猫が『ひょっこり♡』6つのシチュエーション

猫が『ひょっこり♡』6つのシチュエーション

可愛い猫の顔ひょっこり。きょとんとした顔をのぞかせる姿は、猫好きにはたまらない瞬間です。その悶絶級の顔ひょっこりを見逃さないためにも、見られるシチュエーションをあらかじめ、チェックしておきましょう。うまくやれば、誘導する事もできそうです!

1631view

「顔ひょっこり」が見られるシチュエーションとは?

ひょっこり顔を出す猫

可愛い猫のひょっこり顔が見られるのは、こんなシチュエーションのときです。

1.遊んでいるとき

棚から顔を出す黒猫

猫が遊んでいるとき、様々な場所からひょっこりと顔をのぞかせる場面が見られる事でしょう。箱から、壁の向こうから、何かの隙間からなど、どこから出てくるか分かりません。

飼い主さんが動かすおもちゃをじっと見て狙いを定める為、物の陰からひょっこりと、半顔だけのぞかせる事も。きゃわいい猫の姿、見逃さないようにしてください。

2.なんか気になってる

遠くから顔をのぞかせる猫

聞きなれない音がする、何か気になる物があるなど、何かが気になるので、ひょこっと顔だけ出して様子をみる事があります。同居猫が遊んでいるのを、ちょっと距離がある場所からじ〜っと眺めている場合も。

そんなときの猫は微動だにせず、息を潜めて穴が開くほど見つめているので、こちらが吹き出しそうになって来ます。そんなに遊びたいなら仲間に入れば良いのに、と思いますが、素直にそうできない、猫なりの事情があるのでしょう。

猫にバレないように、シャカシャカと獲物が動いているような音を出してみるのも、オススメです。気になった猫は、すかさずひょっこりして足早に近づいてくるでしょう。

3.辺りの様子を伺っている

扉から辺りをうかがう猫

警戒していて、辺りの様子を伺う為にひょっこり猫となる場合も。敵はいないか危険な物はないかなど、顔だけ出して確認します。

何か不測のあった時、すぐに顔を引っ込めて逃げられるようにしているのでしょう。全身を出してしまうと、敵に突然急所を狙われる可能性もありますから。こっそりと辺りを伺い、さささ〜っと素早く移動します。

マイペースに見えて意外と慎重な生き物の猫。ひょっこり見は、そんな猫の性質が垣間見える仕草です。

4.起きた

キャットタワーから顔を出す猫

お気に入りのベッドに入りぐっすりと睡眠。そして目が覚めた時、ひょっこりとベッドから顔を出すことがあります。寝ぼけまなこの寝起きの顔も可愛いです。

正にシャッターチャンス!まだ目がしょぼしょぼしている時の顔、激写してしまいましょう。その写真はきっと、落ち込んだときに見ると勇気を与えてくれる事でしょう。

5.名前を呼ばれた

木の隙間から顔を出す猫

飼い主さんに名前を呼ばれたので、ひょこっと顔を出す場合もあるでしょう。名前を呼んだら姿を見せてくれるなんて素晴らしいですね。

筆者宅の猫は、メス猫は呼んでもあまり反応してくれません。側にいれば大抵はこちらを向いてくれますが、どこにいるか探していて名前を呼ぶときは、なぜか返事もしないでじ〜っとしています。

ちょっとでも反応してくれると、とても助かるのですけどねぇ。

6.獲物を狙っている

舌を出す猫

猫が獲物を狙っている時は、獲物にバレないように、陰からひょっこりと、ちょっとだけ顔を出して鋭い眼光で狙いを定めます。そして耳と鼻、ヒゲなどの感覚を駆使して、獲物を捕獲します。待ち伏せして狩るのが猫の狩りの基本スタイル。

猫同士でも遊んでいる時、待ち伏せすることがありますね。飼い主さんを待ち伏せして、襲いかかる猫もいます。

待ち伏せしている時にひょこひょこと、たまに顔を出して相手との距離を測っている事もあります。猫が物陰からチラチラと顔を出していたら、襲いかかる準備をしているのかもしれません。狩られるか狩られないかは、飼い主さん次第です。

まとめ

ダンボールから顔を出す猫

猫が顔をひょっこりと出している時、こちらもひょこひょこと顔を出すと、猫とダルマさんが転んだ、を楽しめることがあると言います。ぜひやってみてください。

筆者宅の猫たちは残念ながら、顔をのぞかせるとすぐに近づいて来てしまうので出来ません。何かコツがあるのでしょうか?