猫が飼い主のことを嫌いになった時にする行動4つ

猫が飼い主のことを嫌いになった時にする行動4つ

愛猫に嫌がられるなんて考えたく無い事ですが、何か大変な事がきっかけで嫌われてしまうかもしれません、嫌われた時には哀しく焦りもするでしょう。愛猫の様子から嫌がられているのかいないのか考えてみたいと思います。

52213view

1. 飼い主を無視する

不機嫌な猫

猫が飼い主に興味を無くした時は、ずばり飼い主の存在を無視し始めるでしょう。名前を呼べばすぐ側に来ていたのに来ない、帰宅したときはスリスリしたり、走りながら迎えに来てくれていたのに来ないなど、愛猫からの積極的で友好的な行為が少なくなるでしょう。

何らかの理由で、愛猫が飼い主とコミュニケーションを取りたくなくなっているので、飼い主からの問いかけに応えなくなります。

2. 隠れて姿を見せなくなる

隠れる子猫

いつもは飼い主の側で寛いでいた愛猫の姿が見えなくなり、普段は入らないような隙間やベッドの下に入ってしまい、飼い主の触る事が出来ない距離からこちらを見ているでしょう。

飼い主を見ているのに名前を呼んでも返事をしてくれない、触ろうと手を伸ばすとますます奥へ行ってしまうのも、飼い主に興味の無くなった時に出る愛猫の行動でしょう。

3. 飼い主に威嚇をする

怒る猫

飼い主がコミュニケーションをするために愛猫の身体に触れたり撫でたりすると「シャー!」「ハー!」「ウー!」と威嚇されたり攻撃されたりします。今までにない愛猫の様子に飼い主もびっくりしますが、無理に触れ続けると本気で噛み付かれたり、引っ掻かれたりしますので、用心しなければなりません。

4. ご飯を飼い主の側で食べなくなる

ご飯を前に見上げる猫

飼い主を嫌いになった時に分かりやすいのが、愛猫の食事での様子でしょう。飼い主が側にいるとご飯を食べないのであれば、何か気に入らない事があるのは間違いありません。

今まで飼い主の手から食べていたり、飼い主にスリスリしながらご飯をねだっていたのは飼い主が安全な自分の縄張りだからです。食べている時は無防備な状態なので、飼い主がいてリラックスできていないと食べる事を止めてしまいます。

お皿に入れたまま飼い主が席を外しても食べないのであれば、かなり問題です。

まとめ

まろんくりーむ

猫が飼い主のことを嫌いになった時にする行動4つについてお伝え致しました。怒りの矛先が飼い主自身なのか、飼い主の環境要因なのかで嫌われ方も違うようです。

愛猫と行き違いがあったとしても解決方法をすぐに見いだせば大事にはならないと思います。愛猫との距離を保ちつつ素敵な共同ライフをお過ごしくださいね!

女性 匿名

嫌われたというより、体調不良や病気の可能性がありそうだと思ってしまいました。
特に2

女性 匿名

まずは体調が悪いのかを疑うべきです。
具合が悪い時にする行動ですよ。

女性 匿名

こんな犬のように懐っこい猫なんて、そんなにいるのかな。
無視や撫でくりからの唐突な攻撃は通常で、猫のエピソードや飼い猫の漫画でよく出されてるけど。
てか、飼ってた犬にも無視されてたわ〜

50代以上 女性 匿名

嫌われたかな?でなく、何か病気や怪我していないか心配する症状だと思うが。

30代 女性 匿名

隠れるなんて具合いが悪すぎて死を覚悟した時にする行動である場合があるのでくよくよしてる暇があったら病院へ行った方がいいかもね。
ご飯食べないのも要警戒。
猫は病気を隠すスペシャリスト。

40代 女性 匿名

姉妹の猫をかっています。あんなに仲が良かったのに ケンカして、別々に 帰って、ごはんを食べたら、逃げるように出てしまいます。元のように なって 一緒に暮らせる日が来るのでしようか?

スポンサーリンク