マンチカンの赤ちゃんをお迎えする方法や費用、飼い方まで

マンチカンの赤ちゃんをお迎えする方法や費用、飼い方まで

マンチカンの赤ちゃんの愛らしさはまた格別です。マンチカンの特徴は短足で赤ちゃんも短足です。短い足だけではなく長い足も中くらいの足のマンチカンの赤ちゃんも勿論います。ただし他の猫の種類が顕著に顕われている場合はマンチカンとは認められないようです。それではマンチカンの赤ちゃんの魅力に迫っていきましょう。

1507view

マンチカンの赤ちゃんをお迎えする方法

部屋を歩くマンチカンの子猫

マンチカンの赤ちゃんを里親で探す

マンチカンの赤ちゃんを里親として引き取るときの値段は、「ワクチン接種代金」「移動費」などの実費の値段が必要となります。
人気のマンチカンの赤ちゃんは、里親募集をすればすぐに引き取り手が見つかりますので、里親ホームペーシのマメなチェックや、保護猫カフェなどに「マンチカンの赤ちゃんを探している」と、ご相談することもおすすめいたします。

企業を通さないで、個人的にマンチカンの赤ちゃんのやり取りする場合には、生体価格も聞いてお支払いする方が、後々トラブルの起きないことが多いようです。

マンチカンのブリーダーからお迎えする

マンチカンは短足で有名ですが、中足、長足の猫もいます。基本的には短足の赤ちゃんの方が値段が高くなります。おおよそ短足長足含め5万円〜90万円となっています。

その中でも、40万円までの値段のマンチカンの赤ちゃんが多いです。なお、飼い主宅とブリーダー猫舎が離れているときは、出張料金も購入するときに加算されます。メールや電話でのやり取りで、飼い主と相性の良いブリーダーからマンチカンの赤ちゃんを譲り受けてくださいね。猫舎まで赤ちゃんを見学に行くときに、親猫にも会えると安心です。しかし、譲り受けるマンチカンの赤ちゃん以外とは会うことは難しいですので、慎重にブリーダーと相談してくださいね。

東京都

埼玉県

北海道

新潟県

愛知県

兵庫県

徳島県

福島県

ペットショップからマンチカンの赤ちゃんをお迎えする

全国的に人気のあるマンチカンの赤ちゃんは多く様々なペットショップに在店しているようです。ペットショップでの値段は17万〜35万円くらいのようです。なるべく事前に色々なペットショップのマンチカンの赤ちゃんを閲覧し、直接会いに行ってくださいね。

マンチカンの赤ちゃんをお迎えする準備

座ってこちらを見つめるマンチカン
  • ケージ
  • システムトイレや猫砂トイレ
  • フード、フード入れ、水入れ
  • キャリーバッグ
  • おもちゃやキャットタワー

今まで使っていた物を準備

マンチカンの赤ちゃんをお迎えするときには、フードは以前と同じ物、トイレは猫砂かシステムトイレかを確認し準備します。猫砂の場合は、マンチカンの赤ちゃんの尿の付いた猫砂を渡してもらえるでしょう。

キャリーバッグ

マンチカンの赤ちゃんをそれぞれの引取先まで、迎えに行くときに必要になります。現在は赤ちゃんですが、大人の猫になっても使用可能なキャリーバッグを準備します。

おもちゃやキャットタワー

マンチカンは活発な性格ですから、よく遊びます。赤ちゃんからあちらこちらと動き回ることが考えられますので、おもちゃと広いスペースを確保しておきます。短足のマンチカンですと、跳ぶ力が他の猫種より「低く」なりますから、キャットタワーの高さは低めに設定してあげてくださいね。

マンチカンの赤ちゃんの飼い方

切ない表情で近づくマンチカンの子猫

運動スペース

マンチカンの赤ちゃんは人や他の猫、他の動物にも懐くかわいい性格をしていますから、毎日好奇心旺盛に遊んでる姿をみることができるでしょう。
キャットタワーの部分でも触れましたが、短足のマンチカンの赤ちゃんは他の猫の種類より跳躍の高さが低くなりますので、高いキャットタワーや段差には注意してくださいね。
跳躍力以外は、他の猫より活発な部分が多いですので、床に誤飲しそうな物や倒れてしまう物は置かないようにします。

性格に合う接し方

甘えん坊で好奇心旺盛、社交的で活発と素晴らしい性格を持ったマンチカンの赤ちゃんです。
留守番の多い家庭では、多頭飼いするなどマンチカンの赤ちゃんを寂しがらせない工夫が必要かもしれません。

運動に見合ったフード

運動量の多いマンチカンの赤ちゃんですから、フードも栄養たっぷりの健康的なフードを与えてください。赤ちゃんから大人の猫になり、運動量が減ったときは肥満にならないようにします。

健康に関して

マンチカンの赤ちゃんの両親が共に短足の場合は、遺伝的な病気を持ちやすくなりますので、定期的な検診は必要でしょう。
ブラッシングなど他の部分に関しては、マンチカンの赤ちゃんに限らず子猫を飼うときと代わりはありません。

マンチカンの赤ちゃんの長毛・短毛を見分けるには?

後ろを振り返るマンチカン

マンチカンの赤ちゃんに限らず、短毛か長毛を見分けるのは難しいようです。
生後3か月くらいしてから区別がつき始めるようですから、その後に家族に迎えると長毛か短毛か区別がついているでしょう。

しかし、マンチカンの赤ちゃんの可愛い盛りを一緒に過ごせないのは残念ですね。
折れ耳であったり、カールのあったりするマンチカンの赤ちゃんは、マンチカンとは認められていませんが非常にかわいい姿をしています。

まとめ

屋外でヒモで遊ぶマンチカンの子猫

マンチカンの赤ちゃんをお迎えする方法や費用、飼い方までについてお伝えいたしました。
マンチカンの赤ちゃんの魅力は、見た目と性格でしょう。
猫らしい愛くるしさと愛嬌と活発さで、我々飼い主を楽しませてくれますね。