猫が飼い主の手にくっついて眠る5つの心理

猫が飼い主の手にくっついて眠る5つの心理

飼い主さんが寝ていると、なぜか手を求めてくる猫がいます。ふかふかのベッドも、ほわほわ毛布も用意してあって、寝る場所には不自由していないはずなのに、なぜわざわざ手を要求する?そんな風に不思議に思う飼い主さんもいらっしゃるのでは?その謎、解き明かしていきましょう!

3671view

1.猫が飼い主を信頼しているから

飼い主の傍で寝る猫

飼い主さんを信頼していると、手を求めることが多いようです。

飼い主さんの布団に潜り込み、気がつけば手や腕を枕にしている…こんなかわいい光景が見られるかも。ほっこりする時間です。

飼い主さんとしてはとても嬉しいですが、しばらくすると手が痺れたり痛くなってしまったりするのが難点。でも猫を起こすのが心苦しくて、我慢している飼い主さんが大半です。

ぐっすりとかわいい顔をして寝ている猫なんて、とてもじゃないけど起こせないですよね…。

2.猫が飼い主の手を縄張りだ!と主張している

パソコンに置いている腕に枕する猫

猫の顔周りや体にはフェロモンが出る分泌腺が集中しています。

飼い主さんの手に近づけて、ニオイ付けをすることもあります。要するに、「飼い主さんは自分のモノにゃ!」と言っているのです。

縄張り意識の強さは猫によって異なりますが、強い猫だと他の猫が近くだけで咎めにくる場合も。

飼い主さんとしては嬉しいようなちょっと困るような、そんな瞬間です。

でもひいきせずに、みんな平等にかわいがってあげてくださいね。そうしないときっと拗ねちゃいます。

3.子猫気分

子猫が抱っこされる

飼い主さんを母猫のように慕っているため、手などにくっついて寝る場合も多いです。

子猫は体温を保つため、母猫や兄弟猫と体をくっつけて眠ります。その習性が残っていて、飼い主さんの手を求めてくるのでしょう。

特に最初の発情を迎える前に去勢・避妊手術をした猫の場合、ずっと性格が子猫のままと言いますから、体は大きくなっても子猫気分が抜けないと考えられます。ま、かわいいからいっか…

4.あったかいから

手を握る猫の手

単に寒いので、飼い主さんの手であったまっているということもあります。

お互いにあっため合えばほっかほかです。寒い冬は特にありがたいですね。

お互い湯たんぽ代わりと言うことで…底冷えする夜は、猫の温もりがあるとぐっすり眠れます。

猫も猫で、飼い主さんの手のぬくもりに、ほっとしているのではないでしょうか?心が温まります!

5.猫が飼い主の事を好きだから

猫と人の手でハートを作る

なんで飼い主さんの手を求めてくるかって?それは飼い主さんのことが大好きでくっついていたいからです。

甘えん坊の猫は特にべったりと手にくっついくるでしょう。そんなときはたくさん可愛がってあげましょう。

きっとゴロゴロと喉を鳴らして、喜んでくれるに違いありません。相思相愛、ラブラブな時間を楽しんでくださいね!

まとめ

手を合わせる人と猫

猫の寝るスタイルは様々です。飼い主さんにべったりの猫もいれば、ちょっと控えめな猫もいます。また、その日の気分で寝る場所を選ぶことも。

いつ猫に手を要求されるか分からないので、要求されたときは答えておいた方が良いかもしれませんね。

一度ハッピーな思いをした猫はまた要求してくるはずです。猫と幸せなひと時を過ごすためにも、もったいぶらずに手をどんどん提供しましょう!

人気のキーワード