猫の目に関する特徴や基礎知識

猫の目に関する特徴や基礎知識

「あ〜がり目、さ〜がり目、くるっとまわってニャンコの目〜♪」と子供の頃、遊びませんでしたか?本題とは全く関係ありませんが、「猫の目」と聞くと、そんな懐かしい歌が頭をよぎります。大きくて美しい猫の目は、じっと見ていると吸い込まれてしまいそうになりますね。横から見ると、まるでビー玉のようだと感じる事もあります。そんな猫の目には、すごい機能が備わっているのですよ!

6051view

猫の目の特徴

黄色い目の猫

猫の目には、驚くほどの周囲の状況を捉える能力があります。それにより、敵や獲物を的確に把握します。目の表面や角膜は出っ張っていますが、これはより広い視野と光を確保するのに役立っています。

猫はうす暗くなってから活動を始める生き物なので、特に日暮れから夜明けの間の狩りに適した目の構造をしています。ですが、色を見る事はそれほど重要視されていないのです。なんだか不思議な猫の目について、もっと詳しく見ていきましょう!!

猫の目が大きい理由

顔を出す猫

猫の目は、その大きさも特徴の一つですが、何より、目に入る光の量により、瞳の大きさが変わる所が特徴的ですよね!これは、眼球の中にある筋肉が瞳孔の大きさを調整しているのです。まるでサングラスのような働きをしています。人間は直接見られない太陽でさえ、見る事ができますよ!

反対に、暗闇でも猫は目が見える、というのはご存知ですよね?猫の目の中にはタペタムという反射板が備え付けられており、外から入る光を反射する事で、猫の視界を助けているのです。さすがに全く光がない所では見えませんが、わずかな光さえあれば、猫は見る事が出来ます。本当にすごいですね!

猫の目から見える世界

暗がりの猫

猫の目は緑色と青色は見えますが、赤は見えないと言われています。ですが、狩りをする時にはニオイと音を使いますので、色はそれほど重要視されていません。

更に、視界の端はぼやけて見えているようです。獲物にピントが合えば、それでOKなのでしょう。実は、猫は走る時に頭の位置を一定に保つ事ができるので、獲物にピタッとピントを合わせながらの移動ができるのです。人間だったら考えられないですね。ですからたとえ視界の端がぼやけていようと、困る事はないようです。

猫ごとに変化する目の色と形

見つめる猫

他の動物でも見られる現象ですが、産まれて間もない子猫は、青い目をしています。成長すると共に本来の色に変化していくのですが、猫の目には多くのアイカラーが存在しています。ブラウン系、グリーン系、ブルー系など、様々です。猫種によっては成猫でもブルーの目をしていたり、オレンジの目をしていたりと、被毛との組み合わせが楽しめます♪

また猫の目の形も、丸形やアーモンド型、つり目などがあります。それぞれの形で受ける印象が違いますね。丸形は単純に可愛い!と思いますし、アーモンド型はシュッとした印象を与えます。つり目はいかにも「猫〜!」という感じがしますね。人と同じく、猫も外見で判断してはいけませんよ。つり目でおっかなそうな顔をしていても、とても大人しい子も、いるのですから!

猫の目に「まつげ」はない

青い目の猫

そこまでまじまじと、猫の目を見た事がある人もあまりいないかもしれませんが、猫にまつげはない事が分かったようです。ですが、よ〜く見ると、目の上に少しだけ長い被毛があるような気が?これは、「アクセサリーアイラッシュ」と呼ばれ、補助的なまつげ、という事のようです。

機能的にはまつげと変わらないので、普通に「まつげ」で良いじゃないか、と思うのですが、医学的にはあくまで「補助的なまつげ」なのだそうです。尚、猫の目の上にひゅんひゅんと数本出ている長い毛は、眉毛ではなくヒゲなのだとか。言うまでもありませんが、お手入れと称して愛猫の眉毛(ヒゲ)カットは、しないでおきましょう。

猫の目の異常について

遠くを見つめる猫

猫の目をチェックする事で、異常が分かる時もあります。充血していたり曇っていたり、傷がついている時もあるでしょう。涙や目やにも、異常があるサインです。また、明るいのに瞳孔が大きくなっているのは恐怖や痛み、興奮、ショックを受けている可能性があります。愛猫の目がおかしいな〜と感じたら、早めに受診してくださいね。

まとめ

横を見る猫

丸くて可愛い猫の目。でも可愛いだけではなく、驚きの機能を兼ね備えていたのですね!個人的には、きれいな猫の目を見ているだけでも癒されるので、それも猫の目の凄い特徴の中に、加えたいです!
目が大きな分、ケンカなどで傷がつきやすい部分でもありますので、美しい愛猫の目を守るためには日頃の注意が必要です。

30代 女性 みつえ

猫ちゃんの目は、とても鋭いときがありますよね!
敏感に周りの変化を目で、察知して逃げたり走ってきたりします。猫ちゃんは目で見た情報でバタバタ走り回りますよね。猫ちゃんは暗い中でも目が見えますので、夜中でもがさがさ活動していたりします。夜中にトイレに行くときに向こうから猫ちゃんの目が光ってビックリするときが多々あります。部屋が真っ暗でも、キャットタワーにのぼったりして昼間と変わらない生活をしていますので感心します。最近は、私たちに合わせて夜中は眠るようになりました。ですが、今でも夜中の2時くらいまではやはり、遊んでいます。楽しいのでしょうね。