なぜそこで寝る?猫が寝る場所あるある7選

なぜそこで寝る?猫が寝る場所あるある7選

猫って広々した場所で寝れば良いのに「どうしてそんなとこなの?」と飼い主さんが思ってしまうような場所で、寝ていることがありますよね。そんな猫の笑ってしまうような「寝場所のあるある」についてご紹介させていただきます。

3028view

猫の寝場所あるある

眠る猫

猫って広々として落ち着ける場所で寝れば良いのに「どうしてそんなところで寝ているの!?」と、飼い主さんが驚いてしまうような場所で寝ていることがありますよね。

そんな「猫の寝場所あるある」についてご紹介させていただきます。

1.紙袋の中

紙袋と猫

猫って狭くて暗い場所が大好きですよね。

テーブルや地面に紙袋を置いていたりすると無理矢理体を押し込めて「ガサゴソ」と袋の中で体を回転させることがあります。

そうして静かになると「あれ?どこにいったの?」と飼い主さんは探してしまいがちですが、そのまはま紙袋で眠ってしまっていることもあります。

紙類は保温性もあるので温かいのかもしれませんね。しかし、落ち着いて眠れるのでしょうか...。

2.タンスの中

隙間からのぞく猫

猫が自宅でいなくなり「どこを探してもいない!」となってしまうこと、よくありますよね。

しかしよくよく探してみるとタンスの奥の方でスヤスヤと眠っていることがあります。

「どうしてそんなところで?」と言いたくなってしまいそうですが、猫は静かで暗くて誰にも構われない「パーソナルスペース」をお気に入りとしていることもあります。

誤って閉じ込めてしまわないようにしながら、様子を見てあげましょう。

3.ベッド下などの隙間

布の下からのぞく猫

猫はテレビやベッドなどの家具の下に隠れるように寝ていることもあります。

飼い主さんとしては「挟まってるの!?」とビックリしてしまいがちですが、猫は人間が思っている以上に体が柔軟で狭い場所に入ることができます。

狭い場所が好きだからこそ、家具の下で落ち着いて眠っているのかもしれません。

4.パソコンの上

パソコンと猫

飼い主さんがパソコンを使って仕事をしているときに「構って〜」と手元に近寄ってくることがありますよね。

近寄ってきてくれるのは良いのですが、キーボードの上に乗られてしまうと「誤操作」が起こってしまうので勘弁してほしいものです。

しかし、猫はそのまま飼い主さんのパソコンの上で眠ってしまうこともあるでしょう。

5.ソファのあの部分

ソファの肘掛の上の猫

猫はソファの広々とした場所で眠るなら分かるのですが、肘置きの狭いところで眠ったり背もたれの部分で「ダラーン」と伸びて眠ることがあります。

「落ち着くの?」と思ってしまいそうですが、猫サイズで案外安定感があるのかもしれませんね。

しかし、睡眠中に落ちそうになってしまうような仕草を見せることもあるので、こちらとしては落ち着かないものです。

6.玄関

玄関の猫

「猫がいない!」と思ったときに靴が並んでいるような玄関で伸びて寝ていることありませんか?

「汚いし、やめてよ〜」と言いたくなってしまいますが、玄関はタイルであったりアスファルトで出来ていることが多いので夏場は涼みに行くためにそこで眠ることがあります。

猫は暑かったりすると、自分で涼しい場所を探したりすることを知っているので、ある意味賢い動物ですね。

7.洗面台

洗面台で眠る猫

洗面台をふと使おうと思うと、猫がピッタリとおさまるように寝ていることありませんか?

「どうしてここ?」と言いたくなってしまいますが、フィット感があってお気に入りの場所なのかもしれませんね。

まとめ

椅子の上で眠る猫

猫は広々としたところで寝れば良いのに「どうしてそんなところで寝るの?」と、言いたくなってしまうようなところで眠っていることがありますよね。

紙袋やふすま、キーボードの上で寝ていたりすると飼い主としては「何でここ?」と気になってしまいますが、猫はその場所が落ち着くからこその、お気に入りなのかもしれませんね。

無理に起こそうとせず見守ってあげるようにしましょう。