勇敢な種類の猫10選

勇敢な種類の猫10選

猫と言えば、素っ気ないクールなイメージを持たれているかも知れません。長い歴史からイエネコとして愛され、猫が勇敢な生き物であると称されているのをご存知でしょうか?勇敢と言われる種類の猫、勇敢な猫の物語を紹介してみたいと思います。

1112view

害虫、害獣を退治する猫種

獲物を狙うアメリカンショートヘア

1. アメリカンショートヘア

老若男女から愛され、ペット資質の高い猫と言われています。ヨーロッパから北アメリカへと渡ってきた際に、開拓民と一緒にアメリカに渡ってきた猫です。体つきも精神的にもバランスのとれた、優秀なハンターとして活躍した猫と言われています。

2. ブリティッシュショートヘア

祖先はエジプトネコだそうです。ずば抜けた体力と狩りの能力がある猫で、害獣退治のお役立ち猫として珍重されたのです。鍛えられた厚い胸板は、守ってもらいたくなること間違いなしでしょう。じっと見つめる目は、人の心も見透かされていると感じられます。

3. ジャパニーズボブテイル

中国から日本へとやってきた猫です。短毛種は日本で自然発生し、長毛種はアメリカで突然変異で発生したと言われています。じっとしているよりも、冒険心の強い猫です。ネズミの退治や、浮世絵に描かれるなど、大活躍した猫なのです。幸運の猫と言われるほど人気があります。

4. アメリカンボブテイル

アメリカ育ちの、パワフルでワイルドな猫です。見た目とは反対に、献身的で賢く優しいのが特徴です。野生ネコを思わせる動きは、アスリート並みの足取りと、鋭い視線がハンターとして一躍かわれた猫なのです。

5. エジプシャンマウ

古代エジプトの壁画にも残された、エジプト発症の歴史をもつ猫です。「マウ」とはエジプトでは猫を意味します。この猫が知られるきっかけになったのは、ロシアのナタリー王女が飼っていたことから人気者になったそうです。立ち振る舞いが彫像のように優雅なのも魅力でしょう。前脚よりも後脚の長さからスピードも48キロと身体能力が高い猫です。昔からハンターとして人間に親しまれていたのでしょう。

飼い主に忠実な猫種

女性の顔に顔を近づけるシャム猫

6. シャム

タイで生まれた猫です。シャムは、タイ王国の呼び名で古く歴史のある猫なのです。スリムなボディと大きな耳、ポイントカラーが上品な猫種です。性格は、とても忠誠心が高く社交的な甘えん坊さんなようです。

7. サバンナ

アメリカの猫で、名前の通りくっきりと大胆なスポット模様の猫です。大きな耳と長い手足は、大型で野性味が溢れています。サバンナは、野生の血をより濃く受け継いだ猫として言われています。そのため、飼育の公認がおりなかったそうです。しかし、中身とはうらはらに飼い主には、忠実で献身的な猫と言われています。

8. マンチカン

アメリカで生まれた四股の短い猫です。犬で言えば、ダックスフントやコーギーも短い足ですが、ハンターとしても勇敢として言われています。マンチカンも、短い足を器用に使いこなす知恵をもっています。見た目とは逆に、運動神経が優れた勇敢な猫として有名ですね。

9. シャルトリュー

フランスで生まれた、微笑みネコとして人気があります。表情が、笑っているような愛らしい顔をしています。ボディはがっしりしていますが、四股は細めで見た目もユーモラスな猫です。大人しく穏やかで、賢い勇敢な猫と言われています。

10. ソマリ

カナダで生まれた、尻尾にボリュームのある猫です。ソマリは、長毛種ですが顔の毛は短毛で輪郭がはっきりとしています。きつねのような見た目から、瞬発力も優れて機敏な動きを見せます。飼い主に忠実で愛情が豊かな猫です。

勇敢と称された猫物語

ライオンの影をした凛々しい猫

子供を救う猫

飼い主の子供を救う勇敢な猫のお話です。カルフォルニア州で起こった事件で、遊んでいた子供に犬が襲いかかったのを猫が体当たりして助けたのです。幸い、子供も大怪我を負わずに済んだそうです。

5匹の子猫を運んだ母猫

燃えさかる炎の中に何度も飛び込んで、我が子を運ぶ母猫のお話です。ニューヨーク州にある、廃ガレージで火事があったのですが、母猫が5匹の猫を救おうと、全身に火傷を負いながら見事に運びだしたのです。運びだした後、1匹ずつの生存を確認して、ほっとした瞬間に母猫は意識を失ったそうです。すぐに消防士に運ばれ、奇跡的に命は取り留められたそうです。

まとめ

しらす

勇敢な種類の猫について紹介しました。勇敢と言われる猫は、筋肉質でボディがしっかりしている猫なのかも知れません。古くから人間に愛され、ハンターとして、また飼い主に忠実な性格が歴史に刻まれているのでしょう。飼い主を愛しているから守ろうと勇敢な行動ができるのです。強い相手にも、勇敢に立ち向かう猫がいるのは誇りに思えることではないでしょうか?