猫が人に気を遣っていると感じる瞬間7つ

猫が人に気を遣っていると感じる瞬間7つ

猫と一緒に暮らしていると猫の気持ちはなかなか理解し難いものですが、猫なりに「気を遣っている」ということもあるものです。そんな一緒に暮らしていて感じる猫が人に気を遣う瞬間についてご紹介させていただきます。

1435view

猫が気を遣っている瞬間

飼い主と猫

愛猫と一緒に暮らしていると猫の気持ちはなかなか理解し難いものですが、猫なりに「もしかしてこう考えているのかな?」と飼い主さんが感じることもありますよね。

そんな一緒に暮らしていている生活のなかで猫が人に気を遣っていると感じる瞬間についてご紹介させていただきます。

1. 場所を譲る

これは猫がただ鬱陶しいと感じていたり、嫌なだけかもしれませんが、飼い主さんが猫の近くのソファなどに座ると猫がその場から離れることがあります。しかしこの猫の行動に飼い主さんにとっては「場所を譲ってくれたのかな?」と気を遣ってくれていると感じるときもあるものです。

どちらかは分かりませんが、場所を譲ってくれているのであれば優しいですね。

2. 乗ってくる

足に乗る猫

信頼関係のある猫は飼い主さんが寝転んだり座っていると足やお腹、ときには頭の上に乗ってくることも。

飼い主さんにとっては動くことができないので足がしびれてしまったり困ることもあるかもしれませんが、猫にとっては「飼い主さんのことをぬくめてくれている」という可能性もあります。

飼い主さんがなかなか気が付きにくいですが、猫はこのように気を遣ったり心配をしているのかもしれませんね。

3. フミフミとしてくる

猫は甘えたい気持ちになったり、自分が眠たくなると毛布などを前足でフミフミとすることがありますよね。

なんとも可愛らしい仕草で、この行動は「母猫の母乳を出やさするため」の行動でもあると言われています。

大人になってからの猫でもこの行動をすることは多く、ときには飼い主さんの足元でしてくることも。ただ甘えているだけなのかもしれませんが、飼い主さんからすると「マッサージをしてくれているのかな?」と気を遣ってくれているように感じることもあるでしょう。マッサージは気持ち良いですが、爪が刺さるとたまりませんね。

4. そばに来る

女性と猫

猫は言葉が話せなくても、飼い主さんの気持ちを察したように、そばに来てくれることがありますよね。飼い主さんが学業や仕事などでうまくいかず、眠れないときなどでも「いつもとちがうな?」と様子を感じとった猫が慰めてくれるかのように、そばに来てくれることもあります。

5. ゴロにゃんこなどをしてくる

猫を飼っているとその可愛には、本当に癒やされるものですよね。猫はただ構ってほしいだけかもしれませんが、飼い主さんに可愛らしい仕草を見せてくれると疲れも吹っ飛び癒やされます。

猫を飼っているとストレスが減り、心臓病などのリスクが減るとも言われていますが、自然と笑顔になることができるので、猫はもしかすると飼い主さんに気を遣ってくれているのかもしれません。

6. 出迎えてくれる

猫は車などで帰宅をすると飼い主さんを待っていたかのように、玄関や窓から覗き込み出迎えてくれることがあります。

「おかえりー!」「お疲れ様〜」と声をかけてくれているようで、気を遣ってくれているなと感じる瞬間でもあるでしょう。

7. ゆっくり過ごさせてくれる

人間は「時間縛られる」生き物ですよね。バタバタと忙しい人間ですが、猫と一緒にお昼寝をしたり遊ぶなどをすることで「時間の流れをゆっくり」と過ごすことができるようになります。

ゆとりが持てるようになるのも、もしかすると猫が気を遣ってくれているおかげかもしれません。

まとめ

ホビ

猫と暮らしていると言葉はわからなくても、飼い主さんに「気を遣ってくれているな」と感じる瞬間があるものです。

猫を飼うことはお世話などもあり簡単なことではありませんが、飼い主さんが自然と笑顔にもなれることもメリットですね。