋の中に猫用おもちゃを入れる…といった方法で猫を遊ばせている人は多いはず。しかし、持ち手がついた袋をそのまま与えてしまうと、持ち手の部分が猫の手足や首に引っかかってしまう恐れがあるのです。

なので、袋を猫に与える場合は持ち手部分を切り取ってから遊ばせるようにしましょう。

3. 紐の長いねこじゃらし

猫じゃらし

紐の長いねこじゃらしを飼い主さんが持って遊ばせる場合は、特に問題はありません。しかし、そのような猫じゃらしをそのまま放置したり、猫の手が届く場所に置いておくのはおすすめできません。

猫だけで遊んでいる時に、万が一ねこじゃらしの紐が猫の首や手足に絡まってしまうと、思わぬ事故の原因に繋がる可能性があるからです。

なので、紐の長いねこじゃらしの管理には十分気を付けましょう。

4. 輪ゴムやヘアゴム

カラーゴム

猫は細い輪ゴムやヘアゴムで遊ぶのを好む傾向にあります。しかし、このような細いゴムは遊びながら誤飲してしまう可能性が高いため、猫だけで遊ばせないようにしましょう。

「猫に触らせるつもりはなかったけど、いつの間にか輪ゴムを持ち出して勝手に遊び、誤飲してしまった」といったケースも多いため、輪ゴムやヘアゴムの管理は厳重に行ったほうがよいです。

まとめ

毛糸玉と猫

人間にとっては安全そうに見えるおもちゃでも、思わぬ遊び方や触り方をするのが猫。なので、猫用おもちゃや猫のおもちゃになりそうな物は厳重に保管し、猫の手が届かない場所に置いておくのがおすすめです。

スポンサーリンク