チョコ風味もダメ?どうして猫にチョコレートを与えてはいけないの?

チョコ風味もダメ?どうして猫にチョコレートを与えてはいけないの?

猫にチョコレートを与えてはいけない事は、猫の飼い主であれば周知の事実であると言えます。しかし、何故猫にチョコレートを与えてはいけないのかその理由まで知っている飼い主は少ないと考えられます。今回は、何故猫にチョコレートを与えてはいけないのかを述べていきます。

1441view

チョコレートのカフェインとテオブロミンが猫にはNG!

チョコレート

チョコレートにはカフェインとテオブロミンという物質が含まれています。カフェインは私達がよく口にするお茶やコーヒーなどに含まれています。このカフェインやテオブロミンが、猫にとっては中毒症状を引き起こしてしまう原因になります。

猫がチョコレートを食べると、以下のような症状が現れます。

  • 下痢やおう吐
  • 動悸、息切れ
  • 興奮状態
  • おしっこが多い、少なすぎる
  • ふらつき、歩行困難

猫にはカフェインやテオブロミンを分解して外に排出する力がありますが、その力はとても弱いです。したがって、体内にカフェインとテオブロミンが長時間留まってしまう事になるためチョコレートは危険だという事になります。

猫にはチョコレート風味の食べ物も危険

チョコチップクッキーの匂いを嗅ぐ猫

チョコレートそのものは猫にとって危険です。では、チョコレート風味のお菓子や食べ物などはチョコレートそのものではないので大丈夫だと考える飼い主もいると考えられます。

しかし、チョコレート風味の食べ物もカフェインやテオブロミンが含まれているので猫には与えてはいけません。

チョコレート風味の食べ物は以下のものが挙げられます。

  • チョコレートパン
  • チョコレートケーキ
  • ココア
  • チョコレートクッキー
  • チョコレート風味のキャンディ

これらのチョコレート風味の食べ物は、チョコレートそのものと比較するとカフェインやテオブロミンの含有率は少ないです。しかし、両方の物質が含まれている事実は変わりません。

猫がこれらの食べ物を口にすると中毒症状を起こします。したがって、チョコレートと同様に見なして猫には絶対に与えないようにして下さい。

特にクッキーやパンなどのおやつは猫が誤食しやすいため、猫の手の届かない所に保管しておきましょう。

猫がチョコレートを食べてしまったら?

獣医師の診察を受ける茶トラ猫

チョコレートは猫にとっては危険な食べ物ですが、人間にとっては疲労回復やストレス発散などに役立つ食べ物です。したがって、どこの家庭でもチョコレートは高確率で食べられています。

なので、好奇心旺盛な猫ちゃんが誤ってチョコレートを食べてしまう可能性も高いです。よって、万が一猫がチョコレートを誤食してしまった場合に備えておく必要があります。

チョコレートを食べた時の中毒症状

まず、具体的にどのような中毒症状が出るのかを知識として頭に入れておく事が必要です。猫の中毒症状は主に引きつけや痙攣を起こします。しかし、中毒症状が即座に出る訳ではないので注意して下さい。

動物病院に連れて行く

次に、動物病院に猫を連れて行く準備を整えます。チョコレートを食べた日時、量、そして現在の健康状態は最低でも医師に伝えなければならない事柄です。きちんと医師に伝えられるようにメモをしておきましょう。

チョコレートを誤食してしまった場合の応急処置は、飼い主に出来る事ではありません。したがって、治療は医師に任せて一刻も早く動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

まとめ

コーヒーとチョコレートの前でくつろぐ猫

チョコレートが猫にとって危険な理由は、カフェインやテオブロミンを上手く分解出来ないため中毒症状に陥りやすいからと言えます。なので、絶対にチョコレートを猫に与えてはいけません。それは、チョコレートが含まれているお菓子も同様です。

そうは言っても家庭には必ずチョコレートがあるという飼い主も多いです。なので、誤食は避けられないと考えられます。万が一、猫がチョコレートを食べてしまった時は食べた時の状況と現在の健康状態を医師に伝えられるようにしてから、すぐに動物病院を受診しましょう。

チョコレートの中毒症状は遅れてやってくる場合もあるので、見た目が健康に見えても注意が必要です。チョコレートの誤食を確認したらすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク