もしもの時はどうする?猫が入院した時の4つの対処法

【獣医師監修】もしもの時はどうする?猫が入院した時の4つの対処法

もしも愛猫が入院する事になったら、心配でいてもたってもいられません。猫が病院で過ごすのは、飼い主さんも猫も不安になるでしょう。そんなもしもの時に猫への対処法と、猫の入院についてをまとめてみました。

1626view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫の入院とは

エリザベスカラーをつけた猫

もしも猫が入院することになったら

入院は誰もが進んでやりたくないことですよね。入院する猫自身も、同じようにかなり苦痛を感じるでしょう。

飼い主さんも、愛猫がいなくなる寂しさや不安もあるでしょうし、猫にとっても慣れない環境で過ごすというのは不安がいっぱいと言えるでしょう。猫が入院をしなくてはいけないとき、どんな環境なのか、まずは知っておきましょう。

入院施設の種類を知る

  • 一般入院室
  • 隔離入院室
  • ICU入院室

動物病院によっては、設備や入院施設の種類もあるので説明したいと思います。

一般的な入院に利用されるのは、ステンレス製のボックスで、それぞれ個別に猫や犬が入れられるようです。動物病院によっては、犬猫が同じ部屋である場合と、犬と猫は別の部屋に分ける場合とがあるようです。

猫の病気によっては、個室で隔離された部屋に入院させる場合もあります。それは伝染病や感染症などの病気の場合に隔離入院室を利用するそうです。

ICUと言われる場所に入院する猫は、常に獣医さんの目が届き異変にいち早く気づける場所に置かれているそうです。

24時間猫を診てくれる?

エリザベスカラーをつけた猫

猫を入院させるときに、飼い主さんが心配なのは「夜間はどうしてるのか?」と言う所ではないでしょうか?夜中に誰もいないと不安で仕方ないと思うのは当然ですよね。

これも動物病院によっては様々なのですが、緊急時に手遅れになると言うようなことがあると問題です。

動物病院側の看護体制が24時間体制なのか、テレビカメラ体制なのか、回数を決めて回診するのかを確認しておきましょう。

もちろん重症な場合と、軽い病状の場合でも、回診頻度も変わってくるそうですので、そちらも確認しておきます。

猫が入院したときの対処法

病院のゲージに入院している猫

1 入院時の猫の食事

猫が入院することになったら、動物病院では一日2回の食事になることが多いでしょう。好き嫌いなく食べてくれれば問題ありませんが、偏食の猫や、決まった物しか食べない猫の場合、どうするべきなのでしょうか?

このような場合、猫の病気から動物病院側の判断があります。病気に影響なければ、ご飯を持参するのを許可されるかも知れません。もしくは動物病院で、猫が食べやすい物を与えてくれる場合もあると思います。

2 入院時の猫のストレス

エリザベスカラーをつけた猫

猫にとって入院はストレスしかありません。嫌いな匂いや、知らない環境に身を置かれて、神経を尖らせて休まる暇もないのです。

また入院室のスペースから動けないので、音が気になっても逃げることもできません。猫が少しでも安心でき、ストレスを軽減させるには、猫が入院する場所に、隠れ家を作ってあげる、自分の匂いがついたタオルや食器などを持参してあげると良いでしょう。

また猫を預けるときに、どのような特徴の猫か、怖がりなところ、気が強いところなどの内容を動物病院に伝えておくと良いでしょう。

3 入院時は猫と面会できるか

エリザベスカラーをつけた猫

ほとんどの動物病院では、猫の面会ができます。動物病院によって、時間が決まっているようなので事前に確認するか、連絡してから行くようにしましょう。例えば、毎日猫の顔を見に行くのは、猫にとっては良いのでしょうか?猫が安心できる場合もあれば、ストレスになることもあるようです。

どれくらいの頻度で会いに行くのが良いのか、動物病院側の意見を聞いたり、獣医師さんの指示に従ったりして面会の頻度を決めてください。面会を断る動物病院もあるようですが、飼い主が猫の状況を知るのは当然の権利と言えます。

4 緊急時に対応できるようにしておく

動物病院と連絡がすぐとれる状態にしておきましょう。もしも猫の容態が急変したときに、動物病院から連絡が入ると思います。そのときに、電話に出られない、気づかないなどがあると大変です。

飼い主さんが電話に対応できないときに、家族の連絡先を教えておくのも大事です。動物病院にすぐ駆けつけられない場合に、家族の人が行けるようにするなど話し合っておきましょう。

まとめ

笑顔で猫を抱く女性と獣医師

猫が入院したときの対処法についてご紹介させていただきました。猫が入院をしたときは、飼い主さんも不安でいっぱいだと思います。

わからないことや不安に思うことは、どんな些細なことでも動物病院に相談して良いのです。何も知らないよりかは、信頼できる動物病院に任せたいと思いますよね。大切な猫が入院して離れるのは、それくらいの気持ちがあって当然なのです。