ブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダーやショップを紹介

ブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダーやショップを紹介

ブリティッシュショートヘアはどこで販売されているのでしょうか。高貴な雰囲気と可愛らしさが魅力のブリティッシュショートヘアを飼いたいと考えている方も多いと思います。この記事ではブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダーやキャッテリー、ショップの紹介とあわせて、良い販売元の見分けをご紹介します。

311view

ブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダー、キャッテリー

何かを見つめるブリティッシュショートヘアの顔アップ

東郷正史ブリーダー

ブリティッシュショートヘアを販売している関西のキャッテリーです。衛生面と健康面を一番に考え、十分な管理が出来るよう数頭のみでブリーディングをおこなっています。

ブリティッシュショートヘアの母体に無理がかからないよう、計画的なブリーディングをしているため常時子猫がいるわけではありませんが、その分たっぷりの愛情をこめて作出しています。

高橋信喜ブリーダー

関東でブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダーです。テレビ番組で紹介されたこともあるブリーダーで、親猫の中には数々のキャットショーでチャンピオンに輝いたブリティッシュショートヘアたちが存在しています。

2階建ての一軒家をキャッテリーとして開放しており、親猫は快適な環境の中でのびのび過ごしています。

権田昌弘ブリーダー

ブリーダー検索サイトにおいて、総合評価が大変高いブリーダーです。健康なブリティッシュショートヘアを作出販売するため、親猫の徹底的な健康管理と年に数回の健康診断をおこなっています。

猫舎と動物病院が同じ敷地内にあり、ブリーダーと獣医師との連携がしっかりされている点もこのブリーダーの特徴です。ブリーディングは健康な母体に限定し、1年に1〜2回の繁殖に留めて母猫を大切に管理しています。

ブリティッシュショートヘアを販売しているペットショップ

片手を上げているブリティッシュショートヘアの子猫

Coo&RIKU

「Coo&RIKU」は、全国150店舗を構えているペットショップです。扱っている猫はすべて血統書付きで、現在200頭ほどのブリティッシュショートヘアを販売しています。自社のブリーディング施設を持っており、ワクチン接種や歯のかみ合わせチェックなど、ペットの健康管理に取り組んでいます。

ペットショップ ワンラブ

愛知県名古屋市を拠点とする大手ペットショップです。大型ショッピングモールに入っている店舗を含め全国100箇所以上のショップがあり、販売されている猫の数や種類も豊富です。

他店舗で販売されている猫の情報も公開しているので、理想のブリティッシュショートヘアに出会えるチャンスが多いかもしれません。気に入った子が見つかった場合は最寄りのショップに転送してもらうこともできます。

ペットの専門店コジマ

関東地区を中心に展開しており、現在約60匹以上のブリティッシュショートヘアを販売しているペットショップです。こちらのショップはペットから遺伝子病がなくなることを目指し、販売する動物たちに遺伝子病検査をおこなっています。

良いブリティッシュショートヘアの販売元を見分けるには

同じ方向を見つめる4匹のブリティッシュショートヘアの子猫

法律上必要な登録や届け出をしている

猫のブリーダーとして活動するために必要な届け出がされているか、資格があるかを確認しましょう。「動物取扱業の登録」と「動物取扱責任者」の資格がない人はブリーダーとしては認められていません。

資格などの有無はホームページでも確認できます。活動拠点の住所が記載されているかについても、あわせて確認しましょう。資格や住所の記載、経歴などはブリーダーの身元を証明するものです。これらを明記しているかどうかは、良いブリティッシュショートヘアの販売者を見分ける基本の方法となります。

猫舎を見学する

販売元となるブリーダーの猫舎を見学させてもらい、環境を確かめてみましょう。良いブリーダーであれば、猫舎や猫の様子を見学したいという申し出を大抵は快諾してくれます。

電話やメールでお願いしても見学を断られる場合、飼育環境が不衛生であったり劣悪であったりする可能性も考えられます。ブリティッシュショートヘアを金銭重視でブリーディングしていないか、しっかりと見極めることが大切です。

猫の健康管理をしっかりしているか確認する

猫の健康状態をきちんと管理しているところは良い販売元と言えます。ホームページなどでどのような健康管理をしているか調べてみましょう。

猫は伝染病にかかりやすいため、ワクチンの接種が必要です。子猫のワクチン接種は生後2か月以降と定められているので、月齢とあわせて接種済であるかも確認しておきましょう。

母猫の母体保護のためヒート(発情)のたびに交配することをせず、親猫の負担を減らしているブリーダーも猫の健康に配慮していると言えます。親猫となるブリティッシュショートヘアの飼育頭数を制限し、一匹一匹に目を配っているかどうかも良い販売元を見極める基準となるでしょう。

ブリーダーの人柄を知る 

ブリーダーの人柄を知ることも良い販売元を見分ける基準になります。猫を譲り受ける前にブログなどを読んだり、メールなどで何度かやり取りしてみたりすると良いでしょう。

ブログやホームページでは、猫の様子だけでなくブリーダーの猫に対する愛情や熱意など、人柄を垣間見ることができます。電話やメールでやり取りしているうちにわかることもあるでしょう。

キャッテリーを探す

ブリーダーの中には「キャッテリー」の認定を受けている人が存在します。キャッテリーとはブリーダーと同じ猫の繫殖家ですが、世界最大の登録機関であるTICAやCFAから正式に認定を受けて登録している人を指します。

キャッテリーには厳しい基準をクリアした人のみが登録されているので、良いブリティッシュショートヘアの販売元を探す際の目安にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ブリティッシュショートヘアを抱っこしている笑顔の男の子

ブリティッシュショートヘアはおとなしくて賢い性格をしているため、1人暮らしや集合住宅などでも飼いやすい猫と言われています。人気の猫種のため、取り扱っているブリーダーやペットショップも多数あり、出会うチャンスには困らないでしょう。

ブリティッシュショートヘアを飼いたいと考えている方にとって、良い販売元を見極めることは非常に大切です。今回の記事を参考にして、優良な販売元から理想のブリティッシュショートヘアを探してみてくださいね。