ロシアンブルーのブルーポイントの特徴やお迎えする方法

ロシアンブルーのブルーポイントの特徴やお迎えする方法

ロシアンブルーのブルーポイントというカラーをご存知ですか?ロシアンブルーといえば、厚みのあるクッションのような手触りのブルーコートが思い浮かびます。ですが稀に、ブルーポイントというシャム猫のようなカラーを持ったロシアンブルーが生まれることがあるのです。ロシアンブルーのブルーポイントとは、どんな特徴を持っているのでしょう?また、お迎えする方法やお値段など、伝えていきます。レア度が高いロシアンブルーのブルーポイントについて、是非チェックして行ってください!!

5383view

ロシアンブルーのブルーポイントとは?

ブルーポイントの猫

ロシアンブルーのブルーポイントには、以下のような特徴があります。

ロシアンブルーのブルーポイントの特徴

  • 体は白く、鼻先や耳、手足、尻尾だけがブルー
  • ロシアンブルーとしては正式には登録できない
  • 交配の歴史によりブルーポイントが生まれる
  • 生まれたては真っ白

ロシアンブルーのブルーポイント体が白く一部だけがブルー

ロシアンブルーのブルーポイントは、体は白い被毛ですが、鼻先や耳、手足や尻尾だけ本来のブルーの毛色をしています。

ロシアンブルーは全身がブルーの毛で覆われている猫が正式ですが、稀にこのような毛色の猫が、生まれてきます。また、ロシアンブルーの目はグリーンなのに対し、ブルーポイントの猫では目が、ブルーとなっています。

一見シャム猫にも見えるロシアンブルーのブルーポイントですが、確かに外見は似ています。ですが、性格は異なり、よくしゃべるシャム猫に対し、ロシアンブルーは「ボイスレスキャット」と呼ばれるほど、鳴かない猫種です。外見はシャム猫だけど静かな猫が良い、という方には、向いているかもしれません。

ロシアンブルーのブルーポイントの値段

ブルーポイントは価格も、本来であればミスカラーなので、他のブルーのロシアンブルーよりも低い価格で販売されるか、ブリーダーが世には出さない可能性があります。

とは言え珍しい毛色の為、ブルーのロシアンブルーよりも高値がついたり、需要が高かったりというのが現実のようです。愛猫がブルーポイントで血統書がなかったとしても、可愛い愛猫に違いはない、というのが多くの飼い主さんの心情です。

ブルーポイントはロシアンブルーとしては正式には登録できない

ブルーポイントの白い猫

ロシアンブルーのブルーポイントはミスカラーと言われる

例えば、TICAやCFAなどの国際的な猫血統登録団体に、ブルーポイントの猫をロシアンブルーとして登録することはできません。ロシアンブルーのスタンダード(標準となる基準)は、ブルーの被毛とグリーンの目だからです。

ブルーポイントのロシアンブルーは、そのような正式な場では、規定と異なるミスカラー(キャットショーでは大きな原点、または失格となる)として扱われます。

ロシアンブルーのブルーポイントは可愛さに違いは無い!

ですが、普通にペットとして飼う分には何の問題もありませんし、可愛いロシアンブルーに変わりありません。むしろ、珍しいブルーポイントの被毛を望む人もいます。実際、ブルーポイントのロシアンブルーは、すぐに飼い主さんが見つかるという話もあるくらいです。

気をつけたいのは、血統書が発行されないことがある事(ブリーダーが作成する私製血統書を渡される可能性はあり)や、ロシアンブルーとして繁殖をする事は出来ない、ということです。

ロシアンブルーのブルーポイントが産まれる理由

ブルーポイントの子猫

ブルー一色のはずのロシアンブルーになぜ、ブルーポイントのロシアンブルーが生まれるのか、気になりますね。

親猫が両方ともブルーポイントの遺伝子を持っている

ロシアンブルーは19世紀後半~20世紀前半にかけて、戦争のために個体数が激減しました。戦後、ロシアンブルーを維持するため、ブルーポイントのシャム猫やブリティッシュショートヘアなどと交配されたのです。

通常であればブルーポイントは、劣勢遺伝なのでロシアンブルーにブルーポイントが生まれることはないのですが、親猫が両方ともブルーポイントの遺伝子を持っていると、ブルーポイントのロシアンブルーが誕生することがあります。

ブルーポイントの遺伝子を持っているかどうかは、検査をすれば分かります。ですから、故意にブルーポイントのロシアンブルーを繁殖させることも、可能なのです。

ロシアンブルーブルーポイント生まれたては真っ白

白い子猫

ロシアンブルーのブルーポイントの猫は、生まれた時は真っ白な被毛をしています。ブルーポイントが出てくるのは、生後約1週間後。温度が低い鼻先や耳などに、ブルーポイントの色が付いていきます。

ロシアンブルーのアルビノ

ロシアンブルーのブルーポイントは稀に生まれる色素を持たない「アルビノ」と混同される事があるのですが、ロシアンブルーのブルーポイントアルビノとは違います。アルビノの場合目が赤いので、すぐに分かるでしょう。

ロシアンブルーのホワイトは産まれない

また、遺伝子的にロシアンブルーのホワイトが生まれる事はありえないため、生まれてきた子猫が真っ白の場合、ブルーポイントかアルビノか、どちらかという事になります。

ロシアンブルーのブルーポイントと出会うには?

青い目の子猫

ブルーポイントのロシアンブルーに出会うには、ブリーダーやペットショップ、または里親になる方法があります。どちらにしてもブルーポイントのロシアンブルーは珍しいので、それほど個体数がいる訳ではありません。

情報が出たらすぐに問い合わせなどをしないと、飼い主さんが決まってしまう可能性があります。もしブルーポイントのロシアンブルーを見かけたら、即アクションしましょう。以下は、ブルーポイントのロシアンブルーと出会える可能性がある場所です。

ロイヤルキャットブリーダー

http://royalcat.jp/
埼玉県にある猫専門のブリーダーです。時期によってはブルーポイントのロシアンブルーの子猫が掲載されていないこともありますが、問い合わせてみましょう。次回の繁殖や出産予定などを、教えてくれるかも知れません。こちらのブリーダーさんでも、ブルーポイントの仔はすぐに飼い主さんが決まってしまうようですので、お早めの問い合わせをお勧め致します。

ペットショップ ワンラブ

https://www.pet-onelove.com/
有限会社ワンラブが経営する、ペットショップです。全国に100店舗以上展開していますので、お近くにも、ショップがあるかもしれません。稀にロシアンブルーのブルーポイントの子猫が販売されています。インターネットでもチェック出来ますから、ぜひ探してみてください。

ペットのおうち

http://www.pet-home.jp/
飼い主のいない猫などの里親を募集するサイトです。月間利用者が150万人という日本最大のペットコミュニティサイトですので、ブルーポイントのロシアンブルーの里親募集情報が掲載される可能性があります。

ただ、かなり稀だと思われますので、出会えたらかなり幸運でしょう。すぐに問い合わせをしないときっと、他に里親さんが決まってしまいそうです。

ロシアンブルーのブルーポイントのお値段

顔がブルーの子猫

ロシアンブルーのブルーポイントの子猫は、どのくらいのお値段なのでしょう?ロシアンブルーのブルーポイントの大体の目安ですが、20万円台が相場のようです。本来なら、ロシアンブルーのブルーポイントはミスカラーなので、通常のロシアンブルーよりも安価に販売されるべきなのでしょうが、ロシアンブルーのブルーポイントは人気があるため、あまり価格差はないようです。

逆に、ロシアンブルーのブルーポイントは珍しいカラー、という事を売りにしているところもあります。

厳格なスタンダードにこだわるロシアンブルーのブリーダーさんにとったら、このような傾向は望ましくないのでしょうが、珍しいので扱うという考えのブリーダーやペットショップは、少なくないようです。

まとめ

顔がブルーの子猫

シャム猫のようなエレガントな被毛と、静かで愛情深いロシアンブルーの気質を持った、ブルーポイントのロシアンブルー。

厳密に言えばロシアンブルーとは言えないものの、その珍しさも手伝って、人気があるのも分かります。

ブルーポイントのロシアンブルーと出会えたら、かなりラッキーなのではないでしょうか?ブルーポイントの遺伝子を持ったロシアンブルーがいるブリーダーやキャッテリーを見つければ、出会える可能性はあります。

ご紹介した以外にも、良質なブルーポイントのロシアンブルーを育てているブリーダーはいるでしょうから、もし欲しい場合は、探してみると良いですね!

40代 女性 はつね

ロシアンブルーのブルーポイント初めて知りました。珍しいのですね。実家にもロシアンブルーの親子がいますがブルーポイントは産まれませんでした。ブルーポイントの保護猫も扱っている団体もあるので、そちらからの紹介で飼いはじめることができるそうですね。うちのロシアンブルーは、子猫ちゃんはオスとメスが半々でしたので飼いたいと言うかたも多く里親さんがすぐに決まりそうです。ブルーポイントは珍しいので、特に里親さんも決まるのでしょうね。どちらにしろどの、猫ちゃんも幸せに暮らして欲しいし可愛がって大切にしてもらえる生活が送れるといいですね。

40代 女性 のりちゃん

ロシアンブルーのブルーポイントは、祖母が飼っていたロシアンブルーが産んだ中に2匹混ざっていました。その2匹は祖母が飼い続けていました。とても、頭がいいし人懐っこいので大好きでした。が、腎臓の病気になりまして入退院を繰り返しました。点滴もあまり効かなくてどうなるかと思いましたが、結局は手術を受けたことで快方に向かいました。術後も元気で安心しました。
先天的な病だったのですが、幸い手術が可能でしたので助かりました。ロシアンブルーもよく頑張りました。退院してくると、他の猫ちゃんともよく遊びました。性格が良かったので猫ちゃん同士も仲良く過ごしていました。
手術のあとは、腎臓の病気が重くなることなく過ごせていたので良かったなと思いました。
人気のキーワード