お悩みを抱えた長毛猫ちゃんにおすすめ!ロイヤルカナン消化器サポート

お悩みを抱えた長毛猫ちゃんにおすすめ!ロイヤルカナン消化器サポート

フサフサふわふわでもこもこな長毛の猫ちゃん、ゴージャスでとってもかわいいですよね。ですがそんな長毛猫さんにも悩みがあるのです・・・。今回はそんな長毛猫ちゃんにぜひおすすめしたいキャットフードをご紹介します。

1340view

長毛猫ちゃんたちの救世主!ロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性繊維)ドライ

今回長毛猫さんにおすすめしたいのが、こちらのキャットフードです。

キャットフード実物

こちらのロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)ドライは、便秘の猫に給与することを目的としたキャットフードです。高消化性の原材料を使用しており、可溶性食物繊維の含有量が調節されています。こちらは食事療法食になります。

長毛猫とは

まず一般に長毛猫とは、その名の通り毛の長さが長い種類の猫のことをいいます。

長毛種ではメインクーンやノルウェージャンフォレストキャットなどがよく見かけるかもしれませんね。ミックスにももちろん長毛の猫がいます。毛が長くて、ふさふさで優雅。とても綺麗な猫ですよね。

長毛猫ちゃんのお悩み

毛足が長くて美しい、そんな長毛猫にも実は悩みがあるのです。

それは毛が長いがゆえに起こる、毛玉です。一般的に猫は冬になると毛を多く纏うようになります。逆に夏が近づくとそれらの毛は抜け落ちます。そのことを、冬毛になる、夏毛になるとよくいいますよね。

長毛猫は冬でも夏でも毛の長さは大してあまり変わりませんが、冬は特に毛の量が増えパワーアップします。そのため摩擦が起きるとすぐに毛が絡まり、毛玉となってしまうのです。長毛猫はブラッシングが必要と言われるのは、このためです。

また、猫は毛づくろいをします。長毛猫も同様に毛づくろいをしますが、その際に長い毛をよく飲み込んでしまいます。飲み込んだ毛はお腹の中で毛玉となり、吐き出すか、うんちと一緒になって出るかして、体外に排出されます。

うまく吐き出して毛玉をコントロールできれば良いのですが、まれにそれがうまくできない猫ちゃんがいます。そんな猫ちゃんはお腹の中に毛玉が長く滞在して腸につまり、便秘や下痢、食欲不振となってしまう可能性があるのです。

自宅の長毛猫

キャットフード ロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)ドライの成分

気になる成分をまとめてみました。

成分

タンパク質 31.9g
脂肪 15.4g
食物繊維 12.0g
灰分 8.1g
水分 5.7g
炭水化物 38.8g
カルシウム 1.1g
カリウム 1.03g
リン 1.03g
マグネシウム 0.07g
鉄 14.4g
銅 2.16g
亜鉛 21.3g
ナトリウム 0.51g
EPA+DHA 329mg
タウリン 0.22g
アルギニン 1.64g
ビタミンE 61.8mg
ビタミンC 20.6mg
ビタミンB群 35.33mg

ロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)ドライは毛玉に効果あり!

以前自宅の長毛猫が体調を崩した時に獣医から勧められたのが、こちらのキャットフードでした。自宅の長毛猫は便秘と下痢を繰り返し、血便も出始め、ご飯を食べなくなってしまい、受診をしました。

原因はお腹に溜まった毛玉がうまく出せないからじゃないかとのことで、獣医から勧められたロイヤルカナンの消化器サポートを試したところ、すぐに効果が現れたのです。

固めのうんちが出た後、毛がたくさん絡んだうんちがごっそり・・・これにはさすがに驚きました。

お腹が緩くなりすぎて下痢になってしまったらどうしようなどとも思いましたが、その心配はいりませんでした。現在も長毛猫にご飯としてあげていますが、以前の症状になることもなく、毛をうまく便から排出しています。

お腹がスッキリして好調なのか、たくさんご飯を食べるため少し大きくなった気がします。笑

長毛猫とキャットフード

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可溶性繊維 ドライ 猫用 2kg

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可溶性繊維 ドライ 猫用 2kg
3,755円(税込)

まとめ

自宅の長毛猫はなかなか嘔吐で毛玉を吐き出すことができない猫だったので、お腹に積もりに積もった毛玉が邪魔をしてうんちとして出すことも難しくなってしまったのでしょう。

獣医によると、長毛猫さんにはよく見られるとのことでした。

便秘や、便秘が原因で引き起っている症状でお悩みの方にはぜひおすすめしたいキャットフードです。