飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

1件の書き込み

  • 1:ガブリエル 女性 40代 2018/01/01 17:42 [通報]

    この記事を読んで、猫からの無言のメッセージを完全に受け止めてあげていない日々を振り返り、いろいろ考えてしまいました。

    我が家の猫たちは、わたしを見つめる時、視線をそらすことなく、いつも「じーっ」と見つめます。あの何とも言えない期待に満ちた目で、わたしを見つめ、見上げる猫。わたしの横に座り、「ねえ!」と、前足で(手で)わたしの肩を叩き、熱い視線を送る猫。

    うちの猫たちの性格は、わりと判り易いものと思い込んでいましたが、「ごはん」というメッセージを正確に感知することはできても、その他「遊んで」「トイレが…」という猫の無言の要求は案外、見落としていたかもしれません。その意味でも、わたしの勝手な思い込みで、猫に我慢させていたかもしれない、と思いながら記事を読みました。

    さらに、仮に人間への猫のアプローチに傾向があったとしても、それ以上に、猫の個性があっての表現だということも忘れてはいけないように思いました。
    我が家の猫の一匹は、冬の夜明け前になると、わたしの枕元に座り、無言で「じーっ」と眠っているわたしを見下ろしていることがありました。一度だけではなく、何度も同じようなことがありました。わたしは愛猫に寝顔を見られて、覗きこまれ、観察されてしまったようです(どういうわけか、わたしも猫の視線を感知して目覚めるのです)。
    猫は布団の中に入りたくて、それを待っていたようです。わたしが掛布団をめくると、布団の中に急いで入り、身体を添わせ、喉を鳴らして喜んでいました。

    猫の無言の要求は、最初に猫の眼差しに表われてくるのかもしれません。見過ごしてしまいがちなことですが、わたしが猫を見ている以上に、猫がわたしを見ているのでしょう。「今、遊ぼうって誘っても大丈夫なのかな」と、猫がわたしを観察しているのだと思います。
    状況や場面を見極めながら近づいて来るなんて、結構、猫は人間より高いコミュニケーション能力を持っているのかもしれませんね。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。