猫が死に至る『家の中のモノ』3選

猫が死に至る『家の中のモノ』3選

猫ちゃんと暮らす日常の中では猫ちゃんにとって危険なものも潜んでいたりします。飼い主さんはしっかりと把握して愛猫に万が一のことがないように気を付けましょう。

4845view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

日常のなかで要注意!

おもちゃで遊ぶ猫

飼い主さんにとってはなんて事の無いものでも、猫ちゃんにとっては命に関わるもの、というものが日常には色々とあります。しっかりと覚えて、愛猫に万が一の事がないように気を付けないといけません。

猫ちゃんは好奇心旺盛な生き物ですので、自分の知らないものには興味深そうに近づいていき、くんくんとにおいを確認し始めるでしょう。中にはそのまま舐めたり口にする子もいるので、十分に注意しましょう。

1. おもちゃ

おもちゃで遊ぶ猫

猫ちゃんの遊び相手の務めを果たしてもらおうと、猫用のおもちゃを購入される飼い主さんは多いのではないでしょうか。しかし、そのおもちゃについている小さな羽やひもといったものは、誤飲の危険性があります。

おもちゃで遊ばせるのも良いのですが、「飼い主さんがしっかりと見ている中で」というのが条件です。猫ちゃんを初めて飼う飼い主さんには意外な落とし穴ですので、ここは注意して下さい。

猫ちゃんもおもちゃと楽しそうに遊び、食いちぎって誤って食べてしまう子も多いです。おもちゃ選びも重要なポイントとなるかもしれませんね。

2. 観葉植物

観葉植物と猫

お部屋のインテリアとして飾っている家庭もあると思うのですが、猫ちゃんにとっては猫草と間違えてしまう代物です。猫ちゃんにとって無害な観葉植物もあるのですが、ユリ科の植物は毒性が高く食べてしまうと命にかかわることもあります。

愛猫の命に関わる場合も出てきます。素人には毒性の有無は見分けがつかないものが多いので、できれば猫ちゃんと暮らす時際には、観葉植物は置かないようにすることが賢明です。

3. 人間の食べ物

猫とケーキ

あくまで人間用に作られた食べ物ですので、猫ちゃんにとっては塩分が多く体に悪いものが多くあります。特に危険なものがチョコレートやネギ類です。

不慮の事故の危険

ネギに関してはお料理などで使用する際にネギを包丁で切り、そのときに床にネギが少しでも落ちてしまうと猫ちゃんがにおいで近づいて、好奇心から舐めてしまう子もいます。あげるつもりがなくても、このよな場面では猫ちゃんの元にわたってしまう危険があります。

また人間が食べているときも、猫ちゃんは欲しそうに近づくこともあります。そのままあげてしまっては猫ちゃんの体に毒ですので、どんなにおねだりされても、あげないようにしましょう。何度もお断りしていると猫ちゃんの方も諦めてくれます。

まとめ

ぐったりする猫

思わず「こんなものが?」というものが猫ちゃんの命に関わるものだったりします。飼い主さんだけが防ぐことができますので、愛猫の命を守るためにも気を付けていきましょう。

スポンサーリンク