愛猫はどこで寝てる?人と添い寝する2つのポジションと気持ち

愛猫はどこで寝てる?人と添い寝する2つのポジションと気持ち

寝るときは愛猫と一緒に布団に入る飼い主さんも多いと思われます。暖かくてふわふわな安らぎの一時、あなたの猫はどこにいますか?実は一緒に寝る時の猫の場所、寝相によって猫の気持ちが解るのです。あなたの猫はあなたと眠るとき何を思っているのか見てみましょう

2004view

1.猫は腕枕が好き

毛布の中でくつろぐ猫

人のように飼い主の腕枕で寝るのが好きな猫がいます。子供のようで恋人のようで、とても可愛らしいその寝方の理由は何でしょう。

飼い主の上は安全な場所

この寝方をする猫は、飼い主がとても安心できる存在だと知っています。安心できる場所の上に乗るのは猫の習性。つまり、安心できる飼い主の一部の上に頭を乗せているのは、ここは安全で安心だとリラックスしている証拠なのです。安心しすぎて腕枕どころか、全身飼い主の上に乗る猫もいますね。

においをつけている

猫はマーキングの際、首筋や顔を対象に擦り付けます。そのマーキングする顔や首を飼い主の上に乗せることで、「この人は私のものだ!」とアピールしていると言えます。猫にとって幸せな空間だから、他の誰かに渡したくないということですね。

2.猫は脇の下で寝るのが好き

飼い主の腕枕で眠る二匹の猫

飼い主の脇の下で寝るのが好きな猫も多いようです。そんなところで寝苦しくないの?と思いがちですが、猫にとってはここも至福の空間なのです。

母猫に抱かれる感覚

猫の授乳は、子猫を母猫の脇の下に抱えるような形で行われます。つまり脇の下は母親に抱かれた記憶のある場所。猫は飼い主の脇の下で眠るとき、子猫の気持ちになっているのです。愛猫はあなたを大好きなママと思っているのですね。

脇の下は飼い主のにおいの強いところ

人間としては恥ずかしいのですが、脇の下はにおいの強い部分です。そこで眠るということは、飼い主のにおいを強く感じながら眠ることができ、猫にとっては安心できる空間なのです。

顔に近いほど猫に信頼されているというのは本当?

飼い主の足元で眠る猫

猫と一緒に寝るときに頭に近いほど信頼されており、足に近いほど警戒されているという説があります。確かに警戒している相手には顔を近付けては寝ないのですが、そもそも嫌いな人や信頼していない人と一緒の布団で眠らないでしょう。

猫も寒ければ布団の深くに潜りますし、暑ければ顔を出すので、うちの子は足元で寝る等と悲観する必要はないと言えます。

まとめ

女の子の顔の横で眠る猫

猫にとって一緒に眠ること=幸せ。猫はとても賢く慎重な動物です。彼らが一番隙を見せる「眠る」時間を共にする時点で、あなたへの信頼度は最高だと言えるでしょう。

どの寝相もあなたを信頼していることに変わりはありません。可愛いパートナーが全てを委ねてすやすや眠る、そんな可愛い姿に癒されながら暖かな幸せな一時を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード