毛が抜けない猫種のオススメのご紹介

毛が抜けない猫種のオススメのご紹介

毛が抜けない猫って知ってますか?猫ブームの世の中、中には猫を飼いたいのにアレルギーに悩まされるという方もいらっしゃるのではないかと思います。あまり毛が抜けない猫であれば、掃除も楽になりアレルギーも起こりにくいのではないかと思います!今回は、毛が抜けないとされている猫ちゃんをご紹介したいと思います。

440788view

毛が抜けない猫の種類

下記、ご紹介する猫種は毛が抜けないと言われているお墨付きの猫ちゃんです。

スフィンクス

スフィンクス

原産はカナダです。不思議な魅力を持つ猫ちゃんです。被毛は無毛のため毛が抜けない猫種です。性格は愛情表現が豊かです。とても魅力的ですよね?

エルフキャット

エルフキャット

世界一希少と言われている猫種です。猫アレルギーの方でも飼う事が出来ると言われている猫ちゃんです。とても頭がよく利口ですよ。

バンビーノ

バンビーノ

2005年に血統登録機関であるTICAに登録された猫ちゃんです。被毛も無毛で毛が抜けない珍しい猫種で日本ではほとんど繁殖されていないそうです。性格は、やんちゃで人見知りをしません。

あまり毛が抜けないと言われる猫の種類

人気の猫ちゃんには様々な種類がありますよね。今回はアレルギーが他の猫種によって出にくいとされている、比較的に毛が抜けないと考えられる猫ちゃんの種類や性格をご紹介致します。ただし、猫の個体差は大きいため、必ずしもすべての個体が毛が抜けにくいとは限りません。あくまでも目安として考えるようにしてください。

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

1961年にスコットランドの農場で生まれた耳が折れた「スージー」という名の猫が子猫を産んだ時に耳が垂れていた事から、遺伝的要因を発見し新たな品種が確立されました。性格は、温和で愛嬌があり、飼い主大好きなので非常に飼いやすく、あまり毛が抜けない猫です。

マンチカン

マンチカン

あまり毛が抜けない、人気な猫ちゃんです。ペットショップでもTVでもよく聞く猫種だと思います。原産はアメリカです。1983年にルイジアナ州で発見されました。マンチカンは一匹ずつ脚の長さが違ったり、被毛のカラーも全パターンある為、世界に一匹だけの愛猫に出会えるかもしれませんね。性格は、好奇心が旺盛でとても優しい性格です。飼い主を楽しませてくれるという面でも人気の一つだと思います。

ラグドール

ラグドール

1960年代にアメリカのカルフォルニア地方で飼われていた「シールポイント」がベースとなり交配を重ね改良された「新しい猫種」です。あまり毛が抜けない、室内飼いとして理想的な猫ちゃんです。

アメリカンワイヤーヘア

アメリカンワイヤーヘア

1967年ニューヨーク州ヴェロナー農場で生まれた事が起原です。性格は少し警戒心が強いです。多頭飼いには不向きと言われていますが、人懐っこく、あまり毛が抜けないので初めて飼う方にはオススメです。

マンクス

マンクス

イギリス本社とアイルランドに挟まれた島でマン島原産のあまり毛が抜けない猫です。しっぽがないのが特徴とされていますが、完全にしっぽがないタイプは全体の数割です。性格は家族においては懐っこく、他人に対しては人見知りをします。家族を守ろうとする忠誠心が非常に強いです。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

グレーの被毛にエメラルドグリーンの瞳を持つ猫です。犬のような猫と言われていて、とても静かで飼いやすいです。あまり毛が抜けない猫です。

アレルギーになりにくい猫サイベリアン

サイベリアンのマミ

サイベリアンはロシア原産の猫で、ボリュームある被毛が特徴的です。またサイベリアンは猫アレルギーを引き起こすアレルゲンが少ないといわれているため、猫アレルギーを起こしにくい猫種としても知られています。

一般的に猫アレルギーの原因であるアレルゲンは、猫の唾液などに含まれているタンパク質である「Feld1」という物質です。サイベリアンは他の猫種と比較してFeld1の量が低いため、アレルギーになりにくく、猫アレルギーの人でも飼いやすいといわれています。

実際にアメリカの非営利団体による調査で、数百頭のサイベリアンの唾液に含まれているアレルゲンの量が少ないことが分かっています。

アレルギーの人には毛が抜けない猫がオススメ

アレルギーの人

まず始めに、猫アレルギーとは「猫と接触する」事により起こるアレルギー反応です。主な症状としては、くしゃみ・鼻水などが挙げられます。残念ながらアレルギーは基本的には自然治癒する可能性は極めて低いです。アレルギーの人には毛が抜けない猫の方がよいでしょう。ではなぜ、猫アレルギーが起こるのだろうか?と思う方もいらっしゃると思います。私自身もアレルギーがあり、医者に原因を聞いたところアレルギーは簡単に答えてしまうと「体質」だそうです。

猫のアレルゲンは現在8種類あると言われています。このアレルゲンは花粉より小さいと言われています。花粉より小さいという事は確認する事は不可能に近いですよね・・・この小さいアレルゲンが飛び散る為、猫を飼っていない家庭でも「猫アレルギーが発症」する可能性があるそうです。

私自身、猫を飼ってはいませんが、血液検査をしたところ猫アレルギーの反応が高く出ました。「アレルギーは、うまく付きっていく」しか方法はないのです。猫ちゃんを家族に迎え入れる際は自分自身はもちろんのことですが、家族もアレルギーがないかを確認する事も大切だと思います。

毛が抜けない猫に関するまとめ

猫の抜け毛

世の中では猫ブームであり、猫カフェが存在するくらい人気の猫ちゃんには、様々な種類がり性格も様々です。無毛で毛が抜けないためアレルギーが出にくい猫種もいる事が分かりました。アレルギーは体質であるので治すのは難しいですが、猫ちゃんを家族に迎え入れる際には飼い主様やご家族にアレルギーがあるか・ないかを知っておく事も大切だと思います。
中には、毛が抜けにくい猫ちゃんや非常に珍しい毛が抜けない猫ちゃんもいる事が分かりました。また、猫種によって性格が違う事も個性があって愛らしいですよね。飼い主様と猫ちゃんがお互いに快適で幸せな生活をおくれますように・・・少しでも参考になれば幸いです。

投稿者

40代 女性 tommy

10年前、アレルギー検査をしたときに動物アレルギーの数値が高かったので、医師からペットを飼うのは、あまり向かないと言われていました。しかし去年、偶然の出会いから野良猫を保護して飼うことになったのですが、現在一緒に暮らすこと1年。アレルギー症状は全くなく生活しています。アレルギーの程度にもよりますが、私のようなケースもあるので、アレルギーを持っていたとしても、品種を選べばおそらく大丈夫ではないかと感じます。
うちの猫は短毛種(キジトラ猫)なのですが、春から夏にかけて以外は、本当に抜け毛が少ないので、ブラッシングや部屋の掃除の手間がかからず、すごく楽です。おそらく、そのおかげもあって、アレルギー反応が出ないで済んでいるのかと思います。短毛種の猫ちゃん、是非おすすめです。
投稿者

女性 hiroro

短毛種の日本猫を飼っています。春から夏にかけては抜け毛が多く、いつも以上にコロコロがけをする回数が増えますが、それでもアメショのような長毛種のネコちゃんに比べたら全然少ないので、助かっています。ただ、抜け毛を丸めて作る毛玉ボールはちょっと気になります。我が家の猫の抜け毛の量ではとても出来ないので、初めてネコ動画などで見たときは驚きでした。品種によって抜け毛の量は全然違うのですね。
猫の毛はとても細くて絨毯などに絡むと入り込んでしまったりするので、アレルギーのある方は、なるべく抜け毛が少ない品種のほうが向いているかもしれません。記事にも書いてあったように、確かにスフィンクスなどは抜け毛の心配はありませんが、好みが分かれるところですね。
投稿者

女性 茶トラmama

里親募集から引き取った雑種茶トラと暮らしています。

私も息子も猫アレルギーはないものの、アトピー体質なこともあり普段から抜け毛には注意しながら生活しています。毎日コミュニケーションの一環としてブラッシング、1週間に1度は濡れタオルや身体拭きシートを使用しています。

以前、猫アレルギーがあるがどうしても猫と暮らしたいと相談され、毛が抜けにくい種類を調べたことがあります。スフィンクスやエルフキャット、バンビーノはお迎えするための金額に驚き手がでないこともありましたが、何より好みが別れますよね。猫飼いの合言葉のようなモフモフを堪能できないのはちょっと…と。

知人は悩みに悩んだ結果、アレルギーの程度の確認の為に猫カフェ通いをした後に里親募集していた雑種の子猫を迎えました。毎日のお手入れと部屋の掃除で無事、3年目の春を迎えました。もちろん、アレルギーがあるのに無責任にお迎えすることには賛同できませんが、毛が全く抜けない種類の猫でなくてもお手入れをすれば抜け毛の飛散は防げます。
投稿者

女性 のん

スフィンクス・・・ワタシにはエイリアンにしか見えない!!でもきっと飼うと、ハマっちゃうのだろうな・・・

猫アレルギーにはとにかく『掃除』が重要みたいですね!
空気清浄機を導入するのもGOOD☆
猫アレルギーだけど猫をこよなく愛する人たちは、なるべく家の中の猫毛を減らすように、気をつけているらしい・・・
でも生え変わりの時期は辛そうですね。

サイベリアンフォレストキャットは唾液の中のアレルゲンが少ないから、猫アレルギーが出にくい、と聞いたことがあります。
ある獣医師さんによると、アレルゲンが少ないサイベリアンは50%の確率らしいです。
運良くアレルゲンの少ない猫に出会えれば良いですが、それもご縁なのかもしれませんね。
投稿者

30代 女性 tonakai

室内で猫を初めて飼育するとなると、アレルギーが気になりますよね。自分が大丈夫でも、家族に影響が出てしまったらと思い落ち着かなかったことが過去にあります。周りにも、猫を飼いたいが猫アレルギーを持った家族がいるから飼えないという話を聞いたこともあります。毛が無い猫や、毛があまり抜けない猫、アレルゲンとなる物質があまり出ない猫などがいますが、お目にかかる機会が少ない猫に多いのが残念だと思いました。ですが、毎日の猫のケアや掃除などで症状が出なかったり、軽く済むこともあるようです。とはいえ、アレルギーが重症となったら、人間も猫も悲しいですよね。少しでも猫アレルギーの心配があるなら飼育開始の前に検査をしておくのが安心ですよね。
投稿者

20代 女性 UMI

3匹の猫を飼っている者です。わたしは昨年、子供を出産したのですがやはり一番心配したのが赤ちゃんに影響が無いのか?アレルギーやアトピーの原因にならないかということでした。妊娠中に調べてみると、幼い頃からの時から猫を飼っていると免疫ができアレルギーにならないという意見と、幼い頃に猫に接する機会が多いと過剰反応を起こしアレルギーを発症しやすいという全く反対の答えが書いてありました。お医者様にも相談しましたが結局、 明確な答えを貰うことはできませんでした。でも一概に言えるのは「猫を飼っている以上小まめな掃除をすることが一番の対策」ということでした。現在、子供は1歳半となりましたが今のところ発症しておりません。これから先心配ではありますが、小まめな掃除を心掛けつつ猫との楽しく幸せな生活を送りたいです。
投稿者

20代 女性 レオ

猫の毛ってすごく厄介ですよね。私の友達が猫アレルギーで、この前遊びに行ったときいつもはコロコロをするのですが今回はたまたまコロコロを忘れてしまい、少しくらいならと毛を取らずにお邪魔した結果、友達のアレルギーが発症しクシャミ、鼻水が止まらず、目も真っ赤になり大変なことになりました。
私はアレルギー持ちではないので、そのツラさは残念ながら分からないのですが、友達を見る限りアレルギー持ちの人にとって猫の毛は本当に死活問題なんだなと改めて認識した出来事でした。猫を飼っている以上、他人に迷惑をかけないよう最低限のマナーは守ろうと思った話でした。アレルギーだけではなく、外飼いの猫ちゃんの躾や近隣トラブル、マンションだと鳴き声や脱走による迷惑行為を無くしマナーよく暮らしていきたいですね。
投稿者

20代 女性 ユキ

毛が抜けない猫種といえばスフィンクスなどの無毛種が代表的ですが、無毛の猫はシワが目立ち、お手入れが大変だと聞きます。

確かに猫の抜け毛でアレルギーが起こってしまうと、とてもつらいですし、無毛種を選択するのも良いかもしれませんが、毛がない見た目も人によって好き嫌いが分かれる猫種ですね^^;

また、ラグドールなんかは長毛でとても抜け毛が多いイメージでしたが、抜け毛が少ないと知りとても驚きました!

マンチカンやスコティッシュフォールドに関してはいつも猫の人気ランキング上位にランクインしているような猫ですよね。この子たちも抜け毛が少ないなんて不思議です。もしかして、可愛いだけでなく、抜け毛が少ないことも人気の秘訣なのでしょうか?^^
投稿者

女性 ふーたん

猫アレルギーだけど猫が飼いたい!という飼い主さんには、あまり毛が抜けない猫はアレルギー反応が起きにくく、飼ってみようかなと思えますね。

毛のない猫なら抜け毛に関しては一切心配いりませんが、毛が生えている猫であれば、いくら毛が抜けにくくても毎日のお掃除は欠かせませんね!

飼い主さんや、一緒に住んでいる家族が、急に猫アレルギーになってしまう可能性も考えられますから、特に絨毯の場合掃除機やコロコロは、こまめに必要になりますよね。猫アレルギーがあるかたはフローリングにやジョイントマットがいいですね!

毛が絨毯に絡まることもないため、毛が綺麗に取れていない、なんて心配もありませんし、お掃除もすんなり終わります。猫が自由に行き来できる部屋のみ絨毯を使用しない、というのはアレルギー持ちの方にはとてもオススメ出来る方法です^^

我が家も主人が猫アレルギーをもっているので、寝室等の長い間主人がいる部屋には、掃除のしやすさを考えて絨毯は敷かずにフローリングやジョイントにしています。
投稿者

30代 女性 匿名

スコティッシュが毛が抜けが少ないなんて、全然違います。ロングのスコティッシュを飼っていますが、家中毛まみれ、洋服も毛まみれで、コロコロの消費量がとんでもないです。お友達のおうちもスコティッシュですが、みんな大変な思いをしています。それ以上に可愛いから耐えてますが、本当に大変です。。抜け毛の時期なんかは、カーペットも1日コロコロしなかったら悲惨なことになります。
投稿者

40代 女性 ココア

実家でマンチカンを飼っていたことがあるのですが、たしかに、毛が抜けにくくて助かっていました。
ブラッシング毎日していましたが、ほとんどブラシにつきませんでした。
なので、母のアレルギーにも気兼ねすりことなく猫ちゃんを飼うことができました。アレルギーのあるかたは、毛の抜けにくい猫種を、飼うといいですね。
投稿者

40代 女性 匿名

短毛のスコティッシュを飼ってますが見事に換毛期はもふもふ抜けて、部屋中あちこち毛だらけになります。コロコロや掃除機、掃除機ロボもフル稼働してますがテレビなど黒いところはかなり抜け毛が目立ちます。猫を飼ってからは服も黒いのをやめるようになりました。そのくらいスコティッシュでも長毛じゃなくても抜けます!
投稿者

30代 女性 みきこ

我が家では、スコティッシュフォールドを飼っています。やはり、毛は抜けにくいです。
私もアレルギー体質なのですが、スコティッシュフォールドは毛が抜けにくいので、助かっています。
ブラッシングは毎日しますが猫ちゃんも喜んでじっとしています。おとなしくて、ブラッシングがしやすいので1日に2回するときもあります。掃除もこまめに頑張っていますが、コロコロをしてもあまり毛がつきませんよ。
猫が好きだけど毛が気になる方は、スコティッシュフォールドなら飼いやすいかもしれませんね。
投稿者

50代以上 女性 チャチャママ

ウチはスコティッシュフォールドを飼ってますが、抜け毛凄いですよ。
季節問わず抜けますし、身体に毛玉がすぐ出来るし。ルンバもすぐゴミフルになっちゃう、笑
雑種の短毛種もいます。その子も短毛種ですがかなり抜けます。
あとチンチラの雑種もいますが、不思議とこの子は余り抜けません。
先日新たにチンチラの子を迎えましたが、赤ちゃんなのでまだ分かりませんが、毛質的にみて抜けるでしょうね、笑
なので、短毛種だから大丈夫ということはなく、スコティッシュフォールドも長毛種だと抜け毛は激しいです。
スコティッシュフォールドはチンチラなどと掛け合わせるのが一般的な繁殖方法だからだと思います。
投稿者

50代以上 女性 キララ

私は、もう64才ですが、現在12匹全部庭に来た保護猫です。もうこれ以上は止めてと子供達からストップされて要るのでなるべく庭に出て野良猫がいても観ないようにしています。何故なら息子と孫が超猫アレルギーで私が居なくなると面倒見れないからです。先程のサイベリアンもいますが長毛種なのでお手入れは大変ですがアレルギーはないです。それにとても可愛いので、頑張ってます。他にもシャムやハチワレ三毛やとら猫ほぼ親子で保護しているので、もう猫の為の猫ハウス状態です。マットや猫ベッドも順番に洗うのがコロコロしないといけないので大変です。幸い私はハウスダストで昨年アレルギーを発症しましたが、猫でなくて良かったです。なついている子猫から育てた子達五匹とダブルベッドで寝ていますが、一応マスクして寝る事が多いです。掃除は大変ですが出来るだけ長生きしてこの子達と幸せに暮らしたいです。
投稿者

30代 女性 匿名

ラグドールを飼っていますが、以前飼ってた雑種の猫以上に大量に毛が抜けますね。
毛が柔らかくて触り心地はとてもいいですが、その分目に入っても痛くないくらい毛が細いので、服や布団などにもベッタリと付きやすく大変です。
可愛いですが、他の長毛種同様に手間がかかります。
個体差があるのかもとは思いますが、知り合いのところにいるラグドールも同様に毛は抜けやすいですね。
ご参考までに…。
投稿者

50代以上 女性 匿名

我が家の猫は、マンチカンの長毛、もうすぐ1才になります。マンチカンは、毛が抜けにくいと、書かれていますが、毛が一杯抜けます。特に春から、夏は、大量に。そして11月になっても、多いです。
1日に2回のブラッシングでオーバーコートを、それに加え1週間に2回専用ブラシでアンダーコートをブラッシングしても、床や、カーペットに抜け毛が落ちてます。コロコロなしでは、いられません。マンチカンの長毛を飼う時は、ブラッシングとお掃除を覚悟してください。ちなみに本人は、ブラッシングを嫌がります。
投稿者

女性 にゃぎん

現在のマンチカンは、所謂ミックスなのでどの猫種の血が混ざってるかで抜け毛の量が違うぞ。
うちのマンチカンは、ノルジャンとのミックスなので毛は完全にノルジャンの長毛
年に1回丸刈りにしてます。
投稿者

50代以上 女性 匿名

ラグドールの毛が抜けにくいというのは誤りではないですか?
ラグドールの毛はシルクのような手触りと細さが特徴で、シルクのような毛質の為、毛が「絡みにくい」事が特色の一つとして認定されています。
又、他の長毛種(ペルシャ等)に比べると毛が「絡みにくい」ので一日1回のブラッシングでほぼ毛玉予防ができます。その事から「毛玉ができにくい長毛種」=「抜け毛が少ない」と誤解されていると思われます。ご参考までに・・・
投稿者

50代以上 男性 クリーク

うちのマンチカンの8才♂は余り毛は抜けないです。以前飼ってた同じマンチカンの♀は長毛で良くブラッシングしてやらないと毛玉が出来てました。
凄く温和しい子で毛障りがふわふわで気持ち良かったです!
最近鼻水が出てマスク掛けないと外に出れません。もしかすれば猫の毛アレルギーかな!
投稿者

40代 女性 ドロシー

定期にシャンプーで毎日ブラッシング、その後のコロコロ欠かさない。

とはいえシャンプーは嫌いな子がほとんどなのでなんともですが…。

実際うちの子もシャンプー嫌いです。

まあ傷だらけになりながら頑張って洗ってますが…。
投稿者

30代 女性 匿名

うちはシンガプーラを飼ってますが、以前に飼っていた雑種の子が抜け毛が凄かったこともあり、シンガプーラの抜け毛はあまり気になりません。
でも動物病院などに行くとめちゃくちゃ抜けます笑
雑種の子の時は、黒い服は買わないようにしていましたが、今は全然着れます。
もちろん全く抜けない訳ではないのでコロコロはしますが。あと、シーズン毎にお風呂にも入ります。
投稿者

50代以上 女性 匿名

ネコ飼い初心者でブリティッシュショートヘアーを飼っています。
シャンプーは大嫌いで年に2回しか出来ませんが、ブラッシングは大好きで朝晩してくれというので最低でも日に2回はします。
ブラシには結構抜け毛が付いていますが、床はそこまでじゃない気がします。
もっとも抱っこはさせてくれないので、服に付くことはないのでわからないだけかも。
投稿者

50代以上 女性 neco

被毛のない種類の猫でしたら、換毛期もそれほどの抜け毛はありません。
オリエンタルショートヘアー、シャムは被毛がないシングルコートなので抜け毛は少ないです。
しかし、シングルコートの場合、夏の暑さには強いですが、冬の寒さに弱いので、飼い方に注意が必要です。
また、仔猫から飼うと、その猫に対する免疫ができるため、アレルギーは出ないこともあります。実際に甥っ子が激しいアレルギーでしたが、生後3か月の仔猫2匹を飼いましたが、まったく問題がありませんでした。
投稿者

30代 女性 はにゃ

我が家にはロシアンブルーとアメリカンショートヘアーの雄が2匹います。
2匹とも同じダブルコートなんですが・・抜け毛の量が全く違います。
アメショーは、抜け毛が多いです。
ブラッシングをやるたびに大量の毛が抜けます。
抱っこなんかしたら毛だらけです(笑)
それに比べ、ロシアンは抜け毛がかなり少ないです。
ブラッシングをすれば多少抜けますが・・抱っこしても膝に入れても抜け毛が目立ちません。シルバーという色もあるかもしれませんが・・。
息子がアレルギー体質なのですが・・アメショーは抱くと体がちょっと痒くなるようですが、ロシアンは全然大丈夫だそうです。

ちなみに、ロシアンを飼うのは2匹目ですが・・どちらも抜け毛はすくなく、なかないし静かなので飼いやすかったです。
投稿者

40代 女性 リク

子供の頃から喘息、アトピー持ち。猫アレルギーですが猫が大好きです。家では私が生まれる前から犬や猫を飼っていて、ペットが途切れたことはありませんでしたが、小学校高学年頃から喘息が悪化してペットを飼わなくなりました。それから成人するまでペットは飼っていませんでしたが、ある日妹が猫を欲しがりアメショーちゃんを譲ってもらう事になりました。私は猫アレルギー再発の恐怖に怯えていたのですが、不思議なことにアレルギーは出ませんでした。色々思い出してみると、今まで飼っていた猫ちゃん達に共通することは日本猫で、時代のせいか外を自由に行き来する子達だったという2点です。アメショーちゃんは完全室内飼いの洋猫。ちなみに親戚の家でも室内飼いの洋猫どうしのミックスちゃん3匹と日本猫ちゃん1匹がいたのですが、どうしても日本猫ちゃんだけは触ると目が痒くなったり喘息で喉が苦しくなったりとアレルギー反応が出ちゃいました。私が違いに気づく前の出来事なので、気のせいではないです。最終的に家ではアメショー4匹、ロシアンブルー1匹、ノルウェージャン1匹の計6匹同居しましたがアレルギーは出ませんでした。でも抜け毛は壮絶でした。いまだにアレルギー検査では猫に大きな反応が出ますが、洋猫は平気です。病院で調べるアレルギー検査は猫の皮膚屑に反応するかで、毛ではないそうです。
投稿者

40代 女性 匿名

猫種でも個体差ありますよね
ラグドール・マンチカン・スコティッシュ…他の猫にくらべて毛が抜けないということはないと思うので。
投稿者

40代 女性 メロ

なぜデボンレックスが入っていないのでしょうか。珍しい猫種ですが日本でも簡単にお迎えできます。
全く抜けない訳ではありませんが普通の猫ちゃんの10分の1程度です。
投稿者

50代以上 女性 ぷーらの母

シンガプーラぬけにくいです。次は、ロシアンブルーやべンガル。
スコや、マンチカンとかは、なんの血が入ってるかでかわりますよ。
べらぼうに、抜ける子が多いですが。
投稿者

50代以上 女性 ひなひな

昔、ロシアンブルーとスコのMIXを飼っていましたが、普通に毛が抜けていましたよ。
毛量も多く、頻繁にブラッシングしないと抜け毛が凄かったです。

どうしてなんでしょうね?
投稿者

40代 女性 匿名

大人になって突然、猫アレルギー発症しました。
大好きな猫飼いを諦めていましたが、アレルギーでも飼えると知り薬服用しながら3匹飼っています。(スコティッシュ、ラグドール2匹)
アトピー、喘息もありますが幸い命に関する程ではないです。
病院で検査済みです。
毎日くしゃみ鼻水が出ますが癒しをもらっているので幸せです。
初めて自分より大切な存在が出来たので、得た物の方が大きいのです。

スコティッシュフォールドは、毛質が癖毛で毛玉になりやすく抜けにくいです。たまたまかもしれません。

ラグドールは凄く抜けます!!
同じくラグドールを飼っている知人も同じ事を言います。
タンポポの綿毛のように、歩きながら撒き散らしている感じです。
毎日ブラッシングしても効果は変わりません。
毛質が超ストレートヘアのようにサラサラで、毛玉は出来ませんが。
ラグドール愛好会に入っていますが、抜けにくいと聞いた事はないです。

毎日の掃除機は欠かせません。
夏はサマーカットしています。
投稿者

50代以上 女性 匿名

うちの雑種の茶トラ(10歳)は短毛ですが、冬はもっふもふで顔は餌をほおばったリスみたいな横長、夏は別猫になります。
元々虚弱でやせっぽちなので、夏はほっそりを通り越してゲッソリ頬がこけて「ご飯あげてくださいww」と笑われるほど毛が抜けます。
かかりつけの獣医さんは冬だけ行きますが、夏の姿を見せたら二度見したので、珍しいレベルの変貌ぶりなのか・・・??
(写真参照。同一猫の証拠は向かって左側の目の縁の斑!)

3月から7月まで冬毛を抜き、9月上旬から夏毛を抜き、すでに冬毛を生やし始めて尻尾も太くなってきました。
短毛なのに・・・、一年のほとんどが抜け毛の季節です(;´∀`)
掃除は大変ですが、1年に2パターンの姿を楽しめる猫だよ!ということにしていますw
投稿者

女性 ラグドール

キャッテリーからお迎えした、御先祖全員チャンピオンの、多種の混じりっ気のない純血ラグドール 飼っていますが、毛めちゃ抜けます。絨毯毛だらけ、ラックに掛けてある洋服の下を通るので、洋服の裾も毛だらけ、大変です!多少犬猫アレルギーがあるので猫を触った後手を洗わず目などの粘膜を触ると目が痒くなったりするのですが、毛の密度が高くて猫の皮膚やフケが落ちにくく私はアレルギーが出ないです。あと、ノミが付きにくい?毛の密度が高過ぎて、ノミが皮膚に到達できず、毛の先の方をウロウロしている事があったので、手で摘んで取れた。
投稿者

40代 男性 熊ゴロー

スフィンクスはE.T.のモデルになった
と言われてる猫ですが、以前調べた時販売価格の相場が60〜70万円くらい
で諦めました。
ウチの中古車より高い笑
投稿者

50代以上 女性 うめ

ある事情により海外から来たデボンレックスを里親として飼っています。顔はスフィンクス似で目が大きく、成猫になっても子猫のような顔立ちです。コートは巻毛で、触り心地はゴージャス! 抜け毛はほとんどなく主人は猫アレルギーですが、全く問題がありません。かなり厳格なブリーダーさんが日本にも数件あるようです。
投稿者

50代以上 女性 匿名

8歳、女の子です。一年中抜け毛はあります。夏毛に代わるとき、冬毛に代わるとき、ブラッシングすると、わー、と、驚くほど抜けます。一日中コロコロしています。本人にもコロコロすると、気持ちいいみたいです。反対と、言うと体位を変えてくれます。
投稿者

50代以上 男性 匿名

猫(ロシアンブルー)を飼いだしてから 自分の顔に何か埃がモワッとまつわりつく感じがして都度 水洗いしていました、

床にLEDライトを置いて点灯させたら 細かい埃と共に猫さんの すごく細い毛が散らばっているのが良く見え すごい事に成っていました、

対策として 猫さんの散毛を極力抑える為に 毎日ブラシ付きの掃除機で猫さんをブラッシングします 気持ちよさそうにして吸わせます、 これだけで日々落ちる毛がだいぶ違います、最近はコードレス掃除機でも静かで吸引の十分な物が有りますので有難いです、

無論 毎日床を掃除機で吸いますが これだけで顔にまとわりつくモワッとした感じは無くなりました、

猫のブラッシングを怠り 毎日の床掃除だけでは 顔にまとわりつくモワッ感がたまに起こります、 やはり猫毛 散毛元の猫ブラッシングは欠かせません。
投稿者

50代以上 男性 匿名

これまで数多くの猫種を飼ってきましたが、ベンガルが一番抜けません。
生え変わる時期以外なら、ブラッシング前に撫でても、手に付く抜け毛は1~2本です。
血統の異なる3頭がいますが、どの子も抜けませんので、個体差はそれほどないかと思います。
抜けにくい猫種にロシアンブルーが入っていますが、普通に抜ける猫種です。
投稿者

40代 女性 ぶんちょう

猫アレルギーが発覚したとき耳鼻科医に、3年間一度も猫に近づかずアレルギー発症せず過ごしたらマシになると言われ実行したところ、レベル6以上測定不能→レベル4程度に。その後、寝室に入れない方法で飼い、20年程でレベル2台まで数値を下げれました。最初はその猫に慣れるのに1か月程かかりましたが、保護猫ボラをやっているうちにその1か月ルールもなくなったようで…猫種より、その個体にも寄るというか。アレルギーテストはよく読むと、「猫フケ」と書いてあります。猫の毛とは書いてないのです。人間にもワキガの人とそうでない人が人種によってあまり変わらないのと同じで、その子の体質によるものも大きいかもしれません。

スポンサーリンク