猫が不幸になる絶対NG行為5選

猫が不幸になる絶対NG行為5選

猫を飼ううえでどんなことがNGとなるのでしょうか。猫に幸せに暮らしてもらうために注意したいことをご紹介します。猫も飼い主さんも幸せになるために参考にしてみてください。

6187view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. お世話が出来ないほどの猫を飼う

振り向くたくさんの猫

猫を飼うと、飼う前よりも猫に関する情報を耳にしたり目にしたりすることが多くなります。ペットショップでかわいい猫を見つけたり、捨て猫や野良猫を見つけたりすることも多くなるかもしれません。

しかし、かわいいから、かわいそうだからといって飼う猫の数を増やすのは、場合によっては猫も飼い主さんも大きな負担となることがあります。

猫の毎日の変化を見つけにくくなる、丁寧なお世話ができなくなる、猫に関する費用が増えるなど、猫が不幸になることがないようによく考えてから猫を迎えましょう。保護した猫は、里親さんを見つけるという選択肢もあります。

2. 毎日のお世話がいい加減になる

ごはんを食べる2匹の猫

猫は自由に行動していますが、お世話はいい加減にならないようにしましょう。ごはんは、肉や魚ばかりでは栄養が偏ってしまいます。猫の年齢や体質にあったキャットフードをいつも同じ時間に与え、食べた量を確認することも必要です。おやつが多いと肥満になってしまうことにも注意しなければなりません。

また、猫トイレはいつもきれいにしておく必要があります。トイレが汚れたままでは、猫はトイレを我慢して病気になってしまうことがあるからです。

3. 身体のケアを定期的に行っていない

爪切り中の猫

人間は体調が悪いと感じるとそれを家族に伝えたり、自分で病院に行ったりすることができますが、猫はそれができません。体調が悪くてもそんな素振りを見せることが少ないのです。

猫の健康を守るためには、定期的に健康診断を受ける、ブラッシングや爪切りなどのケアをしてケガや病気を防いだり、早期に発見したりすることがとても大切です。

4. 猫が暮らしやすい環境を整えていない

ソファで寝転ぶ猫

室内で猫と暮らすには、猫が必要とする環境を用意してあげることが必要です。猫は高い場所や、狭くて薄暗い場所にいると落ち着きます。キャットタワーや猫ベッドなどを用意してあげましょう。

また、室温や湿度も注意が必要です。夏は熱中症にならないように涼しく過ごせる猫グッズを用意したり、エアコンで室温を下げたりすることが重要です。冬は毛布や湯たんぽなどがあれば、自分であたたまることができます。

5. 猫のことを理解しようとしない

おもちゃで遊ぶ猫

「猫」という生き物について知ることは重要です。大きな音、強いニオイ、環境がコロコロ変わるなど、猫が苦手なことがあります。他にも、抱っこのしかた、なで方、遊び方など猫について勉強することは猫の幸せに繋がります。

また、猫が幸せになるには猫をよく観察することが大切です。猫と一口にいっても、猫によって性格も違えば、好きなこともまったく違います。愛猫がどんなことが好きで、何をすると喜ぶのかを知ることが必要です。

まとめ

うつろな表情の猫

猫が幸せそうに寝ている姿を見ると、こちらも幸せな気持ちになりますよね。猫が不幸にならないために、できるだけのことをしてあげたいものです。

基本的な毎日のお世話や健康チェック、環境づくり、猫という生き物を理解するなど、猫が不幸だと感じないようにしてあげたいですよね。

スポンサーリンク