猫の『ケージ飼い』と『放し飼い』本当はどちらがいいの?

猫の『ケージ飼い』と『放し飼い』本当はどちらがいいの?

猫を室内で飼う場合、ケージで飼う方法と放し飼いにする方法、2つあります。どちらが良いのでしょうか?どちらが猫に合っている飼い方なのか、一緒に考えて行きましょう!

7676view

ケースバイケース

ケージ

ケージ飼いか放し飼いが良いかは、その時々で違います。子猫の留守番、病気の時、人を怖がる猫などのケースでは、ケージにいて貰った方が良い事も。猫や周りの状況を見て、決めると良いでしょう。

子猫を留守番させる場合、室内に放していると、思わぬ事故に遭ってしまう場合があります。ケージの中であれば危険が少ないので、安心です。でもあまり長時間にならないよう、気をつけてあげましょう。

病気の場合、ゆっくり休めるようにケージに入って貰っても良いでしょう。多頭飼いだと特に、他の猫からちょっかいを出されて休めない事があります。また、人を極端に怖がる猫は慣れるまで、ケージ飼いをすると比較的安心して過ごして貰えるでしょう。

運動量は放し飼いの方が上

運動

当たり前ですが、猫の運動量はケージ飼いよりも、放し飼いの方が勝ります。健康な猫がずっとケージに入れられていると、十分動き回れないストレスを感じてしまうでしょう。

健康な猫は、放し飼いにした方が好きに動き回れますし、気ままな猫には合っています。特にオス猫や若い猫は体力があるので、ケージ飼いだとエネルギーを発散させることができません。注意してあげましょう。

安全なのはケージ飼い

安全

脱走や事故に合いにくい、という点では、ケージ飼いの方が安全です。留守番や飼い主さんが夜寝る時だけはケージで過ごして貰う、という方法も。もちろん、猫が大丈夫なら、ですが。小さな頃からそう習慣づけておけば、それが当たり前となって行くでしょう。

ただ、ケージは温度調節がしづらいので、室温管理には十分気をつかわなければ、猫が可哀想です。夏は熱中症になってしまう可能性がありますし、冬は寒いと低体温症になってしまうかも。特に体温調整があまりうまくない、子猫や老猫の場合は注意が必要です。

ストレスが溜まらないのは放し飼い

ストレス

束縛を嫌い、自由気ままに生きる猫。そのスタイルからはやはり、放し飼いが向いているのが一目瞭然です。

好きな時に寝て、走り回り、窓の外を眺めて飼い主さんに甘える。そんな猫の希望を叶えるのは、やはり放し飼いしかありません。よほどの事情がない限りは、放し飼いにしてあげる方が、猫のストレスは溜まりません。

まとめ

めい

猫をケージ飼いか放し飼いかは、飼い主さんが決めることですが、ケージに入れた方が猫の為になる時を除いて、基本的には放し飼いにした方が、良さそうです。

大抵の猫は、ケージに入れておくと「出して〜!」と言い出すでしょう。もちろん必要な場合は仕方ありませんが、無理に入れておくと、ストレスで体調を崩してしまう事も考えられます。

猫の事を1番に考え、どちらが適しているのか、決めて行きましょう!

スポンサーリンク