インフルエンザは猫にもうつる?飼い主が風邪をひいてしまったら。

【獣医師監修】インフルエンザは猫にもうつる?飼い主が風邪をひいてしまったら。

飼い主のインフルエンザは猫にも感染するのでしょうか。寒い時期になり空気が乾燥すると、インフルエンザや風邪が流行します。自身や家族がインフルエンザに感染したとき、猫にうつってしまわないかと心配する方もいるかもしれません。そこで今回は、インフルエンザが人間から猫にうつるのかについて詳しく解説します。

1010view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

インフルエンザは猫や犬にうつらない

並ぶ猫と犬

基本的に、インフルエンザが人間から猫にうつることはないと言われています。人間が感染するインフルエンザは「ヒト季節性インフルエンザ」であり、人同士ではうつりますが、他の動物にうつることはありません。

それは、ウイルスを受容する細胞分子が人間と他の動物では異なるためです。かかる動物によって体内に保有するインフルエンザの型が違うため、基本的には同じ種類の間でしか感染は起こらないと考えられています。

しかし海外では、飼い主がインフルエンザを発症した後に猫にも同じような症状が現れたという珍しいケースもありました。インフルエンザウイルスは感染者を媒介する中で変異を繰り返すため、人間と動物との感染の可能性がゼロとは言い切れないのが現状です。

風邪は猫にうつる?

見上げるくつろぐ猫

風邪も基本的にうつらない

人間の風邪の原因となるウイルスと、猫の風邪の原因となるウイルスは種類が異なります。そのためインフルエンザと同じように、人間と猫の間でにうつることはありません。

ただし、猫が呼吸器疾患と併せてクラミジア感染症を発症している場合は注意が必要です。稀なケースですが、猫から人間に感染してクラミジア結膜炎を発症したこともありました。

湿度の変化やストレスによる免疫力低下など、感染症にかかりやすくなる理由は人間も猫も同じです。空気が乾燥すると、ウイルスが空気中を浮遊しやすくなり活動が活発になります。寒い時期には加湿器などで部屋の湿度を保ち、感染予防に努めましょう。

人の風邪とは別の猫風邪がある

人の風邪とは別に、猫がかかりやすい風邪があります。「猫風邪」というのは正式な病名ではなく、「猫ヘルペスウィルス」や「猫カリシウィルス」などウイルス感染による呼吸器疾患を一般的に「猫風邪」と言います。

くしゃみや咳、鼻水、発熱など人間のインフルエンザと似た症状が現れることから「猫インフルエンザ」と呼ばれる場合もあります。ウイルスにより口腔や喉に炎症が起きると、痛みから食欲減退や元気の喪失といった症状も見られます。

猫風邪で死ぬということはほどんどありません。しかし細菌による二次感染で肺炎を引き起こすと、最悪の場合は死に至る可能性もあります。自己診断せず、早めに動物病院を受診しましょう。

「猫ヘルペスウィルス感染症」や「猫カリシウィルス感染症」の予防には、ワクチン接種が有効です。ワクチンによって抗体ができれば、感染した場合の重症化の予防に繋がります。

鳥インフルエンザは猫にうつる

青いウィルス画像

2017年の冬、アメリカで鳥インフルエンザが猫へ感染した事例が報告されています。ニューヨークの保護施設にいた猫500匹に、咳や鼻水などの症状が相次いで現れました。それまで猫特有のウイルスは知られておらず、 大流行したのは初めてとのことです。

原因は「H7N2型」と呼ばれる鳥インフルエンザの一種です。感染した猫のくしゃみなどによる飛沫感染や、接触感染によって拡がることも分かっています。通常の鳥インフルエンザは哺乳類に感染しにくいと考えられていましたが、H7N2型ウイルスは哺乳類のフェレットへの接触感染も認められました。

研究機関の調査によると、ほとんどの猫は感染しても深刻な症状が出ることはなく、タミフルなどの治療薬も効果が見られたそうです。

飼い主がインフルエンザにかかったら

鼻をティッシュで押さえる少女

早めに医療機関を受診する

猫の飼い主である人間がインフルエンザウイルスにかかると、前駆症状として体のだるさ、強い悪寒、喉の痛みなどが現れます。1~2日の潜伏期間を経て、高熱や筋肉痛を発症します。発症後48時間以内であれば、抗インフルエンザ薬の効果が期待できるため早期治療が重要です。

病院でインフルエンザと診断されたら、安静にして十分に休養をとりましょう。高熱によって脱水状態になる場合もあるので、水分もしっかり補給してください。感染予防の観点から、熱が下がってから2日以上経過するまで極力外出は控えましょう。

なるべく飼い猫と接触しない

インフルエンザの主な感染原因は、咳やくしゃみによる飛沫感染と接触感染です。猫にうつることはなくても、接触した猫を介してウイルスが他の家族に感染する可能性があります。寝ている部屋に猫を入らせないようにし、猫のおもちゃや食器に触れないよう心がけましょう。

代わりにお世話を頼む人を見つけておく

飼い主がお世話をできなくなることを想定し、緊急時にお世話を頼める人を探しておくことが重要です。インフルエンザなどの体調不良以外にも、急な用事で代わりに猫のお世話をお願いする場面もあるかもしれません。

家族や友人にお願いする場合は、前もって猫を慣れさせておき、お世話の方法などもまとめておくと安心です。周囲に頼める方がいない場合は、ペットシッターやペットホテルといったプロが心強い味方となってくれます。

まとめ

病気の男性と猫

人間のインフルエンザは猫にうつることはほとんどありません。しかし海外では、鳥インフルエンザが人間や猫に感染した事例も報告されています。

インフルエンザは感染力の強いウィルスです。飼い主がインフルエンザにかかった場合、接触した猫を介して周囲に感染する可能性も考えられます。できるかぎり猫との接触は避け、1日も早い体調の回復につとめられるとよいですね。

30代 女性 ひなた

人間のインフルエンザは、猫ちゃんにはうつりません!
昨年のインフルエンザ流行期に友人がA型インフルエンザにかかってしまいましたが猫ちゃんにはうつっていませんでした。私も猫ちゃんにはうつらないかと心配しましたが、獣医師に聞くと人間のインフルエンザは猫ちゃんにはうつらないですよと教えて下さいました。猫ちゃんにはうつらない病気も数多くあるようですよ。
その反面、人畜共通の病気もありますので、疑問に感じたら獣医師や看護士さんに聞いてみると、勉強になりますね。