猫と人間の感情が似ていると思う7つの瞬間

猫と人間の感情が似ていると思う7つの瞬間

猫は表情筋が少ないため無表情なのですが、実に豊かな感情を持つ生き物です。その感情は、人間に似ているとも言われています。どんなシチュエーションの時、猫は人と同じような感情を抱くのでしょう?チェックして行きましょう。

877view

猫が人と同じ感情を持つ時とは?

感情

猫はこんなシチュエーションで、人と似たような感情を持つのだとか。

1.仲間が亡くなった時

亡くなる

仲の良かった猫が亡くなってしまった時、もしかしたら人以上に、悲しい気持ちを持つかもしれません。ショックのあまりご飯を何日も、食べなくなる事だってあるのです。猫は本当に繊細な生き物なので、気をつけてあげましょう。

亡くならないまでも、仲間が病院から帰って来た時も、心配のあまりずっと側にいようとする事も、あるそうです。ある飼い主さんはその姿を見て「勝てない」と思ったのだとか。猫が仲間を思う気持ちは深く、愛情に溢れていると思って良いでしょう。

2.痛い思いをした時

痛い

痛いモノは猫だって痛いのです。飼い主さんが間違えてしっぽを踏んづけてしまった時、ドアに挟んでしまった時など、「ギャ〜!」という悲鳴をあげます。思わぬケガに繋がる可能性がありますので、十分気をつけてあげましょう。

尚筆者宅のオス猫は、痛い思いをすると「シャ〜!」と怒ります。他の猫は「ギャ〜!」と言うので、痛がり方にも個性が出るようです。

3.おいしいご飯が貰えそうな時

ご飯

おいしい食べ物が目の前にチラついた時、ワクワクした気持ちになりますよね?猫も目がキラキラと輝き、思わず「にゃ〜(ちょうだ〜い)」と催促にかかります。

実際に食べ物が口に入ると、そのおいしさからゴロゴロと喉を鳴らしたり、「うんみゃ〜」的な鳴き声をあげたりする事も。おいしい物が大好きなのは、猫も人も変わりがないですね!

4.嫌なことをさせられる時

嫌

嫌だと思う事を強制される時、それは猫もストレスに感じます。例えば、病院に連れて行かれる、歯磨きをされる、お風呂に入れられるのも、嫌がる猫にはストレスでしょう。仕方のない部分ではありますが、猫が嫌がることをさせたら大好物でご機嫌を取るなど、工夫してみましょう。

「これをした後は良い事があるにゃん!」と覚えれば、我慢してくれるようになるかもしれません。

5.怖い!

怖い

怖い思いは、猫だってしたくありません。雷や花火のように突然鳴り響く大きな音や、急激に動く物など、怖がります。人が恐怖を感じる暗闇は、猫にとっては怖いものではありませんが、突然背後に現れたきゅうりに、恐怖を感じる事はあります。

恐怖を感じると、猫には強いストレスとなる場合があります。ストレスは猫にとって体調不良の原因となる事も。あまり恐怖を感じないよう、気をつけあげましょう。

6.遊んでいる時

遊び

遊びは、楽しさやストレス解消をもたらしてくれます。それは猫も同じで、遊んでいると楽しくて、時間を忘れて夢中になるでしょう。特にやんちゃな猫や子猫は、遊ぶのが大好きです。

大人の猫でも誘うと遊び出すことがありますので、一緒に楽しみましょう!遊びは、飼い主さんとの絆作りにも有効です。1日1回、数分でも良いので、遊ぶ時間を作ることをおすすめします。猫が必死になっておもちゃに食らいつく姿、とっても可愛いですよ!ぜひ、楽しんじゃってください。

7.いい気分で寝てる時

寝る

すやすやと寝る時間…至福の時ですよね?猫も同じで、ふかふかの気持ち良いベッドでぐっすり寝るのは、大好きです。「昼寝、最高!」そんな声が、聞こえてきそう。

猫の睡眠時間はかなり長いですが、大半がすぐに目が覚める浅い眠りです。可愛い寝顔を見ようとして近づくと、すぐに目を開けませんか?そんな時は浅い眠りです。

でも1日数時間は熟睡しています。もし起こしてしまうと「いい気持ちで寝てたのに…」と無言の抗議をされてしまうかもしれません。熟睡タイムを邪魔してしまうと睡眠不足になることもありますので、ご注意を…

まとめ

まとめ

猫と暮らしていると、だいたい人と同じような感情を感じているような気がしてきます。勝手な思い込みかもしれませんが、猫がどう思っているのかを想像してみるのも、楽しいのではないでしょうか?なるべく、猫が幸せな感情を感じられるような状況を、作ってあげたいですね!