愛猫が喜ぶ部屋のレイアウト例5つ

愛猫が喜ぶ部屋のレイアウト例5つ

飼い主さんには快適でも、ちょっと待って。猫にとっては嬉しい部屋のレイアウトになっているのでしょうか?猫は飼い主さんがあまり喜ばないであろう、上下運動が大好きです。また、飼い主さんが嫌煙しがちな、日当たりの良い紫外線バリバリの窓際も大好きです。部屋をどんなレイアウトにすれば、猫が喜んでくれるでしょうか?

847view

1. 家具を高さ順に配置

棚の中の猫

猫が高いところが好きなのは、ご存知でしょう。安全な高いところから下を眺め、色々観察しているのです。正に、高みの見物。

猫のジャンプ力はハンパありませんが、出来るだけ家具を高さ順に並べてあげると登りやすくなるので、喜びます。家具で階段を作るイメージですね。

配置を変えるだけで出来る簡単な工夫なので、是非トライしてみてください。猫の喜ぶ顔が、目に浮かびます!

2. キャットタワーは壁際に

キャットタワーの上の猫

猫がいるお部屋には必須アイテムとも言える、キャットタワー。どこに置けば良いか、悩むことありませんか?壁際に置くと、使う頻度が増えると言う研究結果があります。もし迷った時は、壁際がオススメです。

もし可能なら、窓際もオススメポイント。高い位置から窓の外を眺められるので、猫が喜びます!「キャットタワーは壁か窓で。」と覚えておくと便利です。

3. トイレは遠くに

トイレの中の猫

これは人も同じだと思いますが、ご飯を食べたりリラックスしたりする場所が、トイレに近いと何となく嫌ですよね?

猫も、生活スペースとトイレが近いのを嫌がります。可能な限り、トイレは猫がいつもいる場所から、離してあげると良いでしょう。

4. 窓から外が眺められるように

窓ぎわの猫

窓から外を眺めるのは、猫にとって縄張りを見張る意味もあり楽しむ意味もあり。窓の外をじ〜っと眺めているからと言って、外に出たい訳ではないのでそこは誤解の無きように。

窓から猫が外を見られるように、窓際を快適なスペースへと整えてあげると喜びます。もし窓際に物が積まれていたら片付けて、ふかふかのクッションなど置いてあげればもう最高でしょう。

窓際にいる事で日向ぼっこを兼ねていますので、猫がリラックス出来るようにしてあげれば、飼い主さんの株も上がりますよ!

5. キャットウォーク、作っちゃう!?

工具と猫

壁に張り巡らされたキャットウォークを、自由に行き来する猫の姿。高い場所にあるキャットウォークは、作ろうと思えば誰でも作れます。

DIYするも良し、専門家に頼むのも良し。家を建てる時にあらかじめ、キャットウォークを組み込んで建てる飼い主さんもいます。もし猫の喜ぶ顔が見たいのなら…思い切ってキャットウォーク、作っちゃいますか!!

まとめ

ミーコ

猫が適度に運動が出来て、思いっきりリラックス出来る室内環境を、考えてあげましょう。

それには、時に猫の気持ちになって、考えてみると良いですね!猫と一緒にダラダラしてみると、良いアイデアが浮かぶかも?

猫がいる部屋のレイアウトに決まりはありませんので、飼い主さんのオリジナルアイデアで、猫を喜ばせてしまいましょう!!