猫が心を開いた飼い主に表す愛情表現4つ

猫が心を開いた飼い主に表す愛情表現4つ

猫は警戒心が比較的強いので、成猫だと慣れるのに時間がかかるケースがあります。でも一旦心を許すと信頼している人へのしぐさがたまらなく愛おしいものです。今回は猫が信頼した人へ見せるしぐさをいくつかご紹介します。

5480view

1.猫は人になつきやすい?

子供と猫

一般的に猫は人に従順ではなく、気まぐれ屋さんなイメージがついているように感じます。
ご飯をねだるときだけ寄ってくるように思っている人も少なくはないでしょう。確かにそういう外猫たちは意外にいます。

特に野良猫として生きている子たちは、警戒心が強いので慣れるのにも時間がかかることが多いです。そもそも外には危険がたくさんありますから、警戒心が強いくらいがちょうどいいのです。
そんな彼らでも、人と心を通わすことはちゃんとできますし、そういう子たちは元野良猫だったとしても、多少時間がかかるかもしれませんが家猫として暮らしていけます。

そして心を許し信頼した人へは、彼らなりにめいいっぱいの愛情表現をしてきます。犬のように派手さはありませんが、それがまた猫らしくて猫好きにはたまりません。

2.猫が見つめてゆっくり瞬きをするのは?

下を見つめる猫

猫を飼っているとしばしばこういう経験をすることもあると思いますが、どこからか視線を感じ辺りを見回すと愛猫がジッと見つめていた!なんてことは日常茶飯事なのではないでしょうか。

では、ジッと見つめているのには何か意味があるのでしょうか。実はちゃんと意味があり、愛猫が見つめているのはあなをのことが大好きですよと伝えているのです。
ジッと見つめてゆっくり瞬きをすることもありますが、それも同じくあなたを愛していますよと強い愛情表現なのです。その意味を知ってしまうと、愛猫のことがさらに愛おしくなりますね。

愛猫がこのしぐさをしてきたら、あなたも同じように目を見つめてゆっくり大きく瞬きを返してあげると、きっと愛猫も喜んでくれて更にお互いの絆が強くはずでしょう。

3.猫がお腹を見せるのは?

お腹を見せる猫

猫に限らずお腹を見せることは、自分が襲われる危険があるためなかなか見せることはありません。しかし、家で飼われている猫たちはその場所が安心だと理解し、そこにいる人を信用すると動物にとって急所であるお腹を見せてくるようになります。

その時の猫たちの心の声は、「あなたを信じていますよ。あなたの傍にいると安心できますよ」と伝えているのです。仰向けになりお腹を見せている猫の姿は無防備であり、すごく可愛いくて癒されますよね。

愛猫がお腹を見せてくれれば、完全にあなたに対して心を開いて受け入れと思って間違いないでしょう。しかし、なかなかお腹をみせてくれない子もいるはずですが、そういう場合でも焦らずゆっくり待ちましょう。それは大きなおポイントなので気を付けましょう。

4.猫がフミフミしてくるのは?

猫の手

愛猫があなたのお腹などの柔らかい部分をフミフミしてくることもあるかと思います。こちらは赤ちゃんの時の名残で母猫のおっぱいが出やすくなるように、そういう行動をとると言われています。

母猫は子猫にとって一番信頼していて大好きな存在です。母猫にするようなしぐさをあなたにするなら、あなたのことが大好きなので一生懸命愛情表現をしているのです。ただ、その際に困ることが猫たちの愛が強すぎてつい爪を立ててしまうので、爪が肌に当たり痛みを感じてしまうことでしょうか。

フミフミしてきたら、柔らかく少し厚手のものを置くように工夫してあげると、猫たちも思う存分フミフミができて満足するはずです。

まとめ

甘える猫

どうでしたか?派手な愛情表現ではないですが、1日を振り返ってみると愛猫たちは幾度となくいろんなシチュエーションであなたや家族にたくさんの愛情表現をしていたのではないですか。

猫たちの愛情を伝える表現は、これら以外にもあります。愛猫たちそれぞれの性格によっても愛情表現は異なるのでしょう。私たちは日々忙しい毎日を過ごしていて、つい愛猫たちの観察を怠っていることもあるかもしれません。言葉を発せない猫たちですから、私たちが彼らの気持ちを理解してあげることが大事です。

今回の記事が、愛猫とのコミュニケーションを図ることに役立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。