猫の蚊よけ対策!お家で作れる手作りスプレー

猫の蚊よけ対策!お家で作れる手作りスプレー

夏になれば人間も猫も気をつけなくてはいけないのが「蚊」です。ペット用の蚊よけ首輪なども販売をされていますが、自宅で簡単に作れるような蚊よけスプレーはあるのでしょうか?その方法などについてご紹介させていただきます。

722view

猫も蚊に刺されるの?

猫と蚊

夏になれば気をつけなくてはいけないのが「蚊」ですよね。

「猫は室内飼いなので虫さされなどのトラブルは起こらない」と過信してしまいがちですが、実は室内飼いでも猫も蚊に刺されてしまうので注意が必要です。

一瞬のすきに扉や窓などから蚊が一匹入り込んでしまうだけでも蚊は「二酸化炭素」がある場所を感じ取って猫や人間の元へと刺しにやってきてしまいます。

ですから、過信せずに万全な対策をしておくことが大切なのです。

猫が蚊に刺されるとどうなる?症状は?

体を掻く猫

猫も蚊に刺されてしまうのですが、人のように刺された場所が膨らんで痒くなるということはまれです。

アレルギー反応

実は猫の場合、蚊に刺された場所がどうなるという考え方よりもその刺されたことによっての「アレルギー反応」によって特定の場所に痒みがでてしまいます。

もちろん、人間と同様に刺された場所にも腫れや痒みもでることもあるのですが、痒がる様子をしているということは気がつけるのですが、毛に覆われていることから「虫さされ」だということを飼い主さんが気づけにくいこともあるようです。

猫が蚊に刺されて発症する病気

そして、それだけでなく蚊に刺されてしまった猫は「蚊刺咬過敏症(ぶんしこうかびんしょう)」という病気になってしまうこともあります。

蚊刺咬過敏症は蚊に刺された全ての猫が発症してしまうわけではないのですが、このアレルギー性の皮膚炎になってしまうことがまれにあり、猫にとっては辛いものです。

これは、過敏症の一種でもあり眉間から鼻先や肉球などに症状がでてしまいます。痒みが強くあり、ひどい場合は「脱毛」「膿疱」「かさぶた」などになってしまうこともある病気です。

フィラリアの危険性

また蚊に刺されるだけで生命を脅かす病気になってしまうことも。それは「フィラリア症」です。これらのような病気は「蚊」が原因となっていますので、蚊よけ対策はバッチリにしておかなくてはいけません。

猫の蚊よけを自宅で手作り!

猫を抱いてスマホを見る人

猫の蚊よけ対策には「猫にも安全」なもので手作りをしてあげたいですよね。

蚊よけ対策としてよく使われるものは「ハッカ」「精油」などがあげられますが、これは「脂溶性科学物質」などの成分が入っており人間や犬は肝臓の酵素で分解ができますが、猫は酵素が十分に作ることができないので分解できずに中毒を起こしてしまうこともあります。

ですので、猫の蚊よけ対策に手作りをするのであればおすすめは「ニームオイル」です。

ニームオイルとは

ニームオイルはセンタン科の常緑高木のニームの種子からとることがてきる油分を言います。昆虫の成長などを阻害する効果もあり、害虫駆除などにも使われることがあります。

これら園芸の虫除けとしても使われることがありすが「村の薬局」とインドで呼ばれるほど効果があるとも言われています。

ニームオイルで蚊よけ対策

そんなニームオイルを使えば猫の手作り蚊よけ対策にはバッチリ。「ニームオイル」「精製水」「スプレー容器」を準備し、100倍希釈の水溶液を作ればすぐに作ることができます。

初めて使用するときには猫の様子を見て、直接は吹きかけずに利用してみてくださいね。このような手作りスプレー、そして猫用の虫除け首輪などを活用して嫌な季節を乗り切りましょう。

使ってはいけない生き物

またこちらは人間や猫には効果があるようですが、魚やハムスター、ウサギには毒性になってしまいますので使用には気つけるようにしましょう。

まとめ

体を掻く猫

猫も蚊よけ対策をしておかなくては、夏場は蚊に刺されてしまうことがあります。

猫も痒みや腫れを伴ってしまうこともありますので、ペット用の虫除けアイテムなどを活用するようにしてくださいね。