猫がする最上級の『甘え行動』5選

猫がする最上級の『甘え行動』5選

猫と一緒に暮らしていると分かりますが、意外と甘えん坊な生き物でもあります。一見ツンツンとしているように見えても、実は甘えん坊で、心許した人にはとことん甘える場合も多々あります。そんな隠れ甘えん坊の猫が見せてくれる最上級の甘え、どんな行動で表しているのでしょうか?

15838view

1. ふみふみ

ふみふみ

前足を交互にグーパーして、飼い主さんのお腹や毛布などを、ふみふみ…。子猫気分を思い出し、母猫に甘える時の行動です。これを最上級の甘えと言わずして、何と言いましょうか。

子猫が行うのはもちろんですが、成猫も寝る前などに良く行います。大抵は甘えられる対象となる、飼い主さんに対してか側で行うことが多いでしょう。飼い主さんでふみふみする時は、柔らかいお腹で行うことが多いようですが、なぜそこがぷよぷよなことを、知っているのか不思議です。

2. しっぽを立てる

しっぽ

大好きな人を見た時、猫のしっぽはピンと立ち上がります。猫があなたの存在に気がついた時、良くしっぽの動きを観察してみましょう。ピンとなれば、大好きで甘えている証拠。そうでなければ…

深く考えるのは避けますが、猫のしっぽを観察していると、色々なことが良く分かります。願わくば猫のしっぽがピンと立つ人になりたいですね!

3. お腹を見せる

お腹

お腹を見せてくるのは、相当甘えていると思って良いでしょう。なぜなら猫のお腹は急所であり、そこを傷つけられたら命に関わるからです。

猫がお腹を見せるのは、信頼していて甘えているからです。「この人にゃら、見せても大丈夫にゃ!」と猫が思っているからこそ、無防備に見せてくれるのです。でも、触られるのはイマイチのようなので、鑑賞だけにしておいた方が良いかもしれません。

4. 膝の上に乗る

膝

猫が膝の上に乗ってくる場合、極上の甘え表現だと思って良いのではないでしょうか?危険そうな人の膝には乗らないでしょうし、気を許していなければ、そこまで近づくことはないでしょう。

まぁ猫の場合、暖を取りたくて膝に乗る場合も多々ありますが、甘えられるほどに信頼している人でないと乗ることはないはずです。

5. スリスリする

スリスリ

猫のスリスリにはいくつかの意味があるのですが、甘えたい時にスリスリしてくることも多いです。「構ってにゃん。撫でてにゃん。」とスリスリしてきたら、猫が満足するまで撫でてあげてください。嬉しそうな可愛い猫の顔が、見られますよ!

まとめ

かい

猫が甘える行動は、他にもたくさんあります。その猫によっても、個性的な甘え方があるのではないでしょうか?探してあげてくださいね!猫とより仲良くなれる、チャンスです。

スポンサーリンク