猫はブリを食べても大丈夫?健康への影響や食べてしまったときの対処など

猫はブリを食べても大丈夫?健康への影響や食べてしまったときの対処など

猫にブリを食べさせても大丈夫なのでしょうか。多くの方が、魚は猫の体にも良いものだという印象を持っているかもしれませんが、魚の中には与えすぎると猫の健康に悪影響を及ぼすものもあります。今回は、猫がブリを食べても良いのかや食べないほうがいい理由、食べてしまったときの対処法、正しい与え方についてまとめてみました。

847view

猫はブリを食べても大丈夫!ただし健康に悪影響 

ザルの上に置かれたブリ

ブリは猫が食べても大丈夫な魚だと言われています。ブリにはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。DHAは皮膚粘膜の健康を保ち脳の働きを活発にするとされ、EPAは細胞を正常に機能させる為に不可欠な栄養素だと言われています。またブリには、エネルギー代謝に重要な役割をするカリウムも豊富です。

しかし、鰤は与える量や与え方によっては猫の健康に悪影響を与えることがあるため気をつけなくてはいけません。どのような危険性があるのかをしっかり把握したうえで、適切な与え方、量を守るようにしましょう。

猫がブリを食べないほうがいい理由

クエスションマークと上を見ている子猫

黄色脂肪症

猫に鰤を与えすぎてしまうと、ブリに含まれる不飽和脂肪酸によって「黄色脂肪症」になる可能性があります。黄色脂肪症とは、ビタミンEが欠乏することによって腹部や胸部にたまっている皮下脂肪が酸化し、炎症を起こす病気です。

発症すると下腹部のしこりやしこり部分の発熱などが現れ、そのために不自然な歩き方をしたり、腹部を触られるのを嫌がるなどの症状が見られます。黄色脂肪症を発症した場合は、猫の食習慣を見直し、適切な栄養素を含むキャットフードに切り替えるようにします。その他ビタミンEや抗酸化剤の投与などを行いますが、回復には数週間~数カ月かかることもあります。

ヒスタミン食中毒

ブリやマグロなどの赤身魚には「ヒスチジン」が多く含まれており、それらはヒスタミン産生菌が生み出す酵素の働きで分解され「ヒスタミン」という物質になります。このヒスタミンを猫が大量に摂取すると、激しいアレルギー症状を引き起こします。

発症すると舌や顔の腫れや蕁麻疹、体内では胃腸に炎症を起こし、水下痢や吐き気などの症状が見られます。中毒症状は食べてから2~3時間で現れます。猫の様子がおかしいと感じたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

魚を常温で放置することでヒスタミンが増加するため、猫に鰤を与える場合は新鮮なものを購入し、常温で放置しないようにしましょう。

アニサキス

猫に鰤を与える時には「アニサキス」による中毒の心配もあります。アニサキスは青魚の内蔵に寄生する寄生虫で、魚の鮮度が落ちると内臓から筋肉である可食部に移動します。その魚を生の状態で食べることで、胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

発症すると、嘔吐や激しい痛みを伴う症状が見られます。アニサキスは天然物のブリに多く見られ、養殖魚における寄生はあまり確認されていませんが、できるだけ新鮮なものを選び、与えるときはしっかり加熱することが大切です。

猫がブリを食べてしまったら

口を開けて嘔吐しそうな猫

もし猫が鰤を食べてしまっても少量なら心配ありません。しかし、ブリの骨は細かく小さいため、飼い主が見逃し、猫が食べてしまうこともあるかもしれません。口内や喉など、体内に骨が刺さってしまうと、猫は痛みを感じ吐き出そうとして嘔吐の症状を見せることもあります。また、猫の食べた鰤がアニサキスに寄生されていた可能性もあります。猫が鰤を食べて体調を崩した場合は、早めに獣医師を受診しましょう。その際に、猫がいつどのくらい、鰤を食べてどんな調理方法だったかをきちんと説明できるようにしておきましょう。

猫がブリを食べないようにするには

冷蔵庫の扉を閉める人の手

猫が鰤を食べないようにするには猫の手が届くところに置かないことが一番です。買ったらすぐに冷蔵庫に入れるようにし、食卓の上や調理台の上には置かないようにしましょう。家族間でも猫に危険な食べ物であることを話し、ブリをむやみに与えないよう意識を共有するようにしてください。

猫にブリをあげる時の工夫

お皿からご飯を食べている猫

与える大きさ

猫に鰤を与えるときは大きさに注意しましょう。勢いよく食べてしまって喉に詰まったり、咀嚼不足で胃腸に負担となったりすることもあるので、細かく切って噛みやすいようにしてあげてください。また、猫に与えて良い1日の量の目安は、ブリの刺身で表すと一切れの半分程度の大きさです。与えすぎには注意し、キャットフードのトッピング程度にしましょう。

加熱する

猫にブリを与えるときはしっかりと加熱してから与えましょう。アニサキスは熱に弱いので、加熱することで死滅させることができます。また、加熱することによって脂肪が落ちるので、脂肪の摂り過ぎを防ぐことができるでしょう。

味付けしない

ブリを調理する場合は味付けを一切しません。人間が食べる感覚で、塩分を加えたり醤油や砂糖で味付けをすることは、猫にとって塩分の摂りすぎや肥満などの健康被害を引き起こす原因となります。

骨に気を付ける

ブリには小さな骨がたくさんあるため、そのまま与えてしまうと口内を傷つけたり、胃腸に負担をかけたりする可能性があります。猫に与える場合は、よく加熱した鰤をほぐして小骨を取り除いてあげるようにしましょう。

口を閉じることができない、よだれを垂らしている、口の周りをひっかくようにしているなどの症状がある場合は骨が刺さっている可能性があるので早急に獣医師を受診しましょう。

まとめ

黒板に書かれた魚の絵を見つめる子猫

ブリは少量であれば猫が食べても大丈夫な食材と言えます。しかし、正しい与え方をしないと猫の健康に悪影響を及ぼします。鰤を主食にしたり日常的に与えたりせず、キャットフードをメインとした食事に、おやつやトッピングとしてあげる程度にしましょう。

スポンサーリンク