飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

12件の書き込み

  • 投稿者

    1:tonakai 女性 30代 2017/07/31 14:06 [通報]

    ラグドールは見た目から「抜け毛が多い」というイメージですよね。換毛期以外はそれほど被毛が抜けないということが意外でした。長毛種の猫と言えば、毛玉ができてしまい短くカットすることもあるようですが、ラグドールは毛玉もできにくいということで、長毛種の中では被毛のお手入れが楽なのかもしれませんね。とはいえ、ブラッシングは重要なので長毛種に合った道具を用意しておく必要がありますね。我が家の猫は短毛種で、ブラッシングが苦手でした。いろいろなブラシを試してみて、やっと猫が「ブラッシングが気持ちい」と感じるコームを見つけました。ブラッシングが苦手というのは猫も飼い主もストレスですよね。ブラッシングを好きになってもらうには道具など、猫に合わせた工夫が必要だと思います。
  • 投稿者

    2:なかむら25 女性 40代 2017/08/01 17:14 [通報]

    長毛種は抜け毛が大変なのと、暑さに弱いので体温調節も気にしないといけない猫ちゃんだと思います。
    うちにいるのはシャム猫で短毛種です。

    長毛種に比べると抜け毛は少ないと思いますが、やっぱり抜けます。掃除をサボると部屋の角にも毛が溜まってしまいます。

    ラグドールは、見た目気品もあって私も好みの猫種です。

    うちの猫を探す時、ネットで色々と見ましたが、ラグドールもたくさん出ていて迷った猫種の1つでした。
    飼う環境も考えて検討した末シャム猫を迎えましたが、抜けが少ない猫種は、やっぱり飼いやすいと思います。

    ラグドールの抜け毛の少ない理由に、毛の生え方がポイントな事は知りませんでした。

    けれど、ダブルコートで抜け毛が少ない分、暑さには気を付けてあげないと、日本の暑さやられてしまうかもしれません。
    温暖化が進む日本の夏は、過酷です…
  • 投稿者

    3:みゅうみゅう 女性 2017/08/02 00:50 [通報]

    ラグドールの毛はふわふわで気持ちよさそうですよね。でも抜け毛が少ないというのは意外でした。換毛期は短毛の猫でも抜け毛がすごいので、ラグドールもそうだと思いますが、他の長毛種に比べるとお手入れは楽そうですね。
    ブラシやコームはいろんなタイプのものがありますが、猫の好みもあるので、いろいろ使ってみて選ぶのがいいと思います。スリッカーは毛玉をほぐすのに便利なようですが、細くて鋭い針金が無数についているので、強くブラッシングすると痛そうです。ちょっと調べてみると、皮膚を傷つけることがあるので毎日のブラッシングには向かないということでした。あくまでも毛玉をほぐす目的で、皮膚になるべく当たらないように使うといいかもしれませんね。
  • 投稿者

    4:ケロキ 女性 30代 2017/08/02 11:12 [通報]

    換毛期以外は抜け毛は多くないラグドールでも、長毛なのでブラッシングは手を抜きたくないですよね。色々なブラッシングの道具がありますが、その子に合ったものを使用しないとブラッシングが嫌いになってしまうこともあると思います。ブラシの定番とされているものでも「プロ仕様」の場合があり、持ち方や動かし方など、正しいやり方をしないと猫が痛いと感じたり皮膚を傷付けてしまうそうです。最近は、ブラシやコームの形状が工夫され肌へ刺激が弱くなるように作られているものもあり、我が家ではS字のコームを使用しています。また、ブラッシングで毛が引っかかることや静電気が苦手な猫もいます。ブラッシングスプレーを使用するとそれらを抑えられ、舞い上がる毛も少なくしてくれるそうです。ケアグッズは多いので試してみないと分かりませんね。
  • 投稿者

    5:めろん 女性 20代 2017/08/11 01:19 [通報]

    ふわんふわでもこもこした毛が気持ちよさそうですね。見た目ほど抜け毛は少ないにしても毛質により、絡まりやすかったりと短毛に比べるとまめなお手入れは必須ですねー。そして少しでも絡まり始めた毛をブラッシングすると、皮膚も引っ張られ痛みを感じるとブラッシングを苦手になってしまう子もいます。なので、絡まる前に定期的なお手入れが大事ですよね。
    長毛種なのでシャンプーもしてあげたいですし、子猫のうちから慣れさせてあげないと苦労しがちです。
    ブラシの使い分けは私もオススメします。まめなブラッシングは面倒に思ってしまう時もありますが、ブラッシングタイムは、ボディチェックをするチャンスでもあります。普段から身体のあちこちを触ってあげることでスキンシップにもなりますし、見つけられる病気もあるからです。ブラシで梳き終えた毛は、ふんわりして気持ちいいですよ。
  • 投稿者

    6:ラルコ 女性 50代以上 2017/08/19 00:17 [通報]

    ラグドールの被毛って ゴージャスなんですね。しかし、いくら抜け毛が少ないからと言っても、換毛期にごっそり抜けるとなると、やはり毎日のブラッシングで慣らしておく事は怠ることはできませんね。シルキーでゴージャスな毛並みを保つには普段からのお手入れあっての事。ましてや毛玉ができてしまわないように 毛玉のできやすい、のど、あご、耳の後ろ、わきの下、お腹、足の付け根、お尻などは特にこまめにブラシングをしてあげる必要がありますね。抜け毛が少ないといっても ブラッシングに手抜きは禁物です。ブラッシングで被毛が空気を含んで通気性もよくなるそうですからね。このお手入れあってこそ ラグドールご自慢のゴージャスシルキーな被毛が保たれるのだと思います。
  • 投稿者

    7:はっち 女性 20代 2017/12/20 04:38 [通報]

    もふもふが可愛い〜!
    ラグドールという猫はいま知りましたが、ラグドールとは英語で〝ぬいぐるみ〟を意味するそうです。
    ふわっふわしていて、もふもふな見た目もそうですが本当に可愛くてぬいぐるみのようですね。ペルシャ猫のような気品がありエレガントな猫が好みなのですが、ラグドールはペルシャやバーマン、バーミーズなどを交配して誕生したそうです。どことなくペルシャ猫の雰囲気があるな〜なんて思ってたので、やっぱり!と思いました♪

    抜け毛に関しては、一般的な長毛種よりも抜けにくいと言われているようですが、さほど変わらないみたいですね。
    ラグドールは猫の品種の中では最大クラスだそうでオスの大きい子だと10キロにもなるそうです。平均が4.5キロ〜9キロとの事ですので、体積が平均の猫よりも大きいため、飼っておられる方的には抜け毛が少ないとは思わないそうです。
    実際ラグドールを目にした事がないのでその辺りは分かりませんが、抜け毛が少ないから飼おうと思っている方には不向きと言えます。
    ですが性格はゆったりとしていて温厚で多頭飼いにも向いていて、飼い主にも従順なんだそうです。癖がなく飼いやすい猫と言えますね。
    日々のブラッシングや定期的なシャンプーをする事で抜け毛の量は変わってきますので、特に換毛期はブラッシングに時間をかけてあげて欲しいと思います。
  • 投稿者

    8:ひなまま 女性 2018/04/16 01:14 [通報]

    ラグドールといえば、長いゴージャスな被毛が特徴的で、かなり抜け毛が多いイメージだったのですが、実はそうではなかったということが分かりとても驚きました。

    長毛種=抜け毛がひどいというイメージが一気になくなりましたが、やはり日ごろのブラッシングは欠かせないのですね。ゴージャスな被毛を綺麗に保つだけでなく、抜け毛を最低限まで減らすためにも、ブラッシングと定期的なシャンプーは必要になりそうです。

    ラグドールは性格的にも、飼育がそこまで難しくないと言われているので、抜け毛が少ないのであれば長毛の猫を飼育したい人にはオススメできる猫種だと言えますね。しっかりとケアをしてあげることで、いつまでもゴージャスな被毛を保つことも出来ます。
  • 投稿者

    9:ここね 女性 40代 2018/10/07 03:30 [通報]

    ラグドールは、長毛種なので毎日2回ほどのブラッシングが大切ですね。
    足の股の内側やお尻や胸など、毛玉になりやすい部分をスリッカーでよく、ブラッシングしましょう。
    少しずつといていくと、ふけや汚れもとれますし、ブラッシングすることによって血行もよくなり、病気予防にもなります。頑張って続けたいですね。
  • 投稿者

    10:みきこ 女性 30代 2019/01/05 23:47 [通報]

    ラグドールは、たくさんの毛量なので、日頃からたくさん毛が抜けそうですがそうではないみたいですよ。
    換毛期には、やはりたくさん抜けますので日頃から、1日に2回のブラッシングを習慣にしたいですね。仔猫の頃から、ブラッシングをされることに慣れさせなければいけませんね。
    ブラッシングは、気持ちいいものだと覚えてくれればいいですね。優しく名前を呼びながらブラッシングをしてあげると、落ち着いていることができると、思います。
    毛玉にならないように月に1回のシャンプーも、頑張ってしてあげたいものですね。
    乾かしながら豚毛でブラッシングをすると毛玉になりにくいようです。
  • 投稿者

    11:匿名 女性 2019/03/25 00:18 [通報]

    長毛はラグドールしか飼ったことがないので判らないけど短毛種に比べるとやっぱり抜け毛多いし手触りがいいぶん布地にピッタリくっ付いてコロコロは強粘着タイプでも手強い。シャンプー後完全に乾かさないと毛が縮れで毛玉になりやすいので面倒。シャンプー後の可愛さは素晴らしいですが空気中に舞った毛を吸い込んだドライヤーが火花を出したことも有るし短毛種と比べたらとても少ないとは思えません。
  • 投稿者

    12:匿名 女性 30代 2019/06/01 12:27 [通報]

    ウェジー♂とラグドール♀をそれぞれ1匹ずつ飼っていますが
    ラグドールの子の方が凄く毛が抜けます;
    ウェジーの方が抜けると聞いていたのでびっくりしています。
    うちのラグドールは他のラグドールと比べても
    毛の量が多い、と先生に言われる位なので特別かもしれませんが、
    毎日換毛期なの?という位量が多いで、
    ラグドールだから毛が抜け難い、は当て嵌まらないかなと思いました。

    毛玉は確かになり辛いですが
    お胸の毛が長くなると汚れやすくなりますし、
    換毛期でなくても朝と夜のブラッシングは欠かせません。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。