知ってる?猫を安全に抱っこするための3つの方法

知ってる?猫を安全に抱っこするための3つの方法

猫は気分屋で1人の時間を大切にする傾向が強いです。そのため、飼い主が抱っこしようとしても嫌がる場合がひじょうに多いです。しかし、飼い主としてはコミュニケーションのひとつとして猫を抱っこしたいという気持ちも強いですよね。今回は、猫を安全に抱っこする方法について述べていきます。

2677view

何故猫は抱っこを嫌がるのか?

猫を触りたい男の子

多くの猫は抱っこされるのを嫌がります。何故なら、猫の生活の中で他者に抱っこされるという行為を受けた事がありません。そのため、猫は抱っこされるのを嫌がるのです。

猫は狭い場所を好むので、抱っこも大好きだと勘違いしている飼い主は多いです。しかし、猫は狭い場所は好きでも他者に密着されたり圧迫感のある場所に長時間いるのは苦手です。

何故なら、猫の体の自由が奪われてしまう上にすぐに危険から逃れられない環境に置かれてしまうためです。なので、抱っこという態勢は猫にとってとても不安な態勢であると言えます。

どの猫種の猫ちゃんをお迎えしても、抱っこが嫌いなのは全猫種に共通しています。なので、抱っこを強く拒絶されても当たり前の事なので無理強いはしないようにして下さい。

安全に抱っこするには?

猫を抱っこする女性

1.急に抱っこはしない

まず、猫を安全に抱っこするために必要な事は声掛けもせずに急に猫を抱き上げようとしない事です。急に体に触れられると猫は驚いて抱っこの態勢が整っていない中で暴れてしまいます。猫だけではなく、飼い主も怪我の危険があるので急に抱っこはしないで下さい。

猫を抱っこする際には優しく声掛けをしてあげて、背中をそっと撫でてあげましょう。そして、猫がリラックスしている状態になったら優しく体を持ち上げます。この時猫が抱っこを嫌がったら、無理に抱っこを続けるのではなく中断しましょう。

2.座ったまま抱っこする

立ったままの抱っこは、猫にとって恐ろしく感じます。なので、初めての抱っこの時は座ったままで挑戦してみましょう。

座ったままで猫の脇に手を入れます。次に、片手を猫のお尻や足を支えるようにして持ちます。最後に、もう片方の手を猫の体を覆うように回し入れると猫が嫌がらない抱っこの態勢になります。

この抱き方でまずは座ったまま猫を抱っこしてみましょう。慣れてきたら、立ちながら抱っこに挑戦してみましょう。

3.仰向けの抱っこは避ける

猫は弱点であるお腹を晒す態勢で抱っこされるのが大嫌いです。特に抱っこに慣れていない猫は仰向けで抱っこされる事に強い嫌悪感を示します。なので、余程抱っこに慣れている中でない限り仰向けで抱っこするのはやめましょう。

抱っこは冬が最も挑戦しやすい

暖炉と猫

数々の対策を講じても、抱っこ嫌いの猫は絶対に抱っこさせてくれません。抱っこは無理に慣らす必要はありませんが、災害などの緊急事態の時には猫を抱っこして逃げるのが理想です。なので、抱っこにはある程度慣れておいた方が良い面もあります。

抱っこに挑戦しやすいのは冬です。猫は寒いと、寒さを凌ごうと猫は飼い主にくっ付いてきます。そこを狙ってゆっくり抱っこをしてみましょう。飼い主と密着する事で暖かさと安心感を感じた猫は、今後抱っこに強い拒否反応は示さなくなります。

まとめ

だっこされる猫

猫はどの猫であっても、抱っこは必ず嫌がります。余程抱っこに慣れている猫でないと最初から抱っこでコミュニケーションを取るのは難しいです。なので、抱っこの練習は少しずつ行いましょう。

いきなり抱き上げるのではなく、声掛けとスキンシップを取りつつそっと抱き上げると猫も嫌がりません。また、抱き上げる時は脇の下にしっかり手を入れるのもポイントです。猫が不安を感じたら抱っこは失敗に終わります。なので、猫の不安な気持ちを拭うよう行程を経てから抱っこをしてあげましょう。

そして、猫の抱っこチャレンジは冬に行うのがオススメです。猫が暖かさを求めて抱っこに応じてくれる唯一の季節です。なので、どうしても抱っこを拒否される場合には冬に抱っこに挑戦してみましょう。

スポンサーリンク