猫が飼い主に知らせてくれる7つの事

猫が飼い主に知らせてくれる7つの事

猫が知らせてくれて助かったと言う経験はありませんか?気づかない時や忘れていた時に、猫はちゃんと、お知らせしてくれるところがあります。猫は飼い主さんにどんな事をお知らせしてくれるのか見ていきましょう!

4386view

猫が知らせる7つの事

見つめる三毛猫

猫は、ただの大人しいペットと言うわけではなさそうです。自分が暮らす家は縄張りになります。自分の縄張りにある異常を察知し、知らせてくれるのです。また、飼い主さんのうっかりを助けてくれる事もあるようです。

1 「目覚ましがなってるよ!」

時計と猫

猫は朝がくると飼い主に「朝だよ」と知らせてくれます。大抵の飼い主さんは、猫よりも起きるのが遅いのではないでしょうか?

なかなか起きないとそのうち、アラームがなりだして猫が「目覚ましがなってる!」「早く消してうるさい!」と必死になって起こしてくれます。

自分が起きたら「朝だよ!」と知らせるタイプ、目覚ましがなるまで待ってから「朝だよ!」と起こすタイプの猫がいるようです。

2 「誰かきたよ!」

ドアを見る猫

猫は誰かがきたと言うのを、いち早く知らせてくれます。人間には聞こえないような足音を、猫はすぐに察知できるようです。

猫が玄関方向に、首を長くしたり、玄関の方に行ったときは「誰かきたよ!」と言うお知らせの仕草になります。

インターホンの音に反応すると、飼い主よりも先に行くタイプ、後ろから覗くタイプ、隠れてしまうタイプといるようです。

3 「ご飯の時間だよ!」

ご飯の前で伏せる猫

猫にとってご飯の時間は忘れられると困るようです。特に朝ごはん、夜ごはんの時間は飼い主さんに、しっかり伝えないといけません。

飼い主さんが何かに夢中になっていると、つい時間を忘れてしまったりしますが、猫が知らせてくれるので気づくことができますね。

4 「お風呂が湧いたよ!」

風呂桶と猫

猫はあらゆる音に反応をします。大きな音から小さな音に「この音は危険」と判断すると、緊張感が走ります。しかし毎日聞き慣れた音の場合は、飼い主さんの音と理解ができるようです。

お風呂のお湯が湧いた時、洗濯が終わった時などの音は、気づかない飼い主さんに教えてくれる事があります。音のなる方へ、猫が向かっていくようです。

5「不安になるよ」

悲しそうな子猫

不安な気持ちになると、うずくまってしまうタイプと、鳴いて知らせるタイプがいるようです。

生活の中で、猫が不安になってしまう事はいくつかあります。中でも、粗相をしてしまう猫は、不安のストレスを抱えている事があります。

また飼い主さんの大きな声に、不安が隠せず「にゃー」と鳴いてくる事があります。

猫の不安な気持ちを行動から「やめてほしい」と知らせているのでしょう。

6「今日はいい事があるよ」

HAPPYな子猫

こんな猫占いがあるのをご存知ですか?朝起きた時、猫の行動で今日の一日がわかるそうです。

朝起きたら猫が玄関にいると「良い出会いがある日」になるそうです。また朝起きた時に、お風呂場にいたら「お金にまつわる良い事が起こる」と言われています。

朝の猫の行動で、今日の一日を知らせてくれる占いがあるそうです。

7 「嫌な予感がする!」

隠れる子猫

猫の耳やヒゲには、音や電磁波を感知できる機能があるようです。地震などによる災害がくる前に、飼い主さんよりいち早く気づいてしまうのです。

高い場所に移動したり、家の中を走りまわったり、体を硬直させてしまうなどの行動を見せます。

猫がそわそわしたり、落ち着かない仕草を見せた時は、「なんか嫌な予感…」を知らせている場合もあるようです。

まとめ

スマフォを見る人の傍にいる猫

猫が飼い主に知らせてくれる事を紹介しました。猫のお知らせで、猫の存在や大切さがわかり、それも生活の一部になるのではないでしょうか?

猫が飼い主に知らせてくれる事は、飼い主さんが気づかない時に、手助けをしてくれているのでしょう。猫のお知らせは、良いお知らせと言えるかも知れませんね。

猫が、知らせてくれた時は「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。