猫が飼い主にする思わせぶりな仕草5選

猫が飼い主にする思わせぶりな仕草5選

猫は気まぐれな生き物ですよね。いつも一緒に過ごしていることから「猫の気持ち」を分かっているつもりでも、全然見当違いなこともあるものです。では、猫が飼い主さんにするあるあるな思わせぶり仕草はどのようなことがあるのでしょうか。ご紹介させていただきます。

964view

飼い主さんにする思わせぶりな仕草

抱っこされる猫

愛猫といつも一緒に過ごしていると、ある程度、猫の気持ちを理解することができますよね。

しかし、飼い主さんが思っている気持ちは全くハズレのこともあり、飼い主さんとしては「思わせぶり」な仕草に受け取れてしまうこともあるものです。そこでここでは、猫の思わせぶりな仕草についてご紹介させていただきます。

1.ニャーンと鳴くのに構ってはいらない

鳴く猫

猫って飼い主さんに向かって甘い声で「ニャーン」と鳴くことがありますよね。飼い主さんからすると「甘えているのかな」「構ってほしいのかな」と思い、スキンシップをとろうとするのですが触ろうとすればそそくさとどこかへ行ってしまうことがあります。

猫は気まぐれですから、その時その時で気分が変わってしまうのでしょう。

2.近くに来たと思えば触ってほしい訳ではない

寝転ぶ猫

猫は飼い主さんの横に来て座ることもあれば、時には同じソファに乗ってきて落ち着いていることもありますよね。

「そばに来てくれた!」と飼い主さんとしては嬉しく、リラックスをさせてあげようと撫でるのですがそうすると悲しいことにすぐどこかへ行ってしまうこともあるようです。

「触ってほしいわけじゃなかったの?」と思わせぶりな態度をとられた気持ちになってしまいますが、猫はたまたま飼い主さんの横に座っていたり、自分のテリトリーにやって来ていただけなのかもしれません。すぐどこかへ行ってしまうとちょっぴり寂しい気持ちになりますね。

3.おもちゃをくわえてきたのに遊ばない

おもちゃを銜えた猫

猫もまれに犬のようにおもちゃをくわえて飼い主さんの前へ持ってきたり、見せてアピールをすることがあるようです。「お!遊びたいのかな?」と思い、飼い主さんはおもちゃで誘ったりするのですが「来ない」ということもあるでしょう。

思わせぶりだと思ってしまいますが、これはただ遊びたいのではなく、飼い主さんに獲物を捕る姿を見せたかっただけであったり、飼い主さんに獲物を与えてあげたつもりなのかもしれません。

4.見ている気がしたから声をかけたのに無視

後ろを向く猫

猫って飼い主さんに「視線」で訴えかけてくることありますよね。飼い主さんがウロウロしていてもひたすら熱い視線を送ってきて、飼い主さんも「気配」を感じることがあると思います。

そんなときに声だけでもかけようと「○○ちゃん」と猫の名前を呼んでみるのですが、名前を呼ぶとまるで聞こえていないふりをするようによそを向いてしまったり、お尻を向けてどこかへ歩き去ってしまうこともあるようです。

「構ってほしいわけじゃなかったの?」となってしまいますが、ただ飼い主さんの行動を観察していただけなのかもしれませんね。

5.ゴロにゃんこを触ったらどこかへ去ってしまう

寝転ぶ猫

猫はときには可愛らしい仕草でこちらにアピールをしてくれることもありますよね。しかし、ゴロにゃんこはアピールしているわけではなく、ただ暑くて伸びているだけのこともあるようです。

そのようなときに「構ってほしいのかな」と勘違いをして触ってしまうと、すぐにイライラと猫がしてしまったり、どこかへ去ってしまうこともあるようです。猫って気まぐれなので、何だか寂しい気持ちになってしまいますね。

まとめ

とおふ

猫は飼い主さんに思わせぶりな仕草をよくします。

思わせぶりをされてどこかへ行ってしまうと寂しいですが、猫はもともと単独行動を好むので仕方がないのかもしれません。猫の気持ちは簡単に読み取ることはできないので、よく観察をしてからスキンシップなどをとるのが良さそうです。

スポンサーリンク