家の中で猫を立ち入らせない方がいい5つの場所

家の中で猫を立ち入らせない方がいい5つの場所

自宅であれば安全だし猫を放っておいても大丈夫!と思ってしまいがちですが、猫の行動によっては自宅のある場所が猫の怪我の原因になってしまうこともあります。今回は猫を家の中で立ち入らせない場所についてご紹介させていただきます。

3368view

猫を立ち入らせたら危険な5つの場所

女性の傍にいる白猫

外は事故の危険があるけど、自宅は特に何もないし「安全」と思ってしまいがちですよね。しかし、自宅の場所によっては猫を怪我や事故の元になってしまうこともあります。

そこでここでは、猫に立ち入らせたら危険な部屋の場所についてご紹介させていただきます。

1.トイレ

トイレ

飼い主が大好きな猫はトイレに行っても付いてくることありますよね。飼い主さんがきちんと見ていれば安全なのですが、目を離しているときに勝手にトイレに入ってしまえば、気づかずに閉じ込めてしまうこともあるかもしれません。

猫はトイレにいると、便器の中の水を飲んでしまうことや、飲もうとしてうっかり滑り落ちてしまうこともあります。

狭い空間だからこそパニックになって、猫が壁にぶつかって怪我をしてしまうこともありますので、普段は扉を閉めて立ち入らせないようにしておく方が良いでしょう。

2.洗濯機のあるところ

洗濯機

皆さんの自宅には洗濯機はどこにありますか?室外であったり、浴室であったり様々かもしれませんが、「洗濯機のある場所」には立ち入らせないようにさせておきましょう。

猫は狭くて暗い空間が大好きです。洗濯機の蓋が開いていると「この先は何があるんだろう」という興味によって飛び込んで入ってしまうこともあります。

もし洗濯機の中に水が入ったままであれば、猫が「溺死」などの事故に繋がってしまうこともあるので気をつけるようにしてください。

3.お風呂場

浴槽

猫にとってお風呂場は大変危険な場所です。お風呂の浴槽に水をためたままにしていると、何があるのか分からず、飛び込んで溺れてしまうこともあります。

冬の時期留守番をしているときにこのような事故に遭い、近くに飼い主さんがおらずにそのままにしていると低体温症になり、猫の命にも関わることもあります。

4.大きな窓やベランダがある部屋

窓から覗く猫

猫は「外の世界」がとても気になっています。特に日頃から外を見て鳥や犬などの他の動物を見たりしていると「外に出てみたい!」という好奇心を強く持っています。

そして大きな窓やベランダがある部屋から、何かの拍子に猫が出ていってしまうと、行方不明になってしまうことや、事故に繋がる可能性があるのです。

窓やベランダに脱走防止ゲートで対策をしている場合には、部屋に立ち入らせても問題ないかもしれませんが、猫が転落をして怪我をしてしまうこともあります。

ですので、できれば大きな窓やベランダがある部屋は立ち入らせないようにしてください。

5.シンクなどのキッチンまわり

シンクに乗る猫

飼い主さんがキッチンにいると、猫も同じ空間で過ごすこともありますよね。しかし、シンクやコンロのあるキッチンまわりは、立ち入らせないようにしてください。

例えば包丁を持っているときに猫が足元でふざけてジャンプしてきたり、ぶつかってくると飼い主さんの怪我に繋がってしまうこともあります。

また料理をしているときに食材が足元に落ち、猫が「誤食」してしまう可能性もあるからです。

そんなとき、玉ねぎやネギなどの食材は猫が中毒を招いてしまうこともありますので、包丁を持つときや料理をするときには、猫を立ち入らせないようにしてくださいね。

まとめ

扉から顔をのぞかせる猫

自宅は安全だと思ってしまいがちですが、実は猫にとって危険な場所はたくさんあります。

洗濯機のある場所やお風呂場、キッチンまわりなどは、事故によっては「命にも関わること」もありますので、立ち入らせないようにゲートを設置したり、猫の怪我防止になるような対策をしてくださいね。

猫が安全、そして快適に過ごせるように飼い主さんが工夫をしてあげるようにしましょう。