攻撃的になった猫の落ち着かせ方5つ

攻撃的になった猫の落ち着かせ方5つ

攻撃的になった猫は、大変危険です。いつ飛びかかって攻撃してくるか、分かりません。こんな状態にもし愛猫がなってしまったら、どうしますか?その落ち着かせ方を、チェックしておきましょう。

1165view

1. 落ち着くまで待つ

眠る猫

ひとまず避難して、猫の気持ちが落ち着くまで待ちましょう。むやみになだめようと近づいたり、手を出したりするのが1番危険です。猫が攻撃的になっている時は、たとえ慣れた飼い主さんであっても、飛びかかってくることがあります。軽く見ずに、対応してください。

2. タオルなどをかぶせる

タオルを被った猫

猫は狭い空間にいると、安心して落ち着きます。タオルなどを猫にかぶせて、落ち着かせる手も。なるべく遠くから、タオルや毛布などを投げかけましょう。

この時、猫には触れない方が、良いでしょう。下手をすると余計に興奮してしまうかもしれません。猫が落ち着いたらそのままじっとしているか、自分から出てくるでしょうから、しばらくそっとしておいてください。

3. フェリウェイを使う

フェリウェイをかけられる猫

フェリウェイというのは、猫のフェロモンを模して作られた、ホルモン剤です。これを使うと猫が安心して、気持ちが落ち着くと言います。

攻撃的になった時に嗅がせると、ふっと気分が和らぐでしょう。フェリウェイは猫が興奮しがちなシーンで使うと、有効です。例えば、移動する時や新しい環境に行く時など、キャリーケースの中や新しい場所に使うと、猫が落ち着いて過ごせるようです。ネット通販などで簡単に購入することができますので、1つ持っておくと、便利かもしれませんね。

4. 飼い主が落ち着いて行動する

猫の鼻を指で押す人

猫が攻撃的になった時、まずは飼い主さんが慌てないことが大事です。飼い主さんが慌ててしまっては、それが猫に伝わって逆効果となってしまいます。たとえ猫が攻撃的になり、いつもと様子が違っても、深呼吸して落ち着いて、対策を考えましょう。

5. 優しく話しかける

猫に話しかける人

優しく話しかけるのも、良いでしょう。この際、絶対猫に近づかないようにしてください。猫が落ち着くまでは、下手に近づくのは危険です。声をかけるのはあくまでも安全な距離を保った場所で、撫でようとするのは危ないので、やらないようにしてください。

まとめ

攻撃的な猫

猫が攻撃的になると、威嚇したり全身の毛を逆立てたりします。いつもの穏やかな様子とは全く違いますので、十分に注意してください。よほどのことがなければ猫が攻撃的になる事は少ないと思いますので、猫に強烈な刺激を与えないよう、配慮しましょう。

スポンサーリンク