猫の『まばたき』に隠されたメッセージ4つ

猫の『まばたき』に隠されたメッセージ4つ

猫が目を閉じると、目がすごく細くなってとてもかわいい萌え顔になります。そんな猫好きにはタマラにゃい表情が見られるタイミングが、「まばたき」の時です。どんな時に猫がまばたきするのか、早速チェックしましょう!

3269view

猫はどんな心理のときに瞬きをするのか?

目を閉じた猫の顔アップ

猫がまばたきをするのは、こんな心理があるようです。

1.好き…!

ハートのクッションに顎を乗せた子猫

飼い主さんのことが好き、という気持ちを伝えるため、ゆっくりとまばたきすることがあります。飼い主さんと目があったとき、猫がゆっくり目を閉じたら、「大好き!」と言っています。まばたきをし返すと、好き返しができます。ぜひ積極的に、伝えていくと良いでしょう。
筆者も良く、猫と目が合ったときにまばたきをして、好きを伝えています。猫が返してくれると、とても幸せな気持ちになります。オススメですよ〜!

2.こんにちは〜

目を閉じて陽にあたる猫

挨拶の意味で、まばたきすることも。初対面の猫がまばたきをしてくれたときは、「こんにちは!」と言ってくれています。やはりまばたきをし返して、挨拶しましょう。たとえ猫相手でも、それが礼儀というものです。挨拶をきっかけに、仲良くなれるかもしれません。

3.はい!

目を閉じた茶トラ猫

飼い主さんが名前を呼んだとき、まばたきをするのは返事をしていると思われます。猫は飼い主さんの呼びかけに、様々な形で返事をします。「にゃ〜」と鳴く場合もあれば、しっぽや耳をちょっと動かして、めんどくさそうに答えることも。まばたきも返事の仕方の1種と考えることができます。

4.敵意はありませんにゃ

目を細めて視線をそらす猫

猫とじっと目を合わせることは、喧嘩を売っている意味になります。そこで猫は、敵意がないことをまばたきすることで、伝えています。猫にとってまばたきは、相手と平和的コミュニケーションの手段なのです。

逆にまばたきしないときは?

大きな瞳で見つめる猫の顔アップ

猫がまばたきするときの心理が分かったところで、逆にまばたきをしないことがあります。その心理とは?

警戒中

物陰から様子を伺う猫

猫が警戒していると、じっと目を見開いて様子を伺います。初対面の猫など、信頼関係がない猫と目を合わせると、威嚇されることも。無駄に刺激しないよう、早々にまばたきして敵意がないことを伝えましょう。

目を反らします

目をそらしてくつろぐ猫

まばたきをしない代わりに、目をふいっと反らすケースも。筆者が思う限り、まばたき派な猫と目反らし派な猫がいると思います!

言いたいことがあります!

座ってこちらを見上げる猫

信頼関係のできている間柄なら、多少目を合わせる場合があります。猫がわざわざ目を合わせてきたときは、何か言いたいことがあるとき。しっかり話を聞いてあげてください。

ただ、猫の場合は悩みなどではなく、「お腹空いた」「撫でて」などが大半の話となります。何を求めているか、察してあげましょう。

まばたきが多いときは要注意!

毛布にくるまって片目を閉じる子猫

まばたきが頻繁な場合、病気にかかっている可能性があります。考えられる病気としては、目のキズや角膜炎、結膜炎、眼瞼内反症などです。

また、片目だけつむるウインクをしているときも、「可愛い〜!」で済ますのではなく、異常を疑いましょう。可能性としては目にゴミが入った、目のキズ、前述した病気が考えられます。ずっとまばたきをしている場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

まとめ

晴(はる)

晴(はる) / ♂ / 茶トラ / 3.2kg

猫は言葉を話さない代わりに全身を使って、感情表現をしています。目というパーツも、その1つ。ぜひ猫のまばたきの理由を理解して、コミュニケーションしてくださいね!