猫が飼い主へ見せる「不安」が「安心」に変わる5つの行動

猫が飼い主へ見せる「不安」が「安心」に変わる5つの行動

猫は不安になったり安心したりしているようです。こういう感情になるのは、飼い主さんの事が好きだからなのでしょう。飼い主さんの何気ない行動が猫に不安を与えているかも知れません。猫の感情の変化について紹介しましょう。

1657view

猫の5つの安心行動

女性と猫

猫はこんな時に安心します。

1. 飼い主さんが笑った時

女性と猫

猫は変わらない毎日に「安心」と思います。飼い主さんの、いつもと違う雰囲気に猫は勘づいてしまいます。「あれ?いつもと様子が違う」と気づいて不安になってしまうのです。飼い主さんがしょんぼりして元気がない時や、怖い顔をして怒っていると猫の表情も強ばってしまいます。

猫が安心になれるのは、いつも見る飼い主さんの笑顔です。笑った表情で「いつも通りだ」と思えるのでしょう。猫は飼い主さんの雰囲気にとても敏感なところがあります。

2. 飼い主が出掛けると勘違いした時

ドアの前の猫

飼い主さんがそわそわしだしたり、うろうろすると猫が不安を感じ様子を伺います。「どこかへ行くのかな?」と思ってしまうようです。何処にも行かないとわかれば安心します。飼い主さんの後ろをついてまわり、飼い主さんが腰をおろすと「勘違いか」とほっとした態度に戻るのです。飼い主を引き止めるように鳴いたり、邪魔をしてくるのもきっと寂しからなのでしょう。

3. 愛情をたくさんもらった時

女子と猫

愛情を感じないと不安になり、愛情をたくさんもらうと安心するようです。「飼い主さんの態度が最近変わったな…」と不安を感じてしまったけど、愛情を感じられれば嬉しくてたまらないのです。遊んでもらえた時、撫でてもらえた時などに猫も心を開いてくれます。猫とのスキンシップは安心感を与える大切な時間なのです。

4. 病院で診察された後

病院で診察を終えた猫

猫にとって病院は、不安で不安でたまらない場所です。知らない人に触られて怖い思いでいっぱいです。診察が終わった瞬間の猫の態度で安心感がわかります。飼い主さんに飛びつくような仕草や、飼い主さんの顔を見て「怖かった」と言うような声をだします。猫は飼い主をちゃんとわかっているんだと思う瞬間です。

5. いつもの環境に戻った時

部屋の中の猫

家の中に、猫の見慣れない人がいれば不安になってしまいます。危険を感じ、部屋の隅に隠れたり、落ち着ける環境ではありません。飼い主さんにとっては知り合いでも、猫にはテリトリーを荒らしにきたと思ってしまうようです。いつもの環境に戻った時に猫は安心できるのです。「やっと落ち着ける」「トイレ我慢してたんだ」とほっとした気持ちに変わるのでしょう。

まとめ

ちょんのすけ

猫の不安が安心に変わることについて紹介してみました。猫の感情は、行動を見ると何となくわかると思いませんか?猫が不安に思ってしまうのは、飼い主さんといるのが好きだからなのでしょう。

猫が不安になることを、安心にしてあげられるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク