猫が飼い主にもっとして欲しい9つの事

猫が飼い主にもっとして欲しい9つの事

今の生活で満足しているのかも知れませんが、もしかすれば我慢している可能性もありますよね。猫が飼い主に、もっとこうして欲しいと思っていることがあるようです。どんな事があるか見てみましょう。

4231view

1 もっと接して欲しい

窓際にいる白猫と人

猫が飼い主さんに密かに望んでいるのは、スキンシップが足りないと感じているようです。「一緒にいる時間はもっと接して欲しいな」と心の中では思っているようです。

猫はもっともっと、飼い主さんと仲良くなりたがっているのでしょうね。

2 もっと遊んで欲しい

遊んでいる途中の猫

「ハイ!今日はここまで」とおもちゃを片付けると、切なそうに「もう終わり?」と言う顔をします。いつも遊んであげている時間では物足りないようです。

やっと気分が乗ってきた時に、遊びが終わると「もっと遊んで欲しい!」とおねだりしてきます。猫が「もう疲れた」と思えるまで遊んであげられるのが理想ですね。

3 もっとサインに気づいて欲しい

見つめる猫

猫の出しているサインに気づいてあげられていますか?

飼い主さんに甘えてくるサイン、拗ねてるサイン、やめて欲しいのサインなどに、いまいち気づいてあげられていないのかも知れません。

猫の些細なサインに気づいてあげると、絆も深まりそうですね。

4 もっとトイレ掃除して欲しい

トイレから覗く猫

猫は綺麗なトイレを使用したいと思っています。「トイレの中が汚れていて嫌だなぁ」と思っていたり「また取り残しがあるなぁ」と思いながら使用している場合もあります。我慢しながらトイレで排泄していると可哀想ですね。

5 たまには気分転換したい

おやつをもらう猫

たまにもらえる、おやつや嗜好品は楽しい時間になるようです。ご飯の時間ではない時のおやつは最高に嬉しいようです。

「ストレスが発散できないな」と感じている時に、嗜好品のマタタビを与えると、気分転換もできて良いみたいです。たまにはこういうので、猫も気分転換がしたいと思っているようですね。

6 もっと愛情が欲しい

窓際を見る茶色い猫

猫に愛情を注いでいると思っていても、猫には足りていないかも知れません。つい、自分のことに夢中になってしまい、猫とコミュニケーションが取れていなかったりします。

また、たくさんの猫がいる家では、どの猫も「もっと愛情が欲しい」と感じているかも知れません。どの猫も満遍なく愛情を注いであげられるように心がけたいですね。

7 もっと静かにして欲しい

不機嫌な猫

落ち着いて過ごせない、ゆっくり眠れないなどでストレスに思っているようです。猫は言葉を話せませんから、我慢しながら過ごしているのかも知れません。

きっと猫が言葉を話せたら「うるさい!」と言うかも知れませんね。猫の気持ちに気づいて、静かめな環境や行動にしてあげるようにしましょう。

8 もっと行動範囲を広げたい

冷蔵庫前で開けるのを待つ猫

猫が運動不足で退屈そうにしていたら、お家の中で上下運動が出来るように、キャットタワーを新調してみてはいかがででしょうか?猫は広い空間を走り回るよりも高い場所に上り下りする事が大好きです。

また、キャットタワーにはいろんな隠れられる場所や、ハンモックなどアスレチック要素が詰まっています。隠れた事のない感覚で猫も新鮮な気持ちになるでしょう。

そして猫は高い所に登って日向ぼっこをしてみたり、窓からお外を眺めるのも大好きです。また、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげる事で猫の運動不足も解消されますので、定期的にキャットタワーを新調してあげる事をおススメしますよ!

9 もっと一緒にいたい

青い腕を掴む猫

クールに見せていますが、飼い主さんが家にいると心が弾んでいるようです。飼い主さんがいる時といない時では、お昼に起きている時間も長くなります。「こんな時間がもっとあるといいな」と猫も幸せそうに過ごしていることでしょう。

まとめ

ハートを見せる猫

猫が飼い主にもっとして欲しいと思っていることは、今よりももっと快適に生活したいと願っているからなのでしょう。もっとこうして欲しいと言う気持ちには、お願いと希望があるようです。

猫が飼い主さんに、求めていることを察してあげれば関係も深まっていくでしょう。猫は言葉で伝えられないぶん、態度や仕草で必死に伝えようとしています。そして飼い主さんだからこそ、猫の気持ちに気づいてあげられるのだと思います。