猫がぼんやり黄昏れる9つの理由

猫がぼんやり黄昏れる9つの理由

猫がぼんやりしている姿は、よく目にすると思います。猫の一日は、寝ているか起きていても、ぼんやりしていることが多いですよね。いつもと違った様子でぼんやりしていたら、どんな理由か知りたくないですか?

2181view

猫がぼんやりする9つの気持ち

振りかえる猫

黄昏れると言う言葉の意味は、物思いにふけている時などに用いられるのですが、薄暗がりで顔が見えない様子からきている言語だそうです。

今回は、黄昏れると言う言葉から連想できる、猫の気持ちについてご紹介いたします!

1 季節を感じているから

窓から外を見る猫

窓の外をじーっと見つめるのが好きな猫は、ぼんやりと黄昏ているように見えます。

季節によって外の景色も違って来ますよね。秋は紅葉を感じたり、冬は雪を眺めたり季節を楽しんでいるのでしょう。季節を感じると、猫も人恋しさみたいな気持ちになるのでしょうか?

2 恋をしているから

上を見上げる猫

恋をすると、その人のことばかり考えてしまいますよね。

猫もきっと同じ気持ちになっているのでしょう。好きな猫にどうすれば近づけるのか、気持ちが伝わるのかなどを思いぼんやりしてしまうのでしょう。

3 寝起きだから?

寝る猫たち

寝起きは、猫もぼんやりしています。ぼんやりしながら「もう少し寝ようかな」「起きたけど暇だな」など思っているのかも知れませんね。

あくびをしながらそんなことを考えているかのよう。もしかすると、夢から覚めていない可能性もあるかも知れませんね。

4 悩み事があるかも!?

ぼんやり座る猫

思い悩む事があると、自然とぼんやりしてしまうものです。

一定の方向を見て、瞬きもせずにぼんやりしてしまうのでしょう。「これから何しよかなぁ」と一日の予定を立てているようですね。猫なりに悩み事はあるようです。

5 ぼーっとしてるだけ

集まる猫たち

とくに理由はありません。ただ、ぼーっとしているだけなのです。猫の集会では、たくさん集まった猫達が、何することなくぼーっとしています。

集会に参加すると、各々がまったりとして過ごします。人間にはわからない猫の世界があるのでしょう。猫はぼーっとしているのがよく似合いますね。

6 昔を思い出しているから

猫横顔

猫にも思い出はあるようです。子猫時代、飼い主さんとの出会い、楽しかった思い出がふと思い出されるのでしょう。

「楽しかったなぁ」「また遊べるかな」など昔を思い出して、自分の世界に浸っているようですね。猫の場合、楽しすぎた思い出は心に残るみたいです。

7 落ち込んでいるから

手の上に顔を乗せる猫

思い通りにいかなかったり、期待を裏切られてしまうと落ち込んでしまいます。

楽しみにしていた事がなくなり、元気がなく肩を落としてしまっているのでしょう。

飼い主さんが中々帰ってこない、遊んでくれなかった、冷たくされたなどから、顔が暗くなったみたいですね。

8 寂しい気分になっている

部屋の中にいる猫

猫が寂しい時に見せるのは、何気に寂しいアピールをしてくることもあれば、一人寂しく佇んでいることもありますよね。

一匹狼というなの一匹猫の姿にクールさと母性を感じてしまいます。寂しい気持ちを見せないようにしているけど、どことなく切なそうな顔を見ると「守ってあげたい」と思うものです。

こんな時はたっぷり甘えさせてあげたいですね。

9 大人気分を味わっている

香箱座りの猫

黄昏ている猫のイメージは、どことなく大人っぽさがあります。

夕日を見ながら少し眩しそうに見つめる視線や、香箱座りをしてぼんやりしている姿には、子猫の頃よりも落ち着きのある感じを思います。

猫も黄昏れている時は、少し大人気分を浮かべているのかも知れませんね。

まとめ

夕焼けの中の猫

猫がぼんやりと黄昏れる理由を紹介してみました。

黄昏れると言う言葉から、元気がない、がっかりする、落ち込むと言った、メガティブな気持ちが多いのかも知れませんね。ポジティブな意味で連想するなら、物思いにふける事が思い当たります。

黄昏たくなるのは、良い思い出や未来の想像だったりします。私たちと同じような気持ちで、猫もぼんやり黄昏ているのではないでしょうか?

猫が黄昏れる場面があれば、どんな気持ちなのか考えてみても楽しいでしょうね。