やんちゃなオス猫が我が家に仲間入り

やんちゃなオス猫が我が家に仲間入り

公園で中学生と遊んでいた飼い主のいないであろう子猫を見つけ、飼う事になりました。このオス猫が来た事で静かに暮らすメスの先住猫たちとの生活が賑やかでありまた、悩みの多いものとなりました。

1745view

人懐っこい子猫を公園で保護

正面を見る子猫

洗濯物を取り込み3階のベランダからその公園を見下ろすと、中学生の男女が一箇所に集まっていました。手にはススキを持ちみんなで揺らしています。

気になり下に降りてその場所に行くとそこにはキジトラ模様の子猫がいたのです。ススキに飛びつき、じゃれている姿がとても愛らしく飼い主がいない猫だと聞いて家で飼おうと決めました。

あんなに人懐っこく遊んでいたのに、抱っこされたのはよほど怖かったのか必死に暴れます。それを逃さないように抱える私の首筋や腕は引っかき傷で血が滲んできました。知らない人にいきなり抱きかかえられてすごく怖かったのでしょうね。

元気なオス猫のよもぎくん

おもちゃで遊ぶ猫

既に我が家には猫が二匹いる為、別の部屋に連れて行きそこでしばらく生活です。外猫だったので何か病気を持っていたとしたら大変ですから。違う猫の匂いにメスの先住猫たちも気づき、興味があるのか部屋の前を行ったり来たりしています。

夕方だったのでメス猫の世話は娘に任せてその夜はずっと一緒にいましたが、用意した爪とぎで爪を研ぎ猫用のトイレでちゃんとおしっこをしてくれたのにはびっくりしました。

抱っこを嫌がって暴れたけれど、おもちゃを目の前にすると飛び付いてとにかくよく遊びます。撫でるとゴロゴロと喉を鳴らし、膝に乗り甘えてくるのでもしかしたら飼い猫で迷子になってしまっていたのかもしれません。

綺麗なキジトラのこの子を「よもぎ」と名付けました。私の姿を探して大きな声で鳴き、遊んでほしいとばかりにおもちゃを加えてやってきます。

2匹のメス猫は6歳と7歳。もともと大人しい性格でしたし、最近はおもちゃで遊ぶより寝ている時間が多いためよもぎが来てから1日が賑やかになりました。

思い切り遊んだ後は、私の膝に乗りスヤスヤと寝息を立て始めます。オスは猫もやんちゃで元気、そして小さいので甘えん坊ですね。

メス猫2匹にマウンティング行動

ワクチン接種と去勢手術が終わって

検査とワクチン接種を終えて、成熟期が始まる前の生後6ヶ月以内にと薦められてそれから一週間後に去勢手術をしました。オスはその日のうちに連れて帰れます。それから3匹を少しづつ近づける事にしました。

別の部屋でお互いの存在を意識しながら過ごしてはいましたが、部屋から出してみるとメス2匹の威嚇の勢いが凄いのです。当のよもぎは逆にすり寄って仲良くなりたそうにしていましたが、10分ほどでまた別の部屋に戻します。

これを繰り返し、一緒にいる時間帯を長くしていき徐々に威嚇も薄れていくかに見えました。ところが、去勢手術をしたにもかかわらずメス猫たちの後ろから上に乗っかる交尾の時のような行動(マウンティング)をし始め、そこからメスの攻撃が始まります。

メスとオス、まずこの部分が距離を遠ざける原因であると考えていたので、虚勢手術が終わってからはその隔たりもなくなり徐々に慣れて仲良く過ごしてくれるものだと思っていました。

よもぎは手術前から穏やかな性格なので、いわゆる猫パンチを何発も受けて鳴きながら逃げます。そしてその行動は度々繰り返されるようになり、これではメス猫たちが受け入れてくれるはずがありません。時には2対1で喧嘩になる事もあり頭を悩ませていました。

猫のマウンティング行動は発情期だけではない

  • なわばりを保持したり自分が他の猫より優位であることをアピールするため
  • 虚勢済みでも脳から分泌されるホルモンによって行為をしてしまう
  • ストレスを感じた時にふいに始める事がある

動物病院の先生に聞いてみると上記のような原因も考えられるけれど、猫同士が慣れていく事で解決するのであまり気にになくて良いと言われました。よもぎは初めて飼うオス猫なので、今まで経験した事のない猫の部分に触れた気持ちになりました。

飼い主も猫に関して悩みすぎない事が大事

3匹が一緒にいる様子

喧嘩をする度にテレビで飼い猫同士が毛ぐろいをし合ったり一緒に眠っていたりするのを見て、家もこんな風に仲良くできないものかとため息ばかりついていましたが猫にも性格があり誰とでも仲良くなれるというわけでもありません。

すっかりメス猫たちに嫌われてしまったよもぎはおもちゃを見つけては一人遊びをしています。その様子がまた愛らしくてたまりません。廊下を走り周り、甘えた声で餌をねだり、とにかく元気いっぱいです。

それにつられて寝てばかりいたメス猫たちも起きている時間が少し多くなりました。そして飼い始めてから2年目くらいからは、遊び疲れて座っているよもぎの側にメス2匹が寄ってきたり、隣りに来て寝るような場面も見られるようになりました。

ホッとする一時です。「仲良く喧嘩しな」そんな歌があったと思いますが、マウンティング行為がまだ続くとしても時にはこんな風に穏やかに一緒にいられる時間が多くなるといいなと思います。

まとめ

人間にも相性の良い・悪いがあるのですから猫の世界にもそれはあるのでしょうね。多頭飼いしている場合はそれぞれの猫の性格を飼い主がキチンと把握し、それに合わせて接していく事が大事だと思います。いつの日か3匹が体を寄せ合って寝る姿が見れたらいいなと思っています。

人気のキーワード