ロシアンブルーに似ているブルー御三家とは?見分け方や特徴を紹介

ロシアンブルーに似ているブルー御三家とは?見分け方や特徴を紹介

ロシアンブルーに似てると言われる猫たちがいることをご存知ですか?ロシアンブルー、シャルトリュー、コラットは特徴的なブルーの被毛を持つことから「ブルー御三家」と呼ばれ、全世界で親しまれています。今回は美しいブルーの被毛を持つ3種類の猫たちについて、それぞれの見分け方と特徴を詳しくご紹介します。

775view

ロシアンブルーに似てる猫はいる?

ニットの上で寝そべるブルーキャット

ロシアンブルーは、ロシア原産の猫種で美しいブルーの被毛を持っています。ブルーの毛色とは青みがかった灰色を指しますが、似てる毛色を持つ猫として知られているのが「シャルトリュー」と「コラット」です。ロシアンブルーを含めた3匹は「ブルー御三家」とも呼ばれています。

ロシアンブルーの被毛には、シルバーのティッピングが入っており、光の加減によってキラキラと輝いて見えます。ティッピングとは、毛の1本1本に複数の色が縞状に入っている状態です。シャルトリューとコラットも同じような特徴を持っています。

ロシアンブルーとの見分け方

ブルーキャットの成猫と子猫

ブルー御三家を見分けるポイント

ロシアンブルーと似てるシャルトリュー、コラットを見分けるポイントは「目」と「体格」です。ロシアンブルーは目がアーモンド形であるのに対して、他の2匹は比較的丸い形の目をしています。

目の違い

ロシアンブルーの目の色として認められているのはグリーンのみですが、シャルトリューの目はゴールドや、オレンジ色です。コラットはロシアンブルーと同じグリーンの瞳ですが、より深みのある「ペリドットグリーン」と表現されることが多いです。コラットにはグリーン以外にもヘーゼルやイエロー、ゴールドの目を持つ子もいます。

体格の違い

ブルーキャット御三家の中では、ロシアンブルーが最もスマートな体格だと言われています。シャルトリューとコラットは、ロシアンブルーよりも筋肉質でがっしりとした体格が特徴です。2匹を比べるとコラットの方が小柄な傾向があります。

ロシアンブルーに似てる猫「シャルトリュー」

キャットタワーの上でくつろぐ猫

体の特徴

シャルトリューは、口元の形がカーブを描いており、微笑んでいるように見える表情もロシアンブルーに似てると言われる理由です。脚が細く短めですが、大きな頭を支えられるよう首が太くなっていることが特徴です。

被毛は落ち着いたブルーで、毛先に入ったティッピングによって光沢を放ちます。やや短めなダブルコートの被毛は、密集して生えているため水をよくはじきます。

性格

穏やかで賢い性格も、ロシアンブルーと似ている点の一つです。「犬のような猫」と称されるほど従順な性格で飼い主によく懐きます。人のそばにいることを好み、洞察力も強いのでトレーニングに挑戦してもよいでしょう。

飼い方

シャルトリューは、集合住宅でも飼いやすい猫種です。鳴き声の小ささは、「ボイスレスキャット」と呼ばれるロシアンブルーに似てる点でしょう。被毛が厚いので、高温多湿な環境は避け、週に数回のブラッシングで風通しをよくしてあげましょう。

体の大きさと比べて脚が華奢なため、膝の骨がずれる「膝蓋骨脱臼」に注意してください。室内の段差はなるべく減らし、肥満にならないよう食事管理にも気を配りましょう。

歴史

シャルトリューはフランス原産の猫で、名前はフランスとイタリアの国境地域にある地名から来ています。「生きたフランスの記念碑」と呼ばれるほどの美しさが魅力で、フランスの元大統領であるシャルル・ドゴール氏も好んで飼っていたそうです。

ロシアンブルーに似てる猫「コラット」

首をかしげて伏せている子猫

体の特徴

ハート型の頭が特徴的なコラットは、幸福をもたらす猫とも言われています。生まれてすぐはキトンブルーと呼ばれる薄いブルーの目ですが、成長するにつれてグリーンに変化します。この変化もロシアンブルーと似てる点です。

主な毛色はシルバーのティッピングが入ったブルーですが、ライラックや濃い色のポイントカラーが入ったコラットも生まれています。被毛は短く、サテンのような光沢があるシングルコートです。

また、通常の猫が1年で成猫になるところを、コラットは5年かけてゆっくり成長します。その分、子猫の期間を長く楽しめることは大きな特徴でしょう。

性格

社交的な性格はロシアンブルーに似てる部分ですが、一方でプライドが高く頑固な面も持っています。物静かでほとんど鳴かないロシアンブルーに対して、コラットは比較的活発で、はっきりとした声で鳴きます。

飼い方

被毛のお手入れをほとんど必要としないのがロシアンブルーと似てる点です。抜け毛は少ないですが、定期的にブラッシングすることでツヤが増します。

ストレスを感じやすい猫種のため、環境の変化や大きな音には気をつけましょう。筋肉質で遊ぶことも好きなので、運動不足解消のためにキャットタワーを用意してあげると大喜びで遊んでくれますよ。

歴史

ロシアンブルーに似てるコラットは、アユタヤ王朝時代からタイに存在したとされる猫種です。タイの国王であるラーマ5世によってコラットと名づけられましたが、タイ語で幸運と名声をもたらす猫という意味の「シ・サワット」との呼び名でも親しまれてきました。その後アメリカに渡り、1967年には猫の品種登録団体であるCFAに登録されました。

まとめ

寄り添う3匹のロシアンブルーの子猫

ロシアンブルーに似てると言われるシャルトリューとコラットの特徴や、それぞれの見分け方をご紹介しました。よく観察してみると、見た目や性格に多少の違いがありますが、どの猫も美しく魅力に溢れています。今回の記事で、ブルーキャット御三家に興味を持っていただけたなら幸いです。