子猫を飼うなら『2匹一緒』が猫にとっても、飼い主にとってもおすすめ

子猫を飼うなら『2匹一緒』が猫にとっても、飼い主にとってもおすすめ

猫を飼いたいと思ったら、ペットショップに行ったり、保護センターや保健所などから迎える方が多いと思います。中でも子猫を飼う時に注意したいことをお話しします。

2401view

子猫は2匹飼いがおすすめです

2匹一緒 1匹が正面を向いている

数年前、知り合いの方が保護されて貰い手を探している子猫たちがいました。私は小さい時に家庭で猫を飼っていましたが、数十年前の事ですので、現在の飼育環境とはとてもかけ離れていました。

当時家庭で猫を飼っているところは多かったと思います。それが野良猫だったり、家の中と外を自由に行き来している猫だったりと、飼い方も様々でした。

現在は、猫は外へ出さずに家の中だけの生活がベストだと言われています。一旦外へ出したら交通事故に遭ったりまだまだ所々にいる野良猫たちとケンカをしたりして、危ないからです。

今は家庭の生活環境も一昔とは変わって、猫たちが快適に部屋だけの環境で満足できるように様々なものが用意されています。

初めての猫の飼育での問題行動

そんな中で、まだそれほど現在の様にいろいろな猫グッズがない時代、当時猫は飼っていませんでしたので、そんな知り合いの方の2匹の中から1匹を引き取りました。

まだ生後2か月でいろいろと大変でした。

1.まだ母親が恋しい時期なので、睡眠中にお腹の上に乗って寝る。
2.遊んでいる最中に手を噛んでくる。(手を玩具と思っている)
3.爪とぎは用意していましたが、柱やクロスの壁でも爪を研ぐ。
4.かさかさと音がするような紙やビニール袋などを食いちぎる。
  (食べたりはしませんでした)
5.突然走ってきて足からよじ登ったりする。

等々、怪我などはしませんでしたが、毎日この繰り返しでした。子猫を飼っていると誰でも経験したことがあると思いますが、まだ小さいからとこれらの行動をそのままにしていると、だんだんエスカレートしていって、もっと困ったことになります。

子猫の間はまだ体も小さいので、いたずら程度で許されるかもしれませんが、徐々に体が大きくなって成猫になると、爪とぎ以外で砥いだりすると、被害が大きくなります。

猫同士の社会化の必要性

2匹向かい合っている

実際、数年前に成猫を預かった時にいたずらを通り越して、部屋の中が大変な事になった経験があります。その成猫は子猫の時からずっと1匹で飼われていたのです。

他に猫がいないので小さいころの遊び相手と言えば飼い主や家族だけで、かわいいからと手やビニール袋を丸めて玩具代わりに遊ばせていたそうです。

それが成猫になってもずっと玩具と認識してしまって、何かの拍子に手を噛んだり、ビニール袋を自分でどこからか取り出して、食いちぎったりしていました。

もちろん子猫の間は噛まれてもさほど痛くはありませんが、成猫になるとこちらが怪我をしてもおかしくありません。こういう行動が続くと、猫を触るの躊躇したり酷くなるとかわいく思えなくなったりしてきます。

こういう行動は、まだ子猫の時に社会化の経験不足からくるものの一つです。2匹以上で飼育されていると、問題行動はあまり起こしにくいと思います。

猫の2匹飼いのメリット

2匹で向かい合って手を出している

1.お互いに体を噛んだり、爪をたてたりしてじゃれ合うことで、痛さを自ら経験できる。
2.じゃれ合う時に体を噛む程度を加減できるようになる。
3.部屋の中にある紙やビニール袋などを噛まなくなる。
4.起きている間は追いかけっこなどをして遊びまわるので、運動不足を解消できる。

猫ベッドで寝ている
向かい合って寝ている

  

まとめ

但し、2匹を飼育するにはかかる医療費や準備する備品類、フード代など、費用が2倍かかります。

それが問題なければ2匹飼いは育てやすいと思います。何と言っても、2匹一緒にじゃれ合って部屋中を追いかけっこしたり、遊ぶ終わって一緒に猫ベッドの中で寝ている姿を見ていると、癒されます。

スポンサーリンク