人間が猫を必要とする理由

人間が猫を必要とする理由

猫は野生でも生きていけるので、特に人間を必要としているわけではありません。しかし、人間は猫とは対照的に猫を求める傾向がとても強く見られます。では何故人間は猫を求めてペットにするのでしょうか。詳しく見ていきます。

1128view

セラピーアニマルとして優秀

子供と寝る猫

猫は普段は素っ気ないですが、飼い主の気持ちが沈んでいると側に寄り添ってくれます。犬は飼い主を励まそうと動か事が多いですが、猫は飼い主の気が済むまで悲しみに浸る時間に付き合ってくれます。悲しんでいる飼い主に対して、何か働きかけるわけではありませんが一緒に悲しみを共有してくれる姿に人間は感動を覚えるのです。

また、猫は存在そのものがとても可愛らしい存在です。動物の中でダントツに目が大きく肉球なども可愛らしいです。そんな猫の魅力に取り憑かれた飼い主は情緒面だけでなく、猫の愛らしさや可愛らしさに触れて一時的な不安やストレスを解消する事ができます。したがって、猫は飼い主の気持ちが沈んだ時だけではなく日頃のストレス発散にも一役買っている優秀なセラピーアニマルだという事になります。犬とは飼い主の心を救う手段が異なりますが、猫も人間の心を安定させられる能力を持っていると考えます。

より強い幸福感を感じられる

男性と猫

猫と一緒にいると他のペット動物とは違って、より強い幸福感を感じる事ができると言われています。何故なら、猫の方が飼い主に優しくされたり可愛がってくれた事を感謝しているからです。猫は犬と異なり無愛想で、飼い主がチヤホヤしようがしまいが関係ないと考えられていますが実際はそうではありません。猫はきちんと飼い主が親切にしてくれた事を覚えています。

そして、その恩義に報いたいと考え行動を起こします。飼い主に甘えたり、コミュニケーションを取ろうとしたりご主人様により楽しんでもらえるように猫は頑張りを見せるのです。そのため、猫を飼っていると恋人といるような満足感と幸福感に包まれると言われています。特に女性は猫を恋人のように扱う人も多く、溺愛する傾向が強いです。犬のように分かりやすい愛情表現はしない猫ですが、決して無愛想ではなくむしろ飼い主の事をとても大切に考えているのだと断定できます。

猫は子供の親友になってくれる

女性と寝る猫

意外な事に猫は子供の良い友達になってくれると言います。猫を飼っている家庭では、80パーセント以上の子供が、1日の出来事を真っ先に猫に話すというデータが取れました。つまり、子供にとって猫は家族であり兄弟でありそして親友になり得る存在なのです。昔から猫は人間の友達にはなれないと言われてきましたが、そんな事はありません。

長い間人間と共に暮らしていれば、自然と人間に気を許してくれるようになります。また、猫と暮らしている子供は不登校になりにくいといった報告や病気になりにくいという研究結果も報告されています。これは、猫が家庭にいる事によって小さな子供の精神的な支えになっている事を明確に示していると言えます。

更に動物と一緒に暮らす事によって免疫力が高まるので、丈夫になりやすいという研究結果はいくつも発表されています。したがって、猫は子供にとって必要不可欠な存在であると言えます。それだけではなく、子供の親にとっても育児の強力な助っ人として頼りになる存在となります。

まとめ

あごを撫でられる猫

人間が猫を必要とする理由は様々ありますが、最も大きな理由は精神的な支えになるからだと言えるでしょう。猫の存在に大人から子供までが心を癒されるため、猫の人気は衰えないのです。しかし、猫にとって無償の愛は存在しません。そのため猫に対して愛情を示さなかったら、猫も飼い主に対してドライな態度を取る傾向があります。なので、猫のヒーリング効果を実感するためにはまず飼い主の方が猫に親切にしてあげる必要があります。犬とは違ったアプローチで人間を癒してくれる猫を、今後も大切にしていって下さい。

スポンサーリンク