飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

1件の書き込み

  • 1:ニンゲンギライ 男性 40代 2018/11/08 21:49 [通報]

    先月愛する男の子の猫が虹の橋を渡ってしまいました。
    突然の事で、2週間以上経った今も毎日彼のことを思い出しては胸が締め付けられます。
    その多くは後悔のためです。
    彼にとって自分は良い父親では無かった。
    逝ってしまう直前の自分の対応が甘かったなど、数え上げればキリがありません。
    しかし、残されたのは自分だけでなく、たった1年ですが同じ時間を過ごした同居の女の子の猫ちゃんです。
    彼女も彼がいなくなってから、それまでの様に彼が一緒に遊んでくれると思い続け、彼を探しているのです。
    全ては自分の責任とわかりつつ、彼女の寂しさも共有してしまいます。
    だからこそ、強くこの悲しみを乗り越えなければならないと感じます。
    ペットを飼う覚悟とは、ここに集約されるのだなと実感しています。
    反省しているから戻ってきてと思うのは、親のエゴだとも思います。
    楽しいにつけ、苦しいにつけ逝ってしまった彼はこの度の生を全うしました。
    そんな彼を呼び戻すのは酷でしょう。
    蘇って、またこの親に酷い目に遭わされるのは正直迷惑な話でしょう。
    今自分に出来るのは、彼の事を苦しいと思うほど思い出すことです。
    それで成仏してもらおうとは思いません。
    逝く時の彼の苦しみからすれば安過ぎるものです。
    しばらくはゴメンねとありがとうを繰り返し彼に言い続ける日々が続きそうです。
    それでいいのだと思います。
    そして彼を抱きしめ続けたいと思います。
    それだけは出来る様です。
    彼が永遠になったので。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。