猫にあさりを与えても大丈夫?与え方やあさり以外で食べられる貝など

【獣医師監修】猫にあさりを与えても大丈夫?与え方やあさり以外で食べられる貝など

猫にあさりを与えても健康上、大丈夫なのでしょうか。栄養豊富なあさりは、猫には危険となる成分も入っています。今回は猫にとってあさりが危険となる理由と、あさりの安全な与え方をお伝えしながら、他の貝についてもあわせてご紹介していきます。

1082view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫にあさりを与えるのは良くない

ザルの上のアサリ

猫があさりを食べると良くない理由

猫は生のあさりを食べることで、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があります。あさりにはチアミナーゼというチアミン(ビタミンB1)を分解する酵素が含まれており、猫が摂取するとチアミン欠乏症を引き起こす恐れがあるからです。

チアミン欠乏症の初期の症状では食欲低下、よだれが多く出る、嘔吐がみられるなどがあります。その後、けいれん発作や瞳孔が開く、運動機能障害などが現れ、治療せずに放置すると最悪の場合、昏睡から死に至ることもあるようです。

猫によっては少量であればそのような症状が出ないこともあるようですが、猫が誤って生のあさりを食べてしまった場合には、必ず動物病院を受診しましょう。

猫が食べるとチアミン(ビタミンB1)欠乏症になるあさり以外の貝

  • はまぐり
  • シジミ
  • ムール貝

猫があさり以外でチアミン欠乏症になる可能性がある貝は、はまぐりやシジミ、ムール貝などの二枚貝です。あさりと同じく、これらの二枚貝にはチアミナーゼが含まれているので与えるのは避けましょう。

上記にない二枚貝でも、同様の成分が入っている可能性があります。したがって、貝類全般は生で与えない方が安心です。また貝類ではありませんが、イカやタコなどもチアミン欠乏症を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

あさりを加熱すれば少量は食べられる

ボイルされたアサリ

猫は少量であれば、加熱してあさりを食べることができます。猫があさりを食べると危険だと言われているのは、生で食べてしまった場合です。あさりに含まれるチアミナーゼという成分はチアミンを分解する「酵素」で、熱処理をするとその効力が失われ、猫にとって安全な食品となります。

あさりは、猫の健康を保つ上で必須であるタウリンが豊富に含まれています。適切な処理をすれば、あさりは猫の大事な栄養源となります。

あさりを使った猫用おやつ

人の手からおやつをもらう猫

Piece forCats あさりフリーズドライ

自然派ブランド「Piece」が開発したあさりフリーズドライは、猫のために作られたおやつ用食品です。ボイルして加熱処理したあさりが使われており、栄養素と味の劣化が少ない工夫がされています。

原材料はあさりのみで、フリーズドライ製法によって水分が除かれるため、保存料などの添加物が使われていません。安心かつ手軽にあさりの栄養素を摂ることができますね。

いなば 焼ミックス まぐろ味・アサリ風味・シーフード味

いなば 焼ミックス まぐろ味・アサリ風味・シーフード味 25g×6個セット
503円(税込)

あさりエキスが配合されている猫用おやつです。あさり風味の他、まぐろとシーフードの3種の味が1つのパッケージに入っているので、それぞれの違いを一度に味わうことができます。原材料にはあさりの他に、鶏肉やかつお、魚介類のエキスといった猫が喜びそうな食材がたくさん含まれています。ご褒美のおやつとしても大活躍しそうですね。

CIAO ボーノスープ 3種の魚介だしスープ

チャオ (CIAO) 猫用おやつ かつお節ボーノ 3種の魚介だしスープ 17g×5本入
268円(税込)

あさりエキスが入ったスープタイプの猫用おやつです。ホタテとエビのエキスも配合されていて、3種類の魚介の味わいがします。スープタイプなので、おやつとしてだけではなく、水分も補給できるのが特徴です。

17グラムの個包装が5本セットになったパッケージで、お出かけ先でも手軽に与えることができるので便利ですね。

あさり以外で猫に与えることのできる貝

カッティングボードに置かれたホタテ

猫が安全に食べられるのはホタテの貝柱

あさり以外で、猫が安全に食べられる貝は「ホタテの貝柱」です。

ただし、ホタテの内臓のウロ(中腸腺)と呼ばれる黒い部分は毒を持つため、食べると中毒症状を起こし死亡する恐れがあります。絶対に与えないようにしてください。 また、ホタテの貝柱の干物も、多量に塩分が含まれているため与えないようにします。

ホタテの貝柱は、高たんぱく質で低カロリーな猫の体に嬉しい食品です。また、猫の健康を維持するために必要なタウリンや亜鉛、葉酸が豊富で、積極的に摂取させたい栄養素が含まれています。

猫がホタテを安全に食べることができる理由

ホタテの貝柱にもあさりと同様チアミナーゼが含まれているため、猫にとって危険な成分が含まれていますが、加熱処理すれば安全に食べることができます。キャットフードにも使用されていることから、猫が好む食品であることがわかります。

初めてホタテを与える場合はごく少量から始め、猫がアレルギー反応を起こしていないか様子を確認することも必要です。食物アレルギーの症状は主に、下痢や嘔吐、皮膚炎を起こして体をかゆがるなどが挙げられます。アレルギー反応がない猫でも、1度に大量に与えないようにしましょう。

まとめ

調理されたアサリ

あさりには猫にとって危険なチアミナーゼが含まれていますが、正しく処理すれば安全な食品となります。猫の健康維持に必要な栄養素も豊富に含まれているので、少量ずつ適度な量を与えるとよいでしょう。

あさりの猫用おやつがいくつか市販されているので、手軽にあさりを与えたい方にはおすすめです。あさりは猫が好む食品なので、ご褒美感覚で食べさせてみてはいかがでしょうか。