ロシアンブルーの里親になる方法とその準備

ロシアンブルーの里親になる方法とその準備

ロシアンブルーは通称「サイレントキャット」と呼ばれるほど大人しく穏やかな猫であるのと同時に優雅で気品漂う姿がとても魅力的です。そんなロシアンブルーを里親として迎え入れる方法は?今回はそんなロシアンブルーの里親についてご紹介します。

1189view

ロシアンブルーを里親として迎え入れる方法

寝そべるロシアンブルーの子猫

里親とは?

ロシアンブルーを迎え入れるとき、普通だとペットショップやブリーダー、キャッテリーなどからロシアンブルーの子猫を探して迎え入れる方法を考えるかたが多いと思います。しかし、その選択肢の他に「里親としてロシアンブルーを迎え入れる方法」があることをご存知の方は少ないかも知れません。

里親とは、事情があって飼えなくなった猫や望まぬ妊娠、出産により生まれてしまった子猫を飼い主または保護団体が責任を持って飼ってくれる人を探す方法です。

里親制度を使いロシアンブルーを探す方法

里親制度を利用する方法は様々存在します。

  • 各地にある猫の保護団体に問い合わせる
  • WEBサイトを利用する
  • 地域情報紙のペット欄を見る
  • SNSなど、個人で里親を募集している方と連絡を取る

一般的にはこの4つの方法があります。雑種の猫の里親募集は数多く存在しますが、ロシアンブルーに限った募集となるとタイミングよく里親募集があればいいですが、なかなか少なくなっています。さらに、運よく募集があったとしても純潔種の猫は大変人気のためすぐに応募しないと先に里親が決まってしまう可能性もあります。地域の情報紙のペット欄を小まめにチェックし、ネットやSNSでロシアンブルーの里親募集がないかも合わせてチェックしておきましょう。

ロシアンブルーを探せるおすすめの里親募集サイト

こちらを見ているロシアンブルー

ペットのおうち

http://www.pet-home.jp/cats/

本当の里親を待っている猫ちゃんがたくさん掲載されています。雑種が多いですが、ロシアンブルーなどの純潔種の猫ちゃんも時々募集されます。また、ロシアンブルーっぽい猫ちゃんもたくさんいますので、ロシアンブルーっぽい猫ちゃんが欲しいなら是非チェックを!

ジモティー

https://jmty.jp/s/all/pet-cat

「♪~地元の掲示板、ジモティー」のCMでお馴染みのジモティーも実はペット欄が存在します。全国各地の情報が掲載されているので、数も多くロシアンブルーの他にも運命的な猫ちゃんと出会える可能性が高いです。

ネコジルシ

https://www.neko-jirushi.com/foster/

成猫も子猫もたくさん掲載されています。ロシアンブルーなどの純潔種の場合、子猫の募集は少なく飼い主の事情で飼えなくなった成猫が多く里親募集される傾向があります。成猫のほうが落ち着いていて飼いやすいという話もあるので、どうしてもロシアンブルーが欲しい方は成猫も視野に入れて探しましょう。

ロシアンブルーを里親として迎え入れる準備

ブランケットをかぶったロシアンブルー

ロシアンブルーに限らず猫を里親として迎え入れる前に、先ずは何をすればいいのかチェック項目や準備~迎え入れるまでをご説明します。

1.猫を飼える環境か考える

今世間は空前の猫ブーム。このブームに乗り流行りだからとかSNSの為だとか、そういった理由で簡単に猫を飼い思っていたのと違う、お金がかかる、世話が面倒臭い、旅行に行けない、ペット不可のマンションで猫を飼っているのがバレた、引っ越し、結婚する相手が猫嫌い、といった身勝手な理由で簡単に猫を捨てる許しがたい人が増えています。

世の中そんな里親ばかりとは言いませんが、そんなひどいことをする人がいることも事実です。動物は物ではありません。猫の為にも里親となる貴方の為にも、いまいちどそのロシアンブルーを迎え入れて最後まで責任を持って飼えるのか考えてみてください。

2.健康管理をマメにチェック出来るか

ロシアンブルーの日々の健康管理を怠ってはいけいけません。ワクチン接種の他に、少しでも異変があった場合病院に連れて行くことも必要ですし、体調によってエサも良いものを与えなければならない可能性もあります。体重管理も肥満にならないように考えなければなりません。経済面や猫にかける労力などをしっかり把握しておきましょう。

3.ロシアンブルーを飼うにあたって必要なものを把握し、場合によっては揃える

ロシアンブルーに限らず猫を飼う場合、事前に身の回りの物を揃える必要があります。猫トイレ、エサ、水入り、冷暖房グッズ、おもちゃ、キャットタワー、ケージなど。例をあげたらきりがありません。事前に何が必要で必要ではないか、部屋の間取りと相談して用意するものの値段などを把握しておきましょう。

4.ロシアンブルーの生態や飼い方などを調べておく

ロシアンブルーはとても可愛らしいの猫なので、近年でも人気がありますね。しかしロシアンブルーは警戒心が強く、凶暴化しやすい猫とも言われています。ロシアンブルーの性格や習性、傾向などについては一通り調べた上で飼い始める必要があります。理想のロシアンブルーと現実のロシアンブルーにギャップを感じないようにしておきましょうね。

このようにロシアンブルーに限らず、購入を考えている猫種がご自身の生活スタイルとマッチしているか事前にしっかりと調べることは大切なのです。

ロシアンブルーを里親として迎えるメリットとデメリット

ロシアンブルーの顔アップ

通常ペットショップから購入する場合が多いロシアンブルーですが、里親制度を使うことによるメリット・デメリットが存在します。もちろん、ペットショップやブリーダーから購入する場合もメリット・デメリットはそれぞれ存在しますので、ご自身の希望にあう方法でロシアンブルーを迎え入れて下さい。

里親制度を使うメリット

  • ロシアンブルーの生体費用が抑えられる
  • 殺処分や飼い主のいない猫達を救うことができる

ロシアンブルーを購入する場合、通常ですと10万~15万円程の費用がかかりますが、里親制度を利用すると原則生体代は無料となります。その代わり、それまでに掛かったワクチンや去勢代はお支払いすることになるのがほとんどです。しかし、それも2万~4万程度(それまでに病気などで通院していた場合別途かかる場合が希にあります)なので、とてもリーズナブルです。

また里親制度は、飼い主の事情で飼えなくなった猫や捨て猫、廃業したブリーダーから引き取られた猫、保健所から救い出された猫など人間の都合で命の危機に瀕している子、奇跡的に保健所の殺処分直前から救い出された猫など様々です。里親制度を利用することにより、そんな失われる命を救うことが出来るとても素晴らしい制度です。

里親制度を使うデメリット

  • 血統書がつかない
  • 利用する団体や個人によっては、子猫の健康管理を怠り感染症などに掛かっている子猫を紹介される
  • 里親になる為の審査が厳しい

血統書はもちろんですが、その猫の血統や出生が分かっていないと猫血統団体により発行されません。里親募集にかけられている猫は大半が個人や保護団体なのでその血統が定かではないことがほとんどです。どうしても血統書付きのロシアンブルーが欲しい場合は、ペットショップやブリーダーから直接購入するのがいいでしょう。

血統書などいらない方なら是非里親制度を使ってロシアンブルーを探してみてください。その際は、譲り受ける個人や団体に子猫の健康状態やワクチン接種の状況などを事前に聞いてみることをおすすめします。と、いうのも稀にですが記載してある健康状態とは異なる場合があるので、せっかく譲り受けたロシアンブルーの健康状態が悪くて残念な結果になった。なんてことになったら悲しいですよね?通院状況やワクチン接種の状況などはしっかりと確認をしてください。

また里親になるためには事前に審査が入ることが多いです。これは、せっかく譲ったロシアンブルーを無責任に捨てる里親や自分の快楽の為に無慈悲に虐待する里親などが残念ながら存在するからです。

里親に出されるロシアンブルーが、この先不自由なく幸せになれるか?また不幸な目に合わないか?この里親は無責任な人じゃないか?猫を養える経済力はあるのか?尊い命を守るために審査は行われますので、里親制度を利用する方はこの審査の意味を理解して頂きもういちど大切な命を最後まで責任を持てるのか考えてみてください。

まとめ

おもちゃと遊ぶロシアンブルー

今回はロシアンブルーを里親制度を使って迎え入れる方法についてご紹介しました。里親制度は猫を救える制度であり、リーズナブルに愛猫との暮らしを手に入れられ素晴らしい制度です。皆様もロシアンブルーを飼う場合も、それ以外の猫を飼う場合でも、ペットショップに行く前に一度里親制度を利用することを是非考えてみてください。

人気のキーワード