あなたの愛猫はどう?猫がよくするイタズラ5選

あなたの愛猫はどう?猫がよくするイタズラ5選

猫は、怖がりだけど好奇心も強い動物です。そんな好奇心が募ってイタズラしてしまったり、飼い主さんの気を引きたくてイタズラしたり…猫がイタズラをする動機は様々ですが、どのようなイタズラをすることが、多いのでしょうか?

1893view

猫のイタズラってどんなの?

赤いスニーカーと黒猫

猫はよく、どんなイタズラをするのでしょうか?

1.ボロボロ…

紙を散らかした二匹の猫

ご存じのように、猫は鋭い爪やキバを持っています。そしてそれらを使って、様々なモノをボロボロにしてくれちゃいます。お気をつけください。箱ティッシュなんて、格好の獲物です。

帰宅したらボロボロのティッシュが散乱していることはよくあります。同様に、トイレットペーパーも危険ですね。

猫がボロボロにするのは、消耗品だけではありません。他にもソファやマット、壁や柱などをそれはもうバリバリと破壊しますから、せっかくインテリアに凝ったオシャレな部屋も、台無しになる可能性は否めません。

2.そこにスキマがあるから

靴の中に入った猫

出ました!猫の得意技、「スキマ入り込み」です。猫はちょっとしたスキマにも入り込んでしまいます。いないと思ったらビックリするようなスキマに、すっぽりと収まっているかもしれません。

子猫の場合は体が小さく、しかも好奇心に溢れているので、危険な目にあうことも少なくありません。事故に遭わないよう、危険なスキマはタオルなどで塞いでおきましょう。

靴の中やバッグの中なども、猫にとっては魅力的なスキマのよう。いざ出かけようとしたら猫が入ってた…という飼い主さんも。かわいいけどちょっと困る、猫のイタズラです。

3.食い逃げ

テーブルの上の食事を狙う猫

「あれ?ここに置いてあった夕飯のおかずは?」ある日突然、おかずが消失するという怪奇現象…。犯人は幽霊、ではありません。猫です!

飼い主さんの夕飯のおかずを、虎視眈々と狙っているのです。スキあらば、こっそりと近づき隠れ家へと持って行ってしまいます。

後で変な場所でおかずが見つかることは良くあります。飼い主さんの食べ物は、猫には毒になるものもありますので、くれぐれも食い逃げされないように注意しましょう。

4.植物が危険

花瓶を割ってしまった猫

猫が食べると危険な植物が…いえいえ逆です、逆。植物が猫に狙われて、危険な目に遭うのです。

花瓶に入った切り花はもちろん、観葉植物なども危険です。飾ろうものならサッと寄ってきて、匂いをクンクン。時にはバリバリと食べてしまうことだってあります。

イタズラというよりかは本能的な行動ではあるのですが、狙われた植物は、無残なものです。もちろん、猫が食べてしまうと体調を崩してしまう植物もありますので、猫草以外は食べさせないよう、気をつけてください。

5.お邪魔猫

パソコンの上に寝転ぶ猫

飼い主さんが何かに集中していると、「ここにいますけど。」とアピールしにやってくる、お邪魔猫。雑誌の上やパソコンの前、キーボードの上など、ところ構わずです。

これは自分に注意を向けてほしいと言う、猫の主張なのだそう。かわいいけど、やっていたことができなくなって、飼い主さんは大困り。

それこそが、猫の戦略だったりするのですが、本当に邪魔な場合は速やかにどかしましょう。でもあまりに無視すると寂しがってしまうので、ちょっと構ってあげると満足してくれるでしょう。

6.今日もいい「掘り」できた!

ゴミ箱を倒してバナナの皮を頭に乗せた猫

興味があるものを前足で掘り掘りするのも、よくするイタズラです。ゴミ箱からキッチンの三角コーナー、キャットフードまで、よく掘り掘りします。

散らかされると後片付けが大変になるケースが多いので、掘られないように対策しておきましょう。

まとめ

倒れた観葉植物と子猫

猫のイタズラは、ご紹介した以外にも数え切れないくらいあると思います。その猫によって、することも違います。

猫にイタズラされても、困るけど怒れない飼い主さんは、多いのではないでしょうか?どうしても困るイタズラには、されないように工夫しておきましょう。