猫が『飼い主に興味がないとき』にする行動5つ

猫が『飼い主に興味がないとき』にする行動5つ

興味がないと、猫の態度があからさまに出てしまうことがあります。突然興味がなくなる、普段から興味を示さない、その時の気分からなど理由や原因があるのでしょう。猫が飼い主に興味がなくなる行動や理由についてまとめてみました。

2682view

飼い主に無関心な猫の行動

1 素っ気ない態度

目の前を通りすぎる猫

猫の態度はころころと変化してしまいます。興味がある時と、ない時では明らかにわかりやすいと言えるでしょう。おねだりしている時は、飼い主さんに「にゃーん」と愛くるしい顔で迫ってきますが、用事が済めば途端に素っ気なくなってしまうのです。「何か用事?」と言うような冷たい態度に感じてしまいます。

2 目を合わせない

左を向く猫

猫が目を合わせないようにしているのは、猫同士だけであって、人間には反対の意味があるのです。大好きな飼い主さんと通じ合いたい、愛を伝えたい、安心したいと言う気持ちから目を合わせるのです。だけど、猫が飼い主さんに興味がないときは、目を合わせようとはしないようです。

3 距離を感じる

ちぢこまる猫

飼い主さんに興味がないとわかるのは、猫が飼い主さんのそばにいない事でしょう。猫との距離を遠くに感じてしまうのは、飼い主さんは猫と仲良くしたいと言う気持ちがあるからなのでしょう。しかし、猫が飼い主さんと仲良くしたい気持ちがなければ、距離を縮めようとはしてくれません。

4 甘えてこない

寝そべる茶トラ猫

猫も興味がない人には甘えてこないようです。猫の気分もありますが、好意をもっているなら甘えたい、かまってほしい、相手にしてほしいなどと自然に行動に表れるでしょう。飼い主さんに癒されたい事もあれば、甘えたら嬉しい事があるからと言う理由もあります。それでも甘えてこないのは、甘えても意味がないと思っているのでしょう。

5 呼んでも知らんぷり

猫怖い顔

猫が飼い主さんに興味がないときは、名前を呼んでも無視されてしまいます。優しく呼んでみたり、ゆっくり呼んでみても「どうでもいいにゃ」と知らんぷりされてしまいます。きっと、飼い主さんに興味がなくなる原因があるからなのでしょう。

猫が飼い主に興味をなくす理由

素っ気ないのが猫

手と猫

猫が素っ気ないのは、おひとり様が好きな単独主義だからなのでしょう。猫は人間に対して、感情をもってはいますが、基本的に猫は、人間に執着心や依存心を強くもつように進化はしていないようです。猫は人間に頼る生き方よりも、頭で考えて自力で行動する傾向にあるからです。素っ気ないから興味がないと言う気持ちではなく、行動を見せなかった理由には、特に意味がないと言うことなのでしょう。

猫の礼儀

お辞儀する猫

目を合わせないのは、猫の中でのルールです。たとえ好きな相手だからとか、人間には目を合わせるルールがあると言うわけではありません。飼い主さんとケンカする理由があってもなくても、目を合わせないようにするのが猫の礼儀なのです。猫が飼い主さんをじっと見つめる時は、どうしても伝えたい気持ちや強い思いがあるからなのでしょう。なので、目を合わせないからと言って興味がないのではなく、穏やかに過ごそうとする行動なのです。

遠慮している

ベッドの下で警戒する猫

猫は飼い主さんに、興味がない振りをしている可能性もあります。猫は我慢強い所があるのでしょう。とくに多いのが、猫が猫に遠慮をすることです。先輩猫が後輩猫に遠慮をしたり、反対もあります。ご飯を横取りされても追い払えなかったり、一緒に遊びに参加しなかったり、飼い主さんに呼ばれても無視する事もあるのです。後輩の前だから我慢する、先輩に八つ当たりされるから我慢すると言うように遠慮をする場面もあるのでしょう。

拗ねてしまった

怒った顔の猫

人間と生活をしていれば、猫にもいろんな感情がでてきます。飼い主さんに興味がないのは、興味があったのになくなると言う方が正しいかも知れません。猫に構ってあげなくなったり、留守がちになったり、愛情が薄れたと猫が感じてしまうと「もう知らにゃい!」と拗ねてしまう事もあるのです。知らずに、猫の気持ちをもて遊んでしまったのかも知れません。

まとめ

ピンクの部屋で拗ねる猫

飼い主に興味がないときの猫の行動を紹介しました。猫が飼い主さんに興味がないのは、お互いに関係が結べていなかったり、解けてしまったのが理由なのでしょう。猫が信頼をもつ飼い主さんであれば、すぐに興味がなくなることはないのではないでしょうか?もちろん猫も、常に飼い主さんに執着したいとは思いません。一人の時間も必要なので、興味を示さなくなる時があるのは当たり前なのでしょう。猫の気分が変わればケロッとして甘えてくるでしょう。それでも変わらないのは、原因を探って信頼関係を築いていく必要があるようです。