ハチワレのブリティッシュショートヘアがかわいい!柄の特徴を写真でみてみよう

ハチワレのブリティッシュショートヘアがかわいい!柄の特徴を写真でみてみよう

ブリティッシュショートヘアの中でも、ハチワレ模様が入っている子を飼いたいという方もいるのではないでしょうか?ハチワレは日本だけでなく海外でも人気の模様です。今回の記事では、ハチワレのブリティッシュショートヘアに多く見られる特徴と迎え入れるための方法、ハチワレがかわいいブリティッシュショートヘアの画像をまとめてご紹介します。

595view

ブリティッシュショートヘアにハチワレはいる?

ハチワレのブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアにもハチワレはいます。「ハチワレ」とは、額に八の字に入った模様を指し、「八」が末広がりのかたちであることから縁起がよいと言われている模様です。

ブリティッシュショートヘア自体にブルーが多いため、白い体にブルーのハチワレ模様が入ったタイプがよく見られます。しかし異種交配の過程によってさまざまな毛色を取り込んでいるため、ほとんどの色があらわれるでしょう。

他にもクリーム系やブラック系のハチワレ模様が入ったブリティッシュショートヘアも生まれており、中には「キャリコ」と呼ばれる三毛のハチワレ模様が入った珍しい子もいます。

ブリティッシュショートヘアといえば、上品なブルー系の毛色をイメージされる方が多いのではないでしょうか。実際に一時期はブルーの毛色ばかりが目立ったことから「ブリティッシュブルー」とも呼ばれていました。

ブリティッシュショートヘアを代表する毛色と称されるブルーは、やや青みがかったグレーで、シルバーのような淡い光沢があります。

ハチワレのブリティッシュショートヘアに多い特徴

賢くて繊細な性格

緑のケースの中でくつろぐハチワレ猫

もともとブリティッシュショートヘアは穏やかで賢い性格です。自立心が高いので、ほとんど無駄鳴きをしません。ハチワレ模様を持つブリティッシュショートヘアの体は、白い部分がベースとなっているので、ブリティッシュショートヘアの基本的な性格に加えて白猫によく見られる性格も入ってきます。

一般的に、白い被毛を持つ猫は繊細な性格で、警戒心が強いと言われています。白い被毛の占める割合が大きくなるほど、より神経質な性格があらわれやすいでしょう。

靴下模様が入ることがある

ペットボトルのキャップで遊ぶハチワレ猫

ハチワレのブリティッシュショートヘアの中には、額のハチワレ模様とあわせて足先に白い模様があらわれる子もいます。白い靴下を履いているように見えることから、日本では「靴下猫」と親しまれている人気の模様です。海外ではこの模様を「ソックス」と呼び、かの有名な童話「長靴をはいた猫」は、靴下模様のブリティッシュショートヘアがモデルになったと言われています。

白い模様が入っている位置によって、靴下の長さに例えて「足袋タイプ」「ソックスタイプ」「ニーハイタイプ」と表現され、ハチワレ模様と同じく、猫によって少しずつ模様に差があります。片足の先だけ靴下をはいていたり、左右で長さが違っていたりとそれぞれの個性を楽しみましょう。

マズルにひげ模様がある子も

何かを真剣に見つめるハチワレ猫

ハチワレのブリティッシュショートヘアの中には、鼻の近くに「おひげ」と呼ばれるぶち模様があらわれる子もいます。顔の部分はハチワレ模様以外、通常真っ白の被毛である場合が多いのですが、時折小さな模様が見られます。その猫が持つ、他の猫とは違う個性とも言えるでしょう。

ハチワレ模様は、入る位置によってカツラをかぶっているようにも見えます。ひげ模様と組み合わされば、ますます個性が引き立ちそうですね。

成長とともに模様が変化する

眠そうにこちらを見上げる子猫

ハチワレのブリティッシュショートヘアには、成長する過程で模様が変化していく子もいます。体が大きくなるにつれて、模様の位置や形が変化していくのは自然なことかもしれません。模様だけでなくハチワレ部分の毛色が薄くなったり、反対にコントラストがはっきりとしてきたり、変化の度合いやタイミングは猫によってさまざまです。

また、子猫のときにまだはっきりと模様があらわれておらず、ハチワレと知らずに購入していたという方もいます。すでに成猫であっても、顔周りに複数の色が入っているとハチワレ模様だと気づかれないケースもあるようです。猫との出会いは一期一会なので、模様の変化も飼い主が味わえる楽しみのひとつかもしれませんね。

かわいいハチワレのブリティッシュショートヘア

ダンボールに入ったハチワレのブリティッシュショートヘア

段ボール箱に入ってくつろぐハチワレ猫

ブリティッシュショートヘアのこむぎちゃんが、ダンボールに入ってこちらを振り返っています。瞳の色は銅色とも表現されるカッパーです。ブルーのハチワレ模様が日差しを浴びて、光沢を放っていますね。

旅好き?なハチワレのブリティッシュショートヘア

雑誌の上に手を乗せるハチワレの猫

1歳のルークくんは男の子のブリティッシュショートヘアです。左右対称のきれいなハチワレと、薄いグリーンに見える瞳が凛とした雰囲気を放っていますね。旅行ガイドの雑誌に手を乗せるルークくんについて「飛騨高山をオススメ」のコメントに、思わずクスッと笑ってしまいます。

凛と佇むハチワレのブリティッシュショートヘア

マットの上に座ってこちらを見つめる猫

のんちゃんは3.2kgのスラリとした体型の女の子です。被毛はブラックと、薄いブルーもしくはブラウンの2色が入っているように見えます。瞳の色はカッパーのようにやや褐色がかった色をしています。

おやつを食べるハチワレのブリティッシュショートヘア

飼い主からおやつをもらっている猫

にぼしちゃんという名前のブリティッシュショートヘアが、大好きなおやつをカミカミしているシーンです。鼻先まで真っ白い被毛に覆われていますが、ブルーのハチワレ模様がくっきりと入っています。

狭い所が好きなハチワレのブリティッシュショートヘア

猫用のハウスから顔を出すハチワレ猫

1歳のブリティッシュショートヘア、チョウサイくんが箱の隙間からこちらの様子を伺っています。目を大きく見開いて、びっくりしているようにも見えますね。上唇の方は白く、下唇からあごにかけてと、ハチワレの部分はブルーの被毛で覆われています。

甘えん坊なハチワレのブリティッシュショートヘア

魚のクッションを抱きしめている猫

2歳になるブリティッシュショートヘアのここあちゃんが、魚のモチーフのクッションを抱きかかえている場面です。4頭いる中の末っ子ということで、甘えているようなポーズが猫好きのハートをくすぐります。ハチワレの色はブルーですが耳の端はピンク色をしていますね。

まったりなハチワレのブリティッシュショートヘア

ボウル型の爪研ぎの中で眠っている猫

ハチワレ模様のコントラストがきれいなブルー&ホワイトのブリティッシュショートヘアです。抱っこが嫌いなのだそうで、ボウル型の爪とぎ器に入っています。よほど居心地がよいのでしょう。リラックスするあまり白目を向いてしまっていますね。

ハチワレ模様がかわいいブリティッシュショートヘアについてご紹介しました。毛色や性格には個体差があり、それぞれ唯一無二の存在です。今回の情報も踏まえて、ぜひお気に入りのブリティッシュショートヘアを探してみてはいかがでしょうか。

ブリティッシュショートヘアのハチワレをお迎えするには?

生まれたてのブリティッシュショートヘアの子猫

ペットショップ

「Coo&RIKU」全国に店舗を構えるペットショップです。ホームページには、単色タイプに混じってハチワレ模様が入ったブリティッシュショートヘアの情報が登録されています。平均価格は税抜で10万~16万円程度です。フードを定期購入すると、迎え入れる際の費用が半額になるキャンペーンもおこなっています。

全国に展開するコジマは、ショッピングセンターの「アリオ」にも出店しているペットショップです。ホームページではブルー&ホワイト、クリーム&ホワイト、ダイリュートキャリコなどのハチワレ模様が入ったブリティッシュショートヘアの生体情報を公開しています。価格は約15万~38万円と、毛色や模様の入り方によってさまざまです。

ブリーダー

渡辺恭子ブリーダー

渡辺恭子ブリーダー

千葉県野田市で子犬と子猫の繁殖、育成をおこなっているブリーダーです。2019年の7月18日には、ブルー&ホワイトのハチワレ模様が入ったかわいいブリティッシュショートヘアが2匹誕生しました。2匹はどちらも女の子で、価格は税別18万円ほどです。インスタグラムやフェイスブックでも猫たちの様子を公開しているので、ぜひチェックしてはいかがでしょうか。

堂脇智美ブリーダー

鹿児島県でブリティッシュショートヘアとスコティッシュフォールドを専門に扱うキャッテリーで、全国への出張対応が可能だそうです。2019年の6月23日には、ハチワレ模様が入ったクリームタビー&ホワイトのブリティッシュショートヘアが誕生しました。価格は税込で16万円ほどです。

里親

ネコジルシ

ネコジルシは保護猫や事情によって飼えなくなった猫のために、里親募集の場を提供しています。里親を募集しているブリティッシュショートヘアの中にも、ハチワレ模様が入った子がいますよ。基本的に無料で迎え入れることができますが、ワクチン接種が必要な場合や直接受け渡しをするための交通費などは自己負担です。

スポンサーリンク